タイ入国情報

サムイ島開放、サムイプラス詳細ルール。日本も対象。

投稿日:

7月1日のプーケットサンドボックスに続き、サムイ島の開放が7月15日に迫ってきた。
7月6日のCCSAブリーフィングでも言及され、7月15日のサムイ島・パンガン島・タオ島の再開が確認された。
3島ではワクチン接種率が70%を越えており、開放準備はできている。

広告



サムイプラス

CCSAブリーフィングのあとに、タイ政府広報が発表したインフォグラフィック。

ワクチン接種旅行者のためのSamui Plus(サムイプラス)プログラムは7月15日に開始される。

サムイ島(パンガン島、タオ島)再開は、サムイプラスという名前で呼ばれている。プーケットはプーケットサンドボックスだ。

タイ開国は、プーケットをパイロット県として7月1日に開始し、そのあとにサムイ島、パンガン島、タオ島が7月15日に続く。
これは6月29日の官報に掲載されており、正式承認されている。
官報によって基本ルールは規定済みだ。

サムイプラスのルール詳細

TATによるサムイプラスの詳細がQ&A方式で発表されている。

https://www.tatnews.org/2021/07/samui-plus-faqs/

以下、そのQ&Aの紹介とともに、注釈を加えながら見ていく。

サムイプラス対象国

CCSAが承認した国が対象となる。承認された国以外の国からの利用は不可。
現時点では、プーケットサンドボックス対象国と同様のリストが適用されている。67の国と地域だ。

日本も対象となっている。ただし、日本は特別枠で、「ビジネス目的にかぎる」と条件がついてある。
タイへ出発する前の21日以上、対象国に滞在しておく必要がある。
なお、海外から帰国するタイ人と、タイ在住外国人(おそらくは永住権所持者)は、この21日ルールは適用されない。

日本がサムイプラス対象国となるのは間違いないが、条件付きとなるかはまだわからない。
日本はすでに高リスク国から外されており、日本への条件がなくなる可能性も充分にある。
サムイプラス対象国リストの正式発表を待ちたい。

必要なもの

・有効期限が6ヶ月以上あるパスポート
・タイ保健省あるいはWHOによって承認されたワクチンを完全に接種したという証明書
・事前の支払い済みの宿泊施設予約、ALQまたはSHA+ホテルでのPCR検査予約
・10万ドル以上を補償する医療保険
・出発前72時間以内の陰性証明書

要するに、ワクチン接種証明書以外は、通常のASQでのタイ入国に求められるものと同じ。
ASQだと、料金に検査代も含まれている。

サムイ島へのフライト

サムイ島へは、国際直行便でのフライトか、バンコク経由で承認された航空会社のトランジット便で行くことはできる。乗り継ぎは承認された航空会社のみ。

乗り継ぎは、現在のところ、バンコクエアウェイズのみが認められている。
1日3便、スワンナプームとサムイを往復する。
たとえば日本からスワンナプームへ飛び、そこでバンコクエアウェイズ便でサムイ島に乗り換えることは可能となる。
サムイ島への国際直行便は、シンガポールや中東からのフライトが検討されているもよう。

サムイプラスの申し込み方法(COE)

条件を満たしているならば、COE(入国許可証)の申請ができる。

https://coethailand.mfa.go.th/

COEの発給には3営業日が必要。

なお、TATの別の発表では、現在COE発行開始に向けた最終準備中のようだ。
今週のCCSA会議にて承認を受ける必要があるが、プーケットサンドボックスのようにぎりぎりになることはないとしている。
プーケットサンドボックスでは、7月1日開始に対してCOE申請受け付け開始が6月28日だった。このせいで、COEを発給が間に合わず、旅行を延期ないし中止した人も多かったようだ。

ビザは?

必要に応じてビザが必要。

現状、日本からタイへの渡航に際しては、ビザ免除措置により、ビザは不要。この場合は滞在日数は45日となる。
ただし、プーケットサンドボックスやサムイプラスでは、日本からの利用にはビジネスに限ると条件がつけられており、場合にはよってはビジネスビザが求められる可能性がある。日本のタイ大使館に確認が必要。

サムイ島到着時

サムイ島に到着したあとは、スクリーニング検査と入国手続きを経て、ホテルに直接移動する必要がある。
PCR検査の結果をホテル内で待つ必要があるため、空港からホテルの道中での寄り道は不可。
また、空港からホテルへの移動は事前に手配した車両にかぎる。

滞在日数の数え方

00:01-18:00に到着の場合は、1日目として数え始める
18:01-00:00に到着の場合は、翌日を1日目とする。

到着時間帯によって、日数のカウント方式が異なる。これは通常のASQ利用時でも同じ。
ただ実際には到着翌日からカウント開始となることが多いようだ。

サムイ島での移動範囲

到着当日(0日目)は、ホテルの部屋の中で検査の結果を待つ。結果が陰性であれば、行動範囲が増えていく。
1-3日目:ホテル内の指定エリアのみ利用可能。プールやジムなど。
4-7日目:指定されたルール内、もしくは、サムイ島のツアープログラムのみ旅行可能。
8-14日目:サムイ島、パンガン島、タオ島内を移動可能
15日目以降:12-13日目に実施される最後の検査で陰性であったならば、タイ国内のどこでも移動可能となる。

サムイ島、パンガン島、タオ島滞在中の利用可能な交通機関、ツアー、レストラン

SHA+認定の交通会社、ツアー会社のみ利用できる。レンタカーの利用は禁止。
サムイ島、パンガン島、タオ島の間を移動する場合は、承認された港で承認んされた船のみ利用可能。公共のボートは利用不可。

14日以上滞在する場合は、15日目以降は公共交通機関の利用が可能となる。

レストランの利用制限はないが、SHA+認定レストランの利用が推奨される。

宿泊施設について

最初の7泊は、サムイ島内にあるALQホテルに滞在する必要がある。
8日目以降は、サムイ島、パンガン島、タオ島内にあるSHA+ホテルの利用も可能となる。

ALQホテルは保健省のサイトで確認できる。

http://www.hsscovid.com/

7月1日からタイ人帰国者向けのSQ制度が廃止となり、タイ人でもあってもASQないしALQの事前予約が必須となった。
これにともない、ASQとALQをAQという名称に変更したようだ。

スラタニー(サムイ島)で登録されているALQは全部で10軒。

スラタニーでSHA+認定されているホテルは、7月7日現在で263軒。ただしすべてがサムイ島、パンガン島、タオ島とはかぎらず。

SHA+ホテル

パンガン島とタオ島にはALQホテルがないため、8日目以降にパンガン島とタオ島に宿泊するにはSHA+ホテルを予約する必要がある。

すでにサムイ島にいる友人や家族をホテルの部屋に呼ぶことはできるのか?

タイ国内のタイ人と在住外国人にために規定されたスラタニー県の健康安全基準に従う。

明確な答えになっていないが、法律的に認められる範囲でゲストで一緒に宿泊することは認められるということのようだ。

サムイ島のALQホテルに7泊したあと、バンコクやパタヤなど他県のホテルに移動はできるのか?

不可。
他県への移動前に、サムイ島、パンガン島、タオ島に最低14泊する必要がある。

サムイ島のALQホテルに5泊だけして、サムイから外国へ移動することはできるのか?

できる。ただし、サムイ島からは外国へ移動する際は、タイ入国時に同一行動していた人物以外とグループで移動することはできない。

ちょっとわかりづらいが、サムイ島で合流した人間と一緒にすぐに外国へ出ていくことはできないということのようだ。14日滞在後なら問題ない。
サムイプラスでの最低滞在日数は決められていない。
ルール上は2泊3日も可能だ。

滞在中の検査回数

到着時に1回目の検査を実施する。これは全員必須。
滞在日数が5日未満の場合は、追加の検査は不要だが、すぐにタイを出国しなくてはいけない。
滞在日数が7日未満の場合は、6-7日目にもう一度検査を実施。
滞在日数が10-14日の場合は、6-7日目と12-13日目にさらに二度の検査が必要となる。最後の検査が陰性で、14日滞在を過ぎたあとで、他県への移動が認められる。

PCR検査代はすべて旅行者の自己負担。
費用は1回あたり2,500バーツから4,000バーツ。
ALQとSHA+ホテル予約の際に、ホテルを通じて必要な検査の費用を先払いする必要がある。

まとめ

以上がサムイプラスのルール。
まだ最終決定ではないが、これでほぼ決まりだと思う。

プーケットサンドボックスよりも制限が厳しい。プーケットサンドボックスでは、最初の検査で陰性であれば、ホテルから外に出て、プーケット島内での自由行動が可能となる。特に制限はない。
サムイプラスは、まず最初の3日間はホテル内に強制隔離される。
隔離無し入国をうたっているが、実際には3日間はホテル隔離が待っている。部屋から出て、ホテル内の施設は利用可能だが、隔離には変わりない。
その後、7日目までは、ホテルから出られるものの、指定ルート内や指定ツアーでの移動しか認められない。
具体的な指定ルートやツアー内容はまだ不明だ。
パンガン島とタオ島への移動も指定業者によるボートしか利用できない。
かなり厳しい条件となっている。

これはTATでもわかっており、サムイプラスの当初の利用者がかなり限定されると見ている。健康目的やダイビング目的など、一部グループが利用するだろうと。
最初の一ヶ月での旅行者は1000人との見込み。売上は10億バーツ。一人あたり10万バーツ。約35万円使うという計算だ。
ほとんどが中長期滞在者だろうから、滞在中のトータルで10万バーツくらい使ってもおかしくはない。

最終的なルール決定は今週のCCSA会議を経てからとなりそうだ。
日本からのサムイプラス利用に関しても、日本にあるタイ大使館からの正式な発表を待つ必要がある。
もし利用可能となれば、日本からバンコク行きのフライトがたくさん運航されており、あとはスワンナプームでサムイ行きの専用乗り継ぎ便でサムイ島入りができることになる。
第3国で乗り継ぎが必要なプーケットよりも行きやすい。
ただ、TATのいうように、このサムイプラスを利用する人は限られるだろう。ましてや日本人となると、ほとんどいないかもしれない。
それでもタイ開国計画は進んでいく。
プーケットサンドボックスもサムイプラスも、タイ全面開国へ向けたパイロット版だ。ここでうまくいけば、次につながる。

広告

-タイ入国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.