*

ピマーイの観光と夜遊び情報(地図付き)

ピマーイ観光

ピマーイの朝。
ピマーイ・イン・ホテルのレストランでカオトム(おかゆ)を注文して朝食を取る。
レストランはガラガラだ。
昨日あれほどプールで遊んでいた家族連れの姿はまるでない。
ただ一人、暇そうなファランがずっと座っているだけだった。

友人K氏の彼女である元バービア嬢がピマーイ観光に連れて行ってくれることになった。
バイクでお出迎え。

おっと、誰かと一緒だ。
バイクを運転しているのは、レディボーイ。
なんでもバービア嬢の親戚らしい。
レディボーイではあるが、完全改造人間というわけではなくて、ちょっとなよっとした男が軽く化粧を施したレベル。
ウッチャンナンチャンの内村氏が女装したような見た目である。

ピマーイ観光1

変な組み合わせの3人でピマーイ観光へ。

ピマーイ遺跡公園

phimai

カンボジアのアンコールワットそっくりだ。
でも、スケールがかなり小さい。
1時間もあればひと通り見て回れる。
アンコールワットは一日でも足りないくらいだが。

photo credit: thaths via photopin cc

サイ・ンガーム公園

ピマーイ観光3

菩提樹の大木が名物。
周囲の池は、地元民たちの憩いのスポットらしい(レディボーイちゃん談)。

バーン・プラサート

ピマーイ市街地から、バイクで少し移動。
コラートへ続く大きな幹線道路をバイク3人乗りで走行。
レディボーイが運転。その前に小柄のバービア嬢がちょこんと座る。
わたしはレディボーイの後ろにタンデム。

スクーター3人乗りは狭い。わたしの股間はどうしても前のレディボーイのケツに密着してしまう。

バイクはけっこうスピードを出していて、正直こわい。
でも、後ろから来る車は、猛スピードで追い抜いていく。
いつオカマを掘られてもおかしくない状況。こわい。

まさに前門のオカマ、後門のオカマ。
もし後門からオカマされると前門のオカマの肛門へわたしの股間がオカマを掘ることになってしまい、まことにややこしい事態となる。読むからにややこしい。
まったく危険な話である。

が、なんとか五体無事に目的地へ到着。
狭いシートに座っていたので、オカマを掘られたわけでもないのに、ケツが痛くなったが。

バーン・プラサート墳墓遺跡

ここは、バーン・プラサートという遺跡だ。
先史時代の墳墓らしい。

発掘現場がそのまま保存されていた。
もろに人骨。
ホネホネロックを思い出すなんて言うと、年がバレてしまうな。

近所に似たような墳墓遺跡がいくつかあるようだが、一つで充分。

ピマーイ中心部に宿泊

あっさりとピマーイ観光終了
それほど見どころが多いわけじゃない。
コラートからの日帰り観光でも問題ないと思う。

本日の宿は、ピマーイの中心部にした。
こんな田舎町でもゲストハウスが何軒もある。
ファランのバックパッカーが遺跡目当てで宿泊しているみたい。

昨晩泊まったホテルのような僻地はこりごりだ。
夜、何もできない。

が、中心部も似たようなものだった。
夜10時には、町の中心部ですら明かりが消え、人通りもほとんどなくなった。
セブンイレブンの灯りだけが心強かった。

ピマーイの夜遊び情報

さて、夜遊びである。

はたしてピマーイに夜遊びスポットや風俗はあるのか?

結論から言おう。

無い。

正確に言えば、わたしは見つけられなかった。

まあ、実は、昨晩泊まったピマーイ・インには、カラオケ屋が併設してあった。

元パタヤバービア嬢いわく、

バービアとおんなじだよ

バービアとカラオケは大違いだと思うが、女性を席に呼んで、連れ出すという点では同じか。
たしかに、店の前では何人かの女性がスタンバイしていた。
あまりにもローカルなカラオケ屋なので、ちょっと入るのはためらわれた。
よって、詳細は不明。

バービア嬢に、他に遊ぶところはないのか聞いてみた。
若い女性が集まっているレディハウス的なところを教えてくれ。

が、知らないとの返事。
まあ、パタヤのバービアで働いていたとはいえ、ここでは普通の女性。地元民だからといって、男の遊び場を知っているとは限らない。

小さいながらも、ピマーイもちゃんとした町だ。
どこかにローカル向けの置屋くらいあるはずだと思う。

が、中心部を少々捜索してみたが、それらしいスポットは見つからず。
しかも、夜は暗い。
治安は悪く無さそうだが、あまり徘徊できるような雰囲気ではない。
一見の旅行者が見つけ出すのは、かなり難しそうだ。

それに、わたしはパタヤでさんざん遊んできた。
何が何でもピマーイで夜遊びしたいわけじゃなかった。

あえて探しまわる気力はなかった。
あきらめた。

あっさりと、一人寝決定。
やはり、イサーンの夜は早いなあ。

まとめ

そんなわけで、もしも「ピマーイ 夜遊び」「ピマーイ 風俗」などで検索して訪問された方がいたらごめんさない。
何の有益な情報も提供できません。

ピマーイに来て、夜、どうしようもなくムラムラしたら、ピマーイ・イン併設のカラオケ屋に行けば、とりあえず、夜の女性とお近づきになれるはず。
行き帰りの移動手段が問題だけど。

参考地図だけ載せておきます。

(注。この情報は2012年当時のものです。最新の事情については各自お調べください。)

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新3軒追加)


関連記事

ジョグジャカルタ置屋

ジョグジャカルタで置屋めぐり。Gang3の置屋は座敷牢のようだった。

バンドゥンからジョグジャカルタへ バンドゥンの置屋を堪能したあとは、ジョグジャカルタへ向か

記事を読む

vientian1

ビエンチャンへ

バンビエンからビエンチャンへ バンビエンの幻の美少女をあきらめて、一路ビエンチャンを目指す。 ま

記事を読む

バタム島置屋嬢1

バタム島はロング派の聖地なのか?

スラバヤから一気にバタム島へ ドリーを体験できて、スラバヤはもう満足。 商業都市だけに、長居

記事を読む

スワンナプーム空港

アパートを解約して帰国。アジア夜遊び旅行の終わり。

半年以上にわたったパタヤ沈没生活とアジア夜遊び旅行も、終わりの時が近づいてきた。 そろそろ本格

記事を読む

プランバナン

ジョグジャカルタのホテル置屋から連れ出してみた。夜の世界遺産登録。

ジョグジャカルタの世界遺産 ジョグジャカルタ滞在2日目。 今日はまじめに一日観光。 王

記事を読む

ルアンパバーン2

ルアンパバーンの置屋でラオっ娘とイケナイ遊び。ルアンパバーン夜遊び情報。

世界遺産の町、ルアンパバーン ルアンパバーンかルアンプラバーンか、まあどっちでもいい。

記事を読む

ウドンタニー・バービア嬢

ウドンタニー置屋めぐり。バービアでペイバー。でも最後は別の女性と一夜を過ごす。

ウドンターニーの置屋めぐり ウドンターニー滞在二日目。 アットホームアットウドンのベッドは実に快

記事を読む

ボロブドゥール

はじめてのインドネシア・シンガポール夜遊び旅行まとめ。ジャワ島横断の予算は?

インドネシアとシンガポールをめぐる今回の夜遊び旅行。 ルート、予算、夜遊びについてまとめてみた。

記事を読む

korat

コラートで観光とMPめぐり

ピマーイからコラートへ 本日はピマーイを離れて、コラートへ行く。 またしても、知り合いの元バービ

記事を読む

コラートバスターミナル

三度目のコラートへ。ローカルレストランとゴーゴーバー探訪。

モーチットからバスでコラートへ モーチットのチケット売り場がタイ語表記ばかりで、少々わかりづらい。

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

Comment

  1. Air-G より:

    イーサンにもこんな遺跡があったのですね(驚)
    お陀仏になるまでに一回は行ってみたいですね~。
    ところでレディーボーイさんのバイク3人乗り可能なのでしょうか?どんな順番でバイクに乗ったのでしょうか?

    • pattayan night より:

      イサーンには、クメール遺跡がけっこう多いみたいですね。
      バイクは3人乗りでした。
      質問をいただいて、しょうもないネタを思いついたので、記事を修正しました。バーン・プラサートへ向かうところの描写です。
      いつもの、くだらない言葉遊びですが。

  2. ちゃいまい より:

    ピーマイ遺跡とンガーム公園行きました、懐かしいです、パタヤのバービア嬢とコラート大学の友達と三人で見て来ました、コラートに嬢と泊まってナイトバザールに行き三人でDISCOに、二件楽しく過ごしました、夜のお遊びはパタヤ嬢と一緒だったから行けませんでしたけど楽しい思い出です、自分の事ですが足を怪我して月曜日から仕事に行けません、時間がかかるので来年のパタヤにも行けそうにありません、このブログを楽しみにしております、頑張ってブログを続けて下さい。

    • pattayan night より:

      なかなか楽しい経験されましたね、それは。わたしなんか、人様の彼女とレディボーイですからね。
      お怪我のほうは、きっちり養生してください。パタヤは逃げません。物価は上がっていきそうですが。

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑