*

「 国境越え 」 一覧

ペナン島からタイ国境の街ダンノック(サダオ)へ。タイ入国イミグレーションは意外と厳しかった。

アジア周遊旅行19(タイ入国編) ペナン島で無事にタイ観光ビザを取得できた。 これで心置きなくタイへ入国できる。 ペナンには2泊でも事足りたりのだが、意外と居心地がよく3泊した。

続きを見る

ビエンチャンからウドンターニーへ。旅は道連れ、ファラン2人とタイ入国。

沈没日記18 ビエンチャン滞在3日目となった。 個人的には長逗留したい街ではないので、ビザを受け取ったら、ラオスを出国してウドンターニーへ戻るつもりだ。やはり、わたしのホームグラウンドはタイ、

続きを見る

ビエンチャンで何もしない一泊。異国からカラオケ嬢とコヨーテさんとやり取りする。

沈没日記16 ビエンチャンへ カラオケ嬢を見送ってから、ビエンチャン行き国際バスに乗る。 始発が午前8時。 しばらく待つ。 おっと、ウドンターニーバスターミナルに自動販売機が

続きを見る

ウドンターニー発ビエンチャン行き国際バスの乗り方。始発に乗ればタイのビザ申し込み時間に間に合うのか?

ウドンターニーからラオスのビエンチャンへ移動するには、国際バスに乗るのが便利。 料金は80バーツで、ビエンチャンのタラートサオバスターミナルまで連れて行ってくれる。 バスの乗換えもなく、とても

続きを見る

旅立ち。エアアジアでバンコクへ。イミグレーションで少し揉める。

寒すぎる日本にうんざりしてきた。 こたつでみかんもいいけど、バービアでソムタムが恋しくなった。 そこで、約3ヶ月ぶりにタイを訪れることにした。 目的地はもちろんパタヤだ。 これは外せない。

続きを見る

ビエンチャン発ウドンターニー行き。やはりバービアは落ち着く。

さらばラオス、ただいまタイランド ワンダーランドでラオス最後の夜遊びを終えた翌朝。 昼前にホテルをチェックアウトして、ビザの発給を受け取りにタイ領事館へ。 すでに長蛇の列だったが、無事にビザ

続きを見る

ラオス上陸。チェンコンからフエサイ、そしてスローボートでルアンパバーンを目指す。

メコン川を渡ってラオスへ チェンセーンから一気にラオスまで移動することにした。 まずは、ソンテウでチェンセーンからチェンコンへ。 けっこう遠い。1時間くらいかかった。 昔チェンコンを訪れた

続きを見る

メーサイとタチレク。タチレクの置屋めぐりをしてみた

本日はメーサイとタチレクに挑む。 どちらも初訪問の土地だ。 昔、バックパッカーをやっていた頃も訪れていない。 しかも、タチレクはミャンマーの町。 わたしの長い旅行キャリアでもミャン

続きを見る

パタヤ沈没生活ふたたび/イミグレーション無事通過

パタヤ沈没生活をまた始めることにした。 期間は、1ヶ月。 もちろんビザ無しでの入国だ。 運行開始となったエアアジアの直行便でドンムアン空港へ。 イミグレーションでの入国審査。 ビ

続きを見る

パタヤ沈没生活終了。クアラルンプール経由で日本帰国。

48日目最終日 Nとお別れ パタヤ最後の朝。 ぐずるNを叩き起こして、最後の一発。 濃厚なやつが欲しかったが、Nはあいからず淡白。 もう慣れた。 部屋の片づけを済ませたところで、Nと昼

続きを見る

ビザランスタート。ラオスへの遠い道のり

29日目 【ウドンタニーへ】 407のVIPシートは初めて利用したが、かなり快適だった。 おまけに一人がけシートだったので隣の人に邪魔されずに済んだ。 ぐっすり熟睡とはいかないが、それなり

続きを見る

アドステア

アドステア

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

→もっと見る

PAGE TOP ↑