パタヤ近況

チョンブリ県感染状況4月22日:パタヤは46人、ピンナップで新規感染者、ソイブッカオのカフェも感染者タイムライン入り

投稿日:

連日多くの感染者が報告されているチョンブリ県。
本日の発表でもバンラムン地区(パタヤ)での感染者が最も多かった。
ゴーゴーでも新規感染者が見つかり、ソイブッカオのカフェも感染者タイムラインに掲載された。

広告



チョンブリ県感染状況

4月22日、チョンブリ県発表による新規感染者は97人。
(CCSA発表によるタイ全国統計値とは集計タイムラグにより数値が異なることがある)
昨日(80人)よりも新規感染者の数は増加した。

内訳
ムアン地区18人
シラチャー地区8人
バンラムン地区(パタヤ)46人

累計
4月新波での累計は県全体で1,542人(回復済み51人、治療中1,491)。
ムアン地区が485人、シラチャーが159人、バンラムン(パタヤ)が606人となっている。

新規感染者の感染経路内訳

チョンブリ県保健局が発表している娯楽施設の名称はあやふやなものが含まれるが、原文表記のまま挙げていく。

Flintstoneクラスターで1人(4月6日以降の累計156人)
Pin up ゴーゴーで1人
チェンマイの娯楽施設で1人
施設で1人
感染者との接触や感染者の家族70人
調査23人
また、163人の接触者と280人の積極調査による検査の結果を待っている。

娯楽施設が4月10日に全面閉鎖されており、娯楽施設に直接関連しているとみられる感染は減少してきているようだ。
感染者の家族や接触者に感染が広がっている状況。
チョンブリ県保健局では、職場や工場に感染が持ち込まれる可能性があるとして、職場での感染拡大に注意するよう引き続き呼びかけている。

また、ソンクラーン中やそれ以降にパーティに参加した人は、検査を受けるよう呼びかけている。
14日以内に、咳や鼻水、匂いや味を感じないなどの症状がある人は地区の保健局に相談するよう要請している。
感染者と接触した人は14日間の厳格な自己隔離をするようにも通知を出している。

チョンブリ県リスクスポット

チョンブリ保健局では、連日にように感染者タイムラインを元にした感染リスクスポットを発表している。

・ダイヤモンドバドミントンパタヤ(サードロード)
・At All Cafe(ソイブッカオ)
・Sandbar By The sea(ドンタンビーチ)
・SkyMountain(バリハイ埠頭)
・エカマイ発シラチャー行きロットゥー
・Hustlers sports Lounge and diner Pattaya(サードロード)

昨晩発表の6件のうち5件がパタヤ。
Sandbarは、プラタムナック地区にある。
ソイブッカオでは、ハンバーガーショップやカフェまでタイムラインに登場するようになってきた。
サードロードも増えている。
もはやどこもかしこも感染リスクスポットといえそうだ。
マスクを着用するなど基本的な感染予防対策を実施しつつ生活していくしかない。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.