フライト情報

エラーチケット?関空発クアラルンプール乗り継ぎホーチミン行きが片道2万円

投稿日:

関空発東南アジア行きのチケット価格を調べていると、おもしろいルートのフライトを見つけた。
エアアジアXで関空からクアラルンプールへ、クアラルンプールで一晩過ごしてから、翌日エアアジアでクアラルンプールからホーチミンまで行く。
これで片道のチケットが総額2万円。
その他、ベトジェットエアのプロモーションも見ておく。

広告



ベトジェットエアのプロモーション

まず、ベトジェットエアのプロモーションをチェックした。

2月16日に新規就航するタイ・ベトジェットのチェンマイ-関空路線だ。
プロモーション価格が片道総額4,423バーツからとなっている。

予約期間:2023年1月10日から1月13日まで
搭乗期間:2023年2月16日から10月27日まで

4,423バーツということは17,000円ほどか。

実際に運賃検索してみたが、それらしい安い運賃はほとんど見当たらない。

かろうじて10月のチェンマイ発が運賃6,200円と出ている。
総額で20,550円。

関空-チェンマイを直行できてこの価格なら安いといえるが、他の日程では片道35,000円という価格帯がほほとんど。うーん、ちょっとなあ。

ちなみに、ベトジェットエアでは他にもプロモーションを実施。

バンコク(スワンナプーム)-台北が片道総額3,023バーツから。

バンコク(スワンナプーム)-ホーチミンが片道総額1,799バーツから。

関空からバンコクへはベトジェットエアのホーチミン経由がやっぱり安くなりそうだ。

トリップドットコムでの格安チケット

ベトジェットエアの航空券はトリップドットコムで検索して購入するのがわかりやすい。
国際線とタイ国内線を何度か利用したが、一度もトラブルはない。

Trip.com(トリップドットコム)

2月の関空発ホーチミン行きフライトをチェック。

やはりベトジェットエアが安い。片道総額17,550円。
これにベトジェットエアもしくはエアアジアのホーチミン発バンコク行きの安いチケットを組み合わせれば、大変お安い2カ国周遊旅行ができあがる。

ん?
でもその下によくわからないチケットが表示されている。
エアアジアを使ってのクアラルンプール経由ホーチミン行きで総額20,410円と20,620円。
フライト所要時間は、12時間55分と26時間5分の違いがある。

所要時間が長い方の詳細を見てみる。

関空発クアラルンプール行きは、エアアジアXのD7 533便。
クアラルンプールで乗り継ぎ待ちが16時間50分。
で、翌朝、クアラルンプール発ホーチミン行きがエアアジアのAK520便。
これで総合計20,620円。

安すぎないか。

エアアジアでは23%オフプロモーションを実施中だ。
ためしに同一日のエアアジアの運賃をチェックしてみると、関空発クアラルンプール行きがこの価格。

片道総額31,990円。便名はD7 533。
どういうことなんだろうか。
まったく同じフライトを利用しているのに、関空発クアラルンプール経由ホーチミン行きのほうがはるかに安い。

いわゆるエラーチケットかもしれない。

クアラルンプール乗り継ぎとなっているが、おそらくクアラルンプール空港からマレーシアへの入国は可能だと思われる。
ホーチミン行きが翌朝なので一晩クアラルンプール市内で滞在できるはずだ。
片道2万円で、マレーシアとベトナムの2カ国周遊旅行が可能となる。
ホーチミンからの帰国は別途ベトジェットエアの安いフライトを買えばいい。
なんならホーチミンからバンコク行きの安いチケットを買えば、3カ国周遊旅行もできてしまう。

逆に、クアラルンプールだけが目的地であれば、クアラルンプールからホーチミンへのフライトは捨ててしまってもかまわないかもしれない。
LCCのチケットなので、ノーショーでのペナルティはないはずだ。
エアアジア本体で予約するより、1万円以上安くクアラルンプールへ行ける。

注意すべきは、もし予約したあとでも、エラーチケットということでキャンセルになってしまうかもしれないこと。
あと、本当に発券されても、経由地のクアラルンプール空港のターミナルビル制限エリア内から出られない可能性もゼロではない。過去の経験上、こういうケースでは空港から出ても大丈夫なはずだが。

まあ、たまにこういった変なルートで変に安い航空券が出てくることがある。
本当にお得に飛べたりする。
興味がある人は、トリップドットコムで検索してみてほしい。
確認したところ、今年2月や3月にはまだまだこのルートの安いチケットが残っている。

Trip.com(トリップドットコム)

まとめ

ベトジェットエアもエアアジアもプロモーション中だ。
一番安い運賃は、もともと用意が少ないのか、あっという間になくなってしまう。
でもうまく組み合わせてみれば、安い価格で周遊旅行ができたりもする。また、変な乗り換えルートで変な航空券が出てくることもある。
とにかく安く移動したい人は、多少の面倒は我慢して挑戦してみましょう。

広告

-フライト情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.