*

検問、逮捕、投獄、突然の終焉

パタヤ沈没日記16

15からの続き)

ある日のこと。
夕方頃、彼女は友人のところへ行ってくると言って、ようやく外出。
帰宅はいつものように深夜1時か2時の予定。

わたしはずっと部屋にいた。

そして、彼女は二度と帰ってくることはなかった。

 

これ以上詳しく書くつもりはない。
いや、実際には下書きしたのだが、公開するつもりはない。

記事タイトルがすべてだ。
ここから推察していただきたい。

soi9

これにて、終焉。
まさかこんな形で終焉を迎えるとは。
まったく思ってもいなかった結末だ。
とにかく彼女とはおしまい。

鉄格子の中、コンクリートの冷たい床で夜を過ごしているであろう彼女の細くて華奢な体のことを想うと少し不憫に感じる。
手を出してはいけないものに手を出した彼女の自業自得なのはわかりきっているが、こればっかりは別の感情だ。

別れたり引っ付いたりを繰り返してきたが、ここまで時間を共有していると、情が湧いてくるもの。
それでも、ダメなものは絶対ダメ。

彼女が食べても食べても太らない理由が少しわかった。

これ以上深入りはできない。
自分の身が危なくなる。
薄情かもしれないが、きっぱり手を切ることにした。

タイで長期滞在を繰り返し、夜遊びをしていく上で、あまりにも考えさせられることの多い事件だった。

(以上、煮え切らないエントリーとなったことをお詫びします。まあ、いろいろありますよ、パタヤで遊んでいると。)

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

mama-kimuchi

さらに続くだらだら同棲生活も、徐々に不満がたまる

パタヤ沈没日記15 ようやく友人が帰国。 深夜便だったため、夕方まで付き合う。 ジ

記事を読む

khonkaen-nightlife-3

コンケーンの夜遊びスポットを再調査。2016年情報。

イサーン遠征編後半10 これが2度目のコンケーン訪問となる。 前回は、2012年のこと。

記事を読む

bar-beer-2

ファイデーンな5日間は最後に赤く燃え上がる

パタヤ沈没日記4 カラオケ嬢とのぐーたらな半同棲生活。 その極め付きが、彼女に月よりの使者が

記事を読む

korat-to-buriram-2

コラートからブリラムへ。バスでの行き方やコラートのバスターミナルについて。

イサーン遠征編4 コラートは2泊で切り上げ、次なる土地を目指す。 イサーンを東へ進むこと

記事を読む

chang-island-walking-street-3

チャン島でも見つけたウォーキングストリートとカラオケ置屋とバービア

沈没日記8(チャン島編) チャン島のホテルにチェックイン後、友人と二人で大通りへ繰り出す。

記事を読む

beer-bar-complex

23歳妖艶系ブリラムバービア嬢をペイバー

パタヤ沈没日記18 少し気持ちも落ち着いた。 これ以上、気を揉んでもしかたない。 気を取り

記事を読む

thai-food-7

ぐーたらイサーン娘との怠惰な同棲生活。その食事ぶりは?

パタヤ沈没日記3 もはやパタヤ沈没生活は、ぐーたらイサーン娘とのただの同棲生活と化してきた。

記事を読む

soi-lk-metro

妖艶ブリラム嬢がまた部屋にやって来てお泊り

パタヤ沈没日記30 激太りした姿で再会したバービア嬢とのブンブンから数日たったある日のこと。

記事を読む

lk-mansion-8

24歳スリン嬢と連日のブンブン。でもおしまい。

沈没日記28 前夜、バービアを訪れたものの不在だったスリン嬢。 LINEで連絡を取ってみると

記事を読む

soi7-kebab

20歳スレンダーバービア嬢をペイパー。古き良きパタヤはまだ生きている。

パタヤ沈没日記31 パタヤ滞在残り日数はあとわずか。 この沈没日記もさらにスピードアップさせ

記事を読む

アドステア

アドステア

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

→もっと見る

PAGE TOP ↑