屋台もの(焼き鳥や唐揚げやつまみ)

ソーポン市場のサテは1本4バーツに

投稿日:

パタヤのあの店は今?シリーズ。
今回はソイティーディンの入り口にあるソーポン市場へ。
ひさびさにサテが食べたくなった。
コロナ禍と豚肉価格高騰のさなか、豚サテはどうなっているのか。

広告



ソーポン市場

グーグルマップの表記は、Sophon Food Market。地元民は、単純にタラートソーポンと呼んでいる。ソーポン市場だ。

地図

昼間はあまり店がやっていないが、夕方以降は多くの屋台が立ち並ぶ。
共用のテーブルがあって、屋台で買ったものをその場で食べることができる。

わかりやすいクイティアオ屋、カオマンガイ屋、イサーン料理屋、ヤム屋などなど。
デザート系もある。
コロナ禍で一時期は出店数が減っていたようだが、現在は8割方は復活しているように見える。

このようなローカル屋台村としては、もっともパタヤ中心部に近いかもしれない。

ちなみに、奥には有料のトイレがあるが、全面的に改築したばかりのようだ。

これまで体験したタイの屋外公衆トイレではもっともきれい。
入り口は自動ゲートになっていて5バーツを投入すればいい。

サテ屋台

お目当てはサテ屋台だ。
訪問時刻は夜10時過ぎ。

よかった。営業を続けている。

相変わらず大量に積まれたサテたち。

ん?
よく見ると値上げされている。
100バーツで25本、60バーツで15本。つまり1本4バーツだ。

たしか以前は1本3バーツだったはず。

いつ値上げしたかは不明だ。
最近は豚肉価格が高騰しており、もはや1本5バーツの豚串もほとんど見かけなくなった。
そんな中でも1本4バーツはありがたい。1バーツだけの値上げはむしろ良心的だ。
文句は言うまい。

今回は15本を持ち帰り。

サテ、トースト、タレ、漬物のセットだ。

盛り付けるとこうなる。

豚肉サテ、うまい。
ピーナッツベースのタレがまたうまい。べったりとタレをつけると最高。
食パンとの相性もすばらしい。
酢漬けの紫玉ねぎがいいアクセントとなる。

もはや止まらない。

すぐにトーストがなくなり、買い置きしてある食パンを追加投入。

サテ2本で食パン1枚いける。
食パンと一緒に食べていると、15本食べきる前に満腹になれる。
残り数本は、夜中の晩酌のお供に残しておく
食パンもいいが、ビールとサテの相性も最高だ。

1本4バーツに値上げしたが、ソーポン市場のサテはなおもおすすめのまま。

広告

-屋台もの(焼き鳥や唐揚げやつまみ)

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.