フライト情報

エアアジア21周年記念プロモ、成田-マニラ路線は来年2月1日就航

投稿日:

LCCの雄というべきエアアジアが21周年を迎えた。
記念プロモーションを実施中だ。
日本路線も対象となっている。
またエアアジア・フィリピンがようやくマニラ-成田線の就航を開始する。

広告



エアアジア21周年記念プロモーション

エアアジアが創設21周年を記念したプロモーションを実施している。

日本発着便は以下の路線が対象。
東京・大阪・札幌・福岡-クアラルンプール・バンコク・マニラ

片道税込運賃18,900円からとなっている。

ちょっとややこしいが、エアアジアXとタイ・エアアジアXとエアアジアフィリピンとタイ・エアアジアのフライトが混雑している。
いずれも同じエアアジアグループなのであまり気にしなくもいいが。
予約は同じエアアジアホームページで可能である。

タイ・エアアジアX(XJ)が発表しているプロモーション運賃は、片道3,990バーツより。

バンコク(スワンナプーム)-ソウル、東京(成田)、大阪、札幌、メルボルン、シドニーが対象路線となる。

予約期間:2022年11月28日から2022年12月4日
旅行期間:2023年3月1日から2024年3月30日

関空-バンコク行きを調べてみる。
来年7月のフライトで往復46,260円。

激安とはいえないが、ここ最近のプロモーションはこれくらいの価格帯が多い。
プロモーション対象期間外である今年12月や来年1月はこの2倍ほどする。

タイ・エアアジアによる福岡-バンコク(ドンムアン空港)も見てみる。これはタイ・エアアジアXではないが、プロモーション対象となっているようだ。

福岡発バンコク行きの往路は、片道19,900円で出ている。

復路は少し高めで、往復46,480円。

エアアジアの成田-マニラ線は来年2月1日

エアアジアフィリピンは、マニラ-東京(成田)線を来年2月1日に運航開始すると発表した。
すでに予約を受け付けている。

エアアジアフィリピンによるマニラ-大阪線は、2022年12月6日に週3便で運航開始が決定済み。

現在、プロモーション運賃を販売中だ。

片道28,860円より。
英文プレスリリース情報では、片道4,888フィリピン・ペソよりとなっている。

予約期間:2022年11月28日から2022年12月4日
旅行期間:2023年2月1日から2023年3月25日
(英文プレスリリースでは、旅行期間は2023年3月31日まで)

エアアジアフィリピンの国際路線は、クアラルンプール、コタキナバル、バンコク、シンガポール、台北、大阪、東京、インチョン、香港、バリの10都市となる。

まとめ

2022年中のエアアジアの日本発着運賃は高止まりしている。
来年1月も高い。
本格的に運航再開が進み、増便していくのは来年2月以降となりそうだ。
そうなれば運賃も安くなっていくとは思うけれど、今はかなり厳しい状況だ。

広告

-フライト情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2023 All Rights Reserved Powered by STINGER.