*

検問、逮捕、投獄、突然の終焉

パタヤ沈没日記16

15からの続き)

ある日のこと。
夕方頃、彼女は友人のところへ行ってくると言って、ようやく外出。
帰宅はいつものように深夜1時か2時の予定。

わたしはずっと部屋にいた。

そして、彼女は二度と帰ってくることはなかった。

 

これ以上詳しく書くつもりはない。
いや、実際には下書きしたのだが、公開するつもりはない。

記事タイトルがすべてだ。
ここから推察していただきたい。

soi9

これにて、終焉。
まさかこんな形で終焉を迎えるとは。
まったく思ってもいなかった結末だ。
とにかく彼女とはおしまい。

鉄格子の中、コンクリートの冷たい床で夜を過ごしているであろう彼女の細くて華奢な体のことを想うと少し不憫に感じる。
手を出してはいけないものに手を出した彼女の自業自得なのはわかりきっているが、こればっかりは別の感情だ。

別れたり引っ付いたりを繰り返してきたが、ここまで時間を共有していると、情が湧いてくるもの。
それでも、ダメなものは絶対ダメ。

彼女が食べても食べても太らない理由が少しわかった。

これ以上深入りはできない。
自分の身が危なくなる。
薄情かもしれないが、きっぱり手を切ることにした。

タイで長期滞在を繰り返し、夜遊びをしていく上で、あまりにも考えさせられることの多い事件だった。

(以上、煮え切らないエントリーとなったことをお詫びします。まあ、いろいろありますよ、パタヤで遊んでいると。)

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

nana-to-donmuang-airport-4

日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本へ戻る。 14時15分ドンム

記事を読む

beer-bar-complex

23歳妖艶系ブリラムバービア嬢をペイバー

パタヤ沈没日記18 少し気持ちも落ち着いた。 これ以上、気を揉んでもしかたない。 気を取り

記事を読む

beer-bar-lady-2

20歳新人バービア嬢をペイバー

パタヤ沈没日記19 23歳の妖艶系バービア嬢をペイバーした翌日。 彼女の働くバービアへもう一

記事を読む

smk-bus-1

前売りチケットを買って無理やりパタヤ脱出へ

パタヤ沈没日記20 カラオケ嬢の事件から1週間近くが経過した。 彼女から何の音沙汰もない

記事を読む

buriram-train-staiton-5

地球の歩き方に載っていないブリラムの歩き方。おすすめホテルも。

イサーン遠征編5 ブリラムである。 アルファベット表記なら、Buriram。日本語読みは

記事を読む

soi7-kebab

20歳スレンダーバービア嬢をペイパー。古き良きパタヤはまだ生きている。

パタヤ沈没日記31 パタヤ滞在残り日数はあとわずか。 この沈没日記もさらにスピードアップさせ

記事を読む

bar-beer-2

ファイデーンな5日間は最後に赤く燃え上がる

パタヤ沈没日記4 カラオケ嬢とのぐーたらな半同棲生活。 その極め付きが、彼女に月よりの使者が

記事を読む

kasetsin-5

【パタヤ散策】KASETSINはハイソなエリア。でもジェントルマンズラウンジもある。

パタヤ沈没日記26 ちょっと用事があって、ジョムティエンビーチ方面へ。 それから、プラタムナ

記事を読む

soi-lk-metro

妖艶ブリラム嬢がまた部屋にやって来てお泊り

パタヤ沈没日記30 激太りした姿で再会したバービア嬢とのブンブンから数日たったある日のこと。

記事を読む

smkbus-pattaya-7

パタヤからコラートへの行き方とSMKバス。コラートからパタヤへの帰り方も。

イサーン遠征編1 パタヤからイサーン方面への遠征が決まった。 まずはコラートだ。

記事を読む

アドステア

アドステア

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑