*

プロフィール

アジア夜遊び旅行好きのアラフォー男。

パタヤが好きだ。バックパッカー時代をふくめ、40カ国ほど旅行してきたけれど、やはりタイがもっとも心地良い。
その中でもパタヤがいい。
すっかりはまってしまった。
2007年に初めてパタヤを訪れて以来、何度も短期滞在を繰り返してきたが、ここ2年ほどは月単位の中期滞在がメインとなってきた。
途中、ヨーロッパ旅行やらイサーン、ラオス、インドネシア遠征なども行ったが、基本パタヤ。
だらだらとした沈没生活。
パタヤは人をダメにする魅力であふれている。
まるで底なし沼のようだ。
千夜が一夜のように過ぎていく。
話はつきないし、パタヤの夜は終わらない。

当サイトでは、パタヤでの沈没夜遊び生活日記をメインに、タイ・東南アジア各地の夜遊び旅行情報を載せていきます。
パタヤ沈没中は基本貧乏なので派手な遊びはありません。しみったれた日記です。はっきりいってセコイです。
パタヤでの生活や夜遊びの参考になるかどうかはわかりませんが、楽しんで読んでいただければ幸いです。

パタヤの街角より

 

プライバシーポリシー

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

アドステア


公開日:
最終更新日:2015/04/23

アドステア

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)
特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。

The Bay Pattaya (3)
ノースパタヤの新ショッピングモール、The Bay。完成すれどテナント入らず。

ノースパタヤ、ビーチロードソイ5に新しいショッピングモールが完成し

Buakhao paradise pattaya room (8)
Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

→もっと見る

PAGE TOP ↑