*

検問、逮捕、投獄、突然の終焉

パタヤ沈没日記16

15からの続き)

ある日のこと。
夕方頃、彼女は友人のところへ行ってくると言って、ようやく外出。
帰宅はいつものように深夜1時か2時の予定。

わたしはずっと部屋にいた。

そして、彼女は二度と帰ってくることはなかった。

 

これ以上詳しく書くつもりはない。
いや、実際には下書きしたのだが、公開するつもりはない。

記事タイトルがすべてだ。
ここから推察していただきたい。

soi9

これにて、終焉。
まさかこんな形で終焉を迎えるとは。
まったく思ってもいなかった結末だ。
とにかく彼女とはおしまい。

鉄格子の中、コンクリートの冷たい床で夜を過ごしているであろう彼女の細くて華奢な体のことを想うと少し不憫に感じる。
手を出してはいけないものに手を出した彼女の自業自得なのはわかりきっているが、こればっかりは別の感情だ。

別れたり引っ付いたりを繰り返してきたが、ここまで時間を共有していると、情が湧いてくるもの。
それでも、ダメなものは絶対ダメ。

彼女が食べても食べても太らない理由が少しわかった。

これ以上深入りはできない。
自分の身が危なくなる。
薄情かもしれないが、きっぱり手を切ることにした。

タイで長期滞在を繰り返し、夜遊びをしていく上で、あまりにも考えさせられることの多い事件だった。

(以上、煮え切らないエントリーとなったことをお詫びします。まあ、いろいろありますよ、パタヤで遊んでいると。)

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

khonkaen-nightlife-3

コンケーンの夜遊びスポットを再調査。2016年情報。

イサーン遠征編後半10 これが2度目のコンケーン訪問となる。 前回は、2012年のこと。

記事を読む

pattaya-20161017-1walkingstreet

ウォーキングストリートのコヨーテと濡れた身体を温め合った夜

パタヤ沈没日記25 23歳ブリラム嬢からの直接営業を受けた次の日。 この日は、誰もペイバ

記事を読む

smk-bus-1

前売りチケットを買って無理やりパタヤ脱出へ

パタヤ沈没日記20 カラオケ嬢の事件から1週間近くが経過した。 彼女から何の音沙汰もない

記事を読む

beer-bar-lady-2

24歳バービア嬢ふたたび、みたび。

パタヤ沈没日記22 毎日仕事おわりに部屋へ来ると宣言していた24歳スリン出身バービア嬢。 L

記事を読む

chewing-tobacco

いつものパタヤ沈没だらだら生活。フィンランド人と噛みタバコ。

パタヤ沈没日記23 24歳スリン嬢には見切りをつけて、しばらくはダラダラ過ごすことに。 次な

記事を読む

pattaya

約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程は約100日となった。

記事を読む

club4-pattaya-3

クラブ4でパタヤ初のバタフライ。ソイボンコットにカッレブランも移転してきたよ。

パタヤ沈没日記12 チャン島旅行からパタヤへ戻ってきて、数日は友人とだらだら過ごす。 昼

記事を読む

surin-night-life-14

【スリン夜遊び情報】ローカルカラオケとコヨーテクラブで遊んでみた。バービアとMPもあるよ。

イサーン遠征編9 さて、スリン(Surin)の夜遊びである。 昼間のうちに軽く調査はして

記事を読む

busterminal

カラオケ嬢と再会して、またもやキーキアットな生活が始まる

パタヤ沈没日記14 バンコクの友人はパタヤに2泊して帰っていった。 滞在中は2泊とも同じ

記事を読む

buriram-bamboo-bar-beer-1

ブリラムの夜遊びはどうなっているのか?犬と象に気をつけろ!

イサーン遠征編6 ブリラーム嬢を求めて サービス満点、性格良し、人懐っこい、明るい、と何かと評判

記事を読む

アドステア

アドステア

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

D CLUB (3)
WSの新規開店ゴーゴーバー、D CLUB訪問レポート

ウォーキングストリートに新しいゴーゴーバーができていた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑