タイ国内情勢

タイ在住外国人のワクチン接種登録は6月7日から開始に

投稿日:

本日5月21日のCCSA会見にて、タイのワクチン接種計画について発表があった。
タイのナショナルアジェンダ(国家的目標、議題、計画)としてワクチン集団接種を6月7日から始める。
この計画には外国人も含まれる。

6月7日より外国人のワクチン登録が可能となった。
登録は、on-site registrationで。つまり現場で登録する。

広告



タイ在住外国人のためのワクチン接種登録について

CCSAならびにタイ政府広報が資料を発表している。

外国国籍者のためのワクチン登録

・国籍に関係なく、リスクレベルに応じて全員にワクチンを接種することをタイ国は最重要事項とする
・政府は、ワクチン接種をナショナルアジェンダ(国会的目標)とし、全土でのワクチン接種開始日を6月7日に定めた。
・外国人はワクチン接種センターにて、オンサイト登録が可能となる。外国人の健康記録のある病院、あるいは指定された病院にて社会保障番号あるいはパスポートを提示する。指定病院は保健省が決定する。
・バンコク:保健省は、Vimut病院、Bangrak健康センター、全国大学学長評議会の責任下にあるワクチン接種センターでワクチン接種登録ができる。
・他県:保健省が指定した病院、外国人が健康記録を登録した病院

補足)オンサイト登録とは、ワクチン接種会場で直接登録すること。数日前まではウォークインと呼んでいたが、首相の方針によりオンサイトに変わった。
オンサイト登録に訪れてもその場で接種が可能になるとはかぎらないようだ。このあたりの詳細はまだ不明。

バンコクの指定病院はCCSA会見で資料が紹介されていた。

バンコク在住者は主にこの2つの病院でワクチン接種登録をすることになりそうだ。他にも増えるかもしれないが。
チョンブリ県などバンコク以外の県についてはまだ不明。

健康記録についてもよくわからない。

ワクチン接種を受ける外国人グループ分け

1.外交団、国際機関、ならびにその家族
7,000人の名簿を保健省疾病管理局に送る。このグループは病院にて接種が可能。疾病管理局は健康記録を持っていない人のために2,3の病院を指定する。

2.外国政府機関は、タイ外務省の領事局で職員のワクチン接種を登録できる。

3.タイ国籍者の外国人配偶者/タイ国籍者の家族/タイでのリタイア生活者/ビジネスパーソン/バンコクの外国人投資家
全国大学学長評議会の責任下にあるワクチン接種センターでオンサイト登録する。バンコク以外の県では、保健省は各地のワクチン接種センターにワクチンを割り当て、外国人は自分の健康記録がある病院で登録ができる。

4.留学生
高等教育省がタイの大学総長評議会の責任の下でワクチン接種センターでのワクチン接種を手配する。

5.外国人労働者
社会保障局はこのグループに対するワクチン接種を雇用者とともに調整する。

6.海外留学する予定のタイ人学生
外務省領事局にオンラインで登録すること。集団接種は6月3日と4日にチュラロンコン大学で行われる。

CCSA英語版ブリーフィングでは、3番目のグループにexpatsを含めていた。つまりは、移住者やロングステイヤーのことだ。
特にタイの企業で働いているわけではない在住外国人はこの枠に入ることになりそう。

まとめ

本日の発表はここまで。
タイ在住外国人でもワクチン接種登録が可能となるのは確かだ。
スタートは6月7日。
各県での詳細についても、追って情報がアップデートされるはず。
詳細を待ちたい。

広告

-タイ国内情勢

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.