*

「 2017年2月パタヤ沈没日記 」 一覧

出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を少々。 あと、次回予告もついでに。 2017年2月タイ22泊の出費 今回は全部で22泊。バンコク5泊、パタヤ17泊。

続きを見る

日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起床後、タニヤ通りをうろうろして、朝食探し。 あまり屋台が出ていないが、裏通りに唐揚げ屋台を発見。 熱々

続きを見る

最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴー嬢と楽しく遊んだパタヤラストナイトが明けた。 帰国のフライトは明日。エアアジア便だ。 パタヤから直接ドンムアン空港へ向か

続きを見る

パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。 やはり3週間の日程は短い。 最低でも2ヶ月はほしい。 ここ数日、カラオケ嬢から音沙汰がない。 ラストナイトは一緒に過

続きを見る

パタヤ復帰後はカラオケ嬢と付かず離れずで。ノーブンブンライフも悪くない。

沈没日記11 (10からの続き) バンコクからパタヤへ シーロム雪隠詰3日間を終えて、パタヤへ戻る。 もう完全にルーティーンワークと化したルートである。 BTSサラデーン駅からサイアムで乗り

続きを見る

タニヤ嬢にすっぽかされて、シーロムに沈む

沈没日記10 (9からの続き) バンコク初日は、タニヤ嬢と1時間一緒に飲んだだけで終了。 翌2日目。 早起きして、体調はほぼ回復。 特に予定はないし、今日はぶらぶらするだけ。 パッ

続きを見る

またまたタニヤへ

沈没日記9 (8からの続き) パタヤのカラオケ嬢と再会を果たし、一夜を過ごした。 どうやら、彼女はまた半同棲生活を復活させる意気込みのようだ。 まあ、わたしと一緒にいたら、大金はゲットでき

続きを見る

Hey, Youはどこにいる?カラオケ嬢と再会

沈没日記8 (7からの続き) 友人二人が帰国して一人パタヤとなった。 そろそろパタヤで本格的に夜遊びでもしようか。それとも、さっさとタニヤ嬢に会いに行こうか。 カラオケ嬢とのやり取り

続きを見る

友人たちが帰国。初パタヤの感想は?

沈没日記7 (6からの続き) ガーデンプレイスホテルすぐ近くのレストランで朝食。 ブレックファーストが120バーツ。 すべてが塩辛い。スクランブルエッグまで塩辛い。 特筆すべ

続きを見る

ハリウッドディスコ前でチムチュムを食べるのはパタヤ夜遊びの定番コース

沈没日記6 (5からの続き) さて、パタヤ初めての知人のために、いろいろ食べて遊んでもらおう企画はまだまだ続く。 ムーガタ食べた、カオトムプラジャンバンでタイ料理とイサーン料理とカエルも

続きを見る

パタヤ早起きから最後はイサーンディスコのタムナンコンイサーンで深夜まで遊ぶ

沈没日記5 早朝のパタヤ 前日は早寝のため、当然のように早起きとなった。 午前7時。 パタヤではやっと夜が終わった時間帯だよ。 でも、街はすでに動き出している。というか、動きを止めることのな

続きを見る

ノースパタヤで軽くバービアめぐり。ドリンキングストリートとソイ3バービア群。

沈没日記4 友人二人はパタヤ4日目。 3日目の昨晩、初パタヤの知人は、初ムーガタと焼酎でテンションが上がったそうで、若いバービア嬢をロング2500Bでペイバーしていた。 というか、そのバービ

続きを見る

パタヤで友人たちと合流。初パタヤの初ウォーキングストリート。

沈没日記3 パタヤへ シーロムでタニヤ嬢と一夜の逢瀬を楽しんだあとは、パタヤへ向かう。 ナントラシーロムホテルのチェックアウトは鍵を渡すだけでノーチェック。 簡単なものだなあ。 まず

続きを見る

タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラオケ。 関連記事:はじめてのタニヤ日本カラオケ遊びで大当たりを引く そこで出会ったカラオケ嬢とすっかり仲良くなり、日本

続きを見る

パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 BTSサラデーン駅、MRTシーロム駅から徒歩圏内。もちろん、パッポンやタニヤにも歩いていける。立地条件は良好。 部屋はグレードによ

続きを見る

急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。 が、今回は3週間という、わたしにしては短期間の旅行。 いろいろと用事があって、無理やり訪タイしたという側面が強い。 日本

続きを見る

アドステア

アドステア

PAGE TOP ↑