*

前売りチケットを買って無理やりパタヤ脱出へ

公開日: : 最終更新日:2016/10/27 パタヤ沈没日記2016年8月~


パタヤ沈没日記20

カラオケ嬢の事件から1週間近くが経過した。
彼女から何の音沙汰もないし、心配された捜査機関からの連絡もなかった。
いや、一度だけ、知らない番号から電話がかかってきたが、無視。

バービアのママさんの話では、今頃はチョンブリーにある専用施設に送られているはずだという。

もう何も起こらないだろう。
一時はどうなることかと思ったが、これにて一件落着。

SPONSOR LINK

イサーン遠征決定

今回のタイ滞在は、観光ビザを取得したので最大3ヶ月滞在可能。
タイ南部のサダオ国境から入国して、マレー半島を北上していって、パタヤにたどり着いた。

友人とのチャン島小旅行はあったものの、パタヤでひたすら沈没生活を送っていた。

ずっとパタヤに沈没するのもいいが、せっかく3ヶ月滞在可能なのだから、たまにはイサーン遠征でもしてみようと計画していた。
が、踏ん切りが付かずに先延ばしに。

そろそろ腰を上げないと、帰国の日までずっとパタヤから動けないだろう。
とかくパタヤは中毒性のある街だ。
ずぶずぶとハマってしまい、抜け出せなくなってしまう底なし沼のような街である。

当日の朝になってからチケットを買えばいいやと思っていても、前夜飲みすぎてしまい、起床が遅くなったり面倒になったりして、結局パタヤから出られなくなるのは目に見えている。

こんな時は前売りチケットを買ってしまうのが一番。

まずはイサーンの玄関口であるコラートへ向かうべし。

smk-bus-1

と、SMK(シーモンコン)のチケット窓口までバイクを走らせて、時刻表をチェック。

smk-bus-2

明日の昼12時のバスを選択。

これにてコラート行き決定。
あとは、コラートから東へ行くか北へ行くかを決めればいい。

コラートのホテルも予約してしまう。

バスもホテルもキャンセル不可だ。
これで、嫌でも早起きして、パタヤを出なくちゃいけなくなった。

ここまで追い込まないとパタヤから脱出するのは困難なのである。

ある程度休み期間があって、パタヤとタイの他の都市をからめて旅行を検討している人は、パタヤを最後にしたほうがいい。
特にスケジュールを決めずに、ホテルも予約せず、ローカルバスで移動する人はなおさら。
最初にパタヤを訪れると、ほんと、帰国の日まで動けなくなるんで。
バンコクのホテルを予約していても、有料キャンセルしてまで、ずるずるとパタヤ滞在延長してしまうケースすらある。(友人の実例あり)

パタヤは魔性の土地だよなあ。
一度ハマると抜け出すのは至難の業。ほんと、罪深い街です。

屋台のコームーヤーン

夕方にレンタルバイクも返却。
ちょうどガソリンタンクも空になった。

夜は軽く飲むだけ。

つまみは、ホルモン焼肉屋台で調達。

grilled-pork-neck-2

これもコームーヤーンと呼ぶそうだ。豚の喉肉を焼いたもの。

grilled-pork-neck-1

でも、イサーン料理屋のコームーヤーンとは、味付けが違うなあ。脂身も多い。
これはこれでおいしいけど、イサーン式のほうがいい。

ほどほどで切り上げて、早めに就寝。
これで、本当にイサーンへ行けそうだ。
パタヤ脱出。

SPONSOR LINK

関連記事

soi-lk-metro

妖艶ブリラム嬢がまた部屋にやって来てお泊り

パタヤ沈没日記30 激太りした姿で再会したバービア嬢とのブンブンから数日たったある日のこと。

記事を読む

bar-beer-2

ファイデーンな5日間は最後に赤く燃え上がる

パタヤ沈没日記4 カラオケ嬢とのぐーたらな半同棲生活。 その極め付きが、彼女に月よりの使者が

記事を読む

busterminal

カラオケ嬢と再会して、またもやキーキアットな生活が始まる

パタヤ沈没日記14 バンコクの友人はパタヤに2泊して帰っていった。 滞在中は2泊とも同じ

記事を読む

soi7-kebab

20歳スレンダーバービア嬢をペイパー。古き良きパタヤはまだ生きている。

パタヤ沈没日記31 パタヤ滞在残り日数はあとわずか。 この沈没日記もさらにスピードアップさせ

記事を読む

surin-to-pattaya-bus-16

スリンからパタヤへ帰還。第1次イサーン遠征終了。

イサーン遠征編10 スリンからどこへ行くか? スリンの夜。 次の行動先を考えていた。 元

記事を読む

kimuchi

ひたすら食っちゃ寝こそカラオケ嬢の信条。キムチ、ママー、コンビニ飯、サブウェイ。

パタヤ沈没日記2 早朝のコンビニ弁当2箱を平らげて、ご満悦のカラオケ嬢さん。 用事がある

記事を読む

prajanbaan-5

カオトムプラジャンバーンとガオライサイサームで連夜の宴会

パタヤ沈没日記13 バンコクから友人が来ると、決まって訪れるタイ料理レストランがある。

記事を読む

lk-mansion-8

24歳スリン嬢と連日のブンブン。でもおしまい。

沈没日記28 前夜、バービアを訪れたものの不在だったスリン嬢。 LINEで連絡を取ってみると

記事を読む

pattaya

約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程は約100日となった。

記事を読む

buriram-train-staiton-5

地球の歩き方に載っていないブリラムの歩き方。おすすめホテルも。

イサーン遠征編5 ブリラムである。 アルファベット表記なら、Buriram。日本語読みは

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

→もっと見る

PAGE TOP ↑