*

プロフィール

アジア夜遊び旅行好きのアラフォー男。

パタヤが好きだ。バックパッカー時代をふくめ、40カ国ほど旅行してきたけれど、やはりタイがもっとも心地良い。
その中でもパタヤがいい。
すっかりはまってしまった。
2007年に初めてパタヤを訪れて以来、何度も短期滞在を繰り返してきたが、ここ2年ほどは月単位の中期滞在がメインとなってきた。
途中、ヨーロッパ旅行やらイサーン、ラオス、インドネシア遠征なども行ったが、基本パタヤ。
だらだらとした沈没生活。
パタヤは人をダメにする魅力であふれている。
まるで底なし沼のようだ。
千夜が一夜のように過ぎていく。
話はつきないし、パタヤの夜は終わらない。

当サイトでは、パタヤでの沈没夜遊び生活日記をメインに、タイ・東南アジア各地の夜遊び旅行情報を載せていきます。
パタヤ沈没中は基本貧乏なので派手な遊びはありません。しみったれた日記です。はっきりいってセコイです。
パタヤでの生活や夜遊びの参考になるかどうかはわかりませんが、楽しんで読んでいただければ幸いです。

パタヤの街角より

 

プライバシーポリシー

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

アドステア


公開日:
最終更新日:2015/04/23

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑