パタヤ近況

パタヤ、店内飲酒もナイトライフ再開もならずウォーキングストリートは闇に沈む

投稿日:

12月1日、パタヤのナイトライフ娯楽施設は再開すると言われていた。それは首相の意向であったはずだった。
そして、ついに迎えた12月1日夜のウォーキングストリートはどうなったのか。

広告



闇に沈むウォーキングストリート

入口ゲートでは不気味に明るいウォーキングストリート。

中はただのゴーストタウンだ。

これで夜の10時。

アジア屈指の歓楽街のウォーキングストリートには、今や何もない。
ネオンサインのひとかけらも、呼び込みの黄色い嬌声も、顔を上気させながら歩く観光客も、何もかもが消え去っている。

暗黒に包まれた無人のシャッター街でしかない。

有名なシーフードレストランも営業していない。

スタッフのワクチン接種率100%で準備万端だが、営業したところで客は来ない。

たしかに11月1日にタイは開国した。多くの国からほぼ隔離無しでタイに入国できるようになった。
同時に念願だったパタヤ開放も実現した。サンドボックス制度により、世界中からの観光客へ開放された。

が、パタヤでは店内飲酒がずっと禁止されたままだ。バンコクやプーケットでは店内飲酒が再開されている。
12月1日こそはパタヤでも店内飲酒が解禁されると思いきや、なおも店内飲酒禁止が継続。

そして、首相が口にしていた12月1日の娯楽施設再開は来年へと延期された。

タイ開国、パタヤ開放、ナイトライフ再開の3本柱により、12月1日のウォーキングストリートは賑わいを取り戻すはずであった。

が、実態は、まるで世界中から見捨てられたかのような暗黒街となっている。

酒も自由に飲めない、ナイトライフ施設は閉鎖している。
そんな街に誰がやって来るだろうか。

パタヤ全体が闇に沈む

街中がバー街ともいうべきパタヤでは、店内飲酒の禁止と娯楽施設閉鎖は、街全体が暗くなることを意味する。

外国人に人気のLKメトロは、街灯が少ない分、ウォーキングストリートよりさらに暗い。

暗すぎて中を進むのが怖いほどだ。

ソイダイアナにあるAREA51というバーでは、このような怒りに満ちた横断幕を掲げて抗議している。

タイは開国した。なぜバーはオープンしないのか。
約束したじゃないか。約束は約束じゃないのか。

悲しいかな、タイでは約束は約束ではないらしい。

むろん、難しい状況であるのは間違いないのだが、ここまで苦しんできたパタヤの人たちにとって、もはや忍耐も経済も限界に来ている。
パタヤが闇に沈んでいく。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.