パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

タイの雨季は終了。パタヤにハイシーズン到来。

投稿日:

本日10月22日、タイ気象庁は寒期入りを正式に発表した。
つい数日前までは、パタヤは連日かつ終日の雨模様が続いていた。
が、この2日は雨も降らず、気温も下がってきた。
今日の朝方は、半袖で外に出ると、ぶるっと寒さを感じるほどだった。
雨季が終わり、いよいよハイシーズンの到来である。

広告

快晴のパタヤビーチ

中途半端にたまっていた洗濯物を干し終え、昼間のパタヤの様子を見てきた。

セカンドロード

やはりいい天気だ。
気持ちいい。

センタンパタヤ前のホテル建設 (2)

センタン斜め前の空き地では、なにやら建設中。

センタンパタヤ前のホテル建設 (1)

ずっと無駄に空き地だったが、どうやらホテルができそうだ。

ソイ6前のセカンドロード。

ソイ6前セカンドロード

i-spa サウナはずっとクローズしたまま。

パタヤビーチは快晴そのもの。

パタヤビーチ2020年10月 (1)

晴れ渡った青空が本当に気持ちいい。

パタヤビーチ2020年10月 (2)

ビーチロードの交通量はやはり少なめ。

と、パタヤカンを越えたあたりで、交通渋滞発生。

パタヤビーチ2020年10月 (3)

ゲートを設置して、イベントをやっているようだ。

EECストリートフード

パタヤビーチ2020年10月 (6)

EECストリートフードというイベントだそうだ。

パタヤビーチ2020年10月 (5)

ビーチの遊歩道に屋台がずらりと並んでいる。

パタヤビーチ2020年10月 (4)

EECは東部経済回廊のことで、チョンブリ県以外にも、チャチュンサオやラヨーンからも屋台が参加。地域の特産物などを販売している。

パタヤビーチ2020年10月 (7)

EECストリートフードフェアは、10月22日から25日まで開催。

ステージも設置してあり、ライブイベントが毎日開かれる。

ストリートフードフェア開催エリアは、ビーチロードのソイ8あたりからソイ10を越えたあたりまで。
延々と屋台が並んでいる。

いわゆる特産物フェアなのだろうけど、これだけ多くの屋台が並ぶと、ちょっとしたお祭りムード。
今日が初日で、平日のため、あまり客は見かけなかった。
でも、天気もいいし、週末にはローカルタイ人を中心に客は集まってきそう。

ハイシーズン到来のパタヤ

パタヤビーチ2020年10月 (8)

昼間のパタヤビーチは人がほとんど歩いていない。
寒期といっても、南国パタヤの日中はそれなりに暑い。
でも4月や5月の暑さに比べると、格段に過ごしやすい。
歩いていても、うっすらと汗をかくかどうかというレベルの暑さ。
夕方以降は気温が下がり、快適さが増す。
夜間は肌寒さを感じるほどだ。

ハイシーズンが到来したのだ。
今のパタヤは本当に過ごしやすくて快適である。
でも外国人観光客はいない。

つい2日前に特別観光ビザで中国人39人が、約7ヶ月ぶりの外国人観光客としてタイに入国したばかり。
全員の陰性が確認され、現在バンコクで14日間の隔離検疫を受けており、まだ市中には出てない。
隔離終了後は近郊のビーチへの訪問を希望しているようで、パタヤにも来るかもしれないが、あと2週間後の話となる。

パタヤは最高のシーズンを迎えた。
なるほど。観光省やTATが外国人受け入れ再開を急ぐ理由がよくわかる。
これから数ヶ月続くハイシーズンを逃せば、とてつもない経済的損失となるのは明白だ。
今のパタヤはとにかく気持ちがいい。滞在するには最適なシーズンだ。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.