*

プロフィール

アジア夜遊び旅行好きのアラフォー男。

パタヤが好きだ。バックパッカー時代をふくめ、40カ国ほど旅行してきたけれど、やはりタイがもっとも心地良い。
その中でもパタヤがいい。
すっかりはまってしまった。
2007年に初めてパタヤを訪れて以来、何度も短期滞在を繰り返してきたが、ここ2年ほどは月単位の中期滞在がメインとなってきた。
途中、ヨーロッパ旅行やらイサーン、ラオス、インドネシア遠征なども行ったが、基本パタヤ。
だらだらとした沈没生活。
パタヤは人をダメにする魅力であふれている。
まるで底なし沼のようだ。
千夜が一夜のように過ぎていく。
話はつきないし、パタヤの夜は終わらない。

当サイトでは、パタヤでの沈没夜遊び生活日記をメインに、タイ・東南アジア各地の夜遊び旅行情報を載せていきます。
パタヤ沈没中は基本貧乏なので派手な遊びはありません。しみったれた日記です。はっきりいってセコイです。
パタヤでの生活や夜遊びの参考になるかどうかはわかりませんが、楽しんで読んでいただければ幸いです。

パタヤの街角より

 

プライバシーポリシー

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

アドステア


公開日:
最終更新日:2015/04/23

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑