*

【クラビ・アオナンビーチのおすすめホテル紹介】プラナンフローラハウスホテルとアオナンスマイルホテル


アジア周遊旅行記29(クラビホテル紹介編)

クラビで一番有名なビーチがアオナンビーチだ。

クラビアオナンビーチ巨大魚オブジェ

はじめての旅行先で気になるのがホテル選び。
どこにホテルを取ればいいのかと言えば、これは簡単。ビーチリゾート地ではどこも一緒も。
なるべくビーチのそばがいいに決まっている。
と、同時に、ビーチ沿いの一等地のホテル宿泊価格が高くなるのは、どこも同じ。
アオナンビーチのビーチ沿いにもホテルはあるが、やはり総じて高め。とりわけコテージやヴィラタイプは高くなる。

少しだけ内陸部に入ると、価格はぐんと下がって、リーズナブルなホテルがたくさんある。

今回わたしが実際に宿泊した二つの格安ホテルを紹介していきます。

SPONSOR LINK

プラナン フローラ ハウス ホテル (Pranang Flora House Hotel)

1泊目が、プラナンフローラハウスホテルだ。
他にもプラナンと名の付くホテルがあるので間違わないように。
ホテル予約サイトによっては、「プラナング」とカタカナ表記していることもある。

4203号線大通りの坂道をてくてくと歩くこと10分ちょっとくらい。
ビーチまではそこそこの距離がある。(Google Maps計測でちょうど1km)

スクリーンショット_082416_055827_PM

坂の頂上の手前あたりにホテルがある。

ホテル外観
クラビプラナンフローラハウスホテル (1)

ホテル玄関から大通りを眺めたところ
クラビプラナンフローラハウスホテル (3)

ロビーとレセプション
クラビプラナンフローラハウスホテル (2)

チェックインはスムーズ。デポジットなし。
ベルボーイなしで自力で部屋まで。

クラビプラナンフローラハウスホテル室内 (11)

エレベーターもないが、3階の部屋だったので特に問題なし。

客室内

電気はルームキーを差し込んで通電させるタイプ。Wi-Fiのパスワードもキーに書いてある。

クラビプラナンフローラハウスホテル室内 (1)

部屋は広い。

クラビプラナンフローラハウスホテル室内 (4)

クラビプラナンフローラハウスホテル室内 (5)

クラビプラナンフローラハウスホテル室内 (3)

大きなライティングデスクもあり、壁掛け液晶テレビも立派。
もちろん、冷蔵庫、セーフティボックスも付いている。

クラビプラナンフローラハウスホテル室内 (8)

無料Wi-Fiの速度も申し分なかった。

浴室

クラビプラナンフローラハウスホテル室内 (6)

クラビプラナンフローラハウスホテル室内 (7)

このクラスでバスタブ付きは珍しいと思う。
アメニティは、石鹸、シャワーキャップくらい。あとはシャワージェルとシャンプーが備わっていた。

シャワーの温度はちょっとぬるめだったかな。

洗面所でもお湯が出て、こっちのほうが温度は高い。

バルコニー

クラビプラナンフローラハウスホテル室内 (9)

テーブルとイスも置いてある。
室内禁煙なので、喫煙はバルコニーで。

クラビプラナンフローラハウスホテル室内 (10)

裏手は山になっている。海は見えないが、眺めは悪くない。朝もやが気持ちいい。

夜はとても静か。
たまにうるさい中国人が宿泊しているようで、廊下には中国語のみで注意書きが貼ってあった。

クラビプラナンフローラハウスホテル室内 (2)

その効果があったのか、騒がしい宿泊客には当たらなかった。

料金

ローシーズンということもあり、宿泊料金はかなり安かった。

スクリーンショット_080116_012442_PM
スクリーンショット_080116_012718_PM

アゴダで予約して、税込み1627円。
バーツになおすと、540バーツくらいだろうか。

この設備にしては、かなりのお得プライスだといえる。
コスパの高さはかなりのものだ。

難点は、ビーチから歩いて10分以上かかるということ。
アオナンビーチ沿いには屋台やローカル食堂がない。逆にここまで遠ざかると、ローカルフードにありつける。
タイ料理なら1品40バーツから食べられるんで、ローカルグルメ好きで節約派は、このホテルが断然おすすめだ。
また、コンビニは徒歩数分圏内に、セブンイレブンとファミリーマートあり。

アオナン スマイル ホテル (Aonang Smile Hotel)

2泊目は、よりビーチに近いホテルへ変更した。アオナンスマイルホテルだ。

ここは、アオナンビーチまで歩いて3分というロケーション。
ロングテールボート乗り場も近い。
スクリーンショット_082416_055959_PM
大通りからは、わずかに奥まったところにあって、夜でも静かだった。

この路地の奥にホテルがある
クラビアオナンスマイルホテル (1)
また、路地途中にコインランドリーあり
アオナンスマイルホテル近くのコインランドリー

ホテル外観
クラビアオナンスマイルホテル (5)

玄関とロビー
クラビアオナンスマイルホテル (4)

無料の傘とゴザの貸出があって、親切さがうかがえる。
アオナンスマイルホテル無料ゴザと傘

設備的には、1泊目のプラナンフローラハウスと大差はない。
デポジットなし、ベルボーイなし、エレベーターなし。

クラビアオナンスマイルホテル (3)

階段で3階へ。

廊下
クラビアオナンスマイルホテル (2)

客室内

クラビアオナンスマイルホテル部屋 (1)
クラビアオナンスマイルホテル部屋 (6)
クラビアオナンスマイルホテル部屋 (8)

クラビアオナンスマイルホテル部屋 (5)

ベッド、テレビ台を兼ねたライティングデスク、イス、テーブル、冷蔵庫など必要なものは揃っている。

クローゼット内にセーフティボックスあり。

クラビアオナンスマイルホテル部屋 (2)

エアコンの効き目はばっちりだが、コントローラーが壁固定なのはちょっと面倒か。

クラビアオナンスマイルホテル部屋 (10)

Wi-Fiの繋がりは良好。パスワードは、ルームキーに書いてある。

浴室内

クラビアオナンスマイルホテル部屋 (3)

クラビアオナンスマイルホテル部屋 (4)

バスタブはなくて、天井固定式のシャワーのみ。
湯温、湯量とも申し分なし。
洗面所とシャワーの間には壁がある、個室シャワーではないので、そこそこ床は濡れる。

アメニティは、石鹸とシャワーキャップくらい。
シャワージェルとシャンプーは、シャワー下に備わっている。

バルコニー

クラビアオナンスマイルホテル部屋 (7)

イスとテーブルあり。
室内禁煙なので、タバコはバルコニーで。

クラビアオナンスマイルホテル部屋 (9)

裏手は、木々が生い茂っている。
蚊や虫は室内でまったく見かけなかった。

全体的に、プラナンフローラハウスよりも若干古さを感じさせるかな。
でも、汚いということはなくて、清潔に保たれているのでご心配なく。

周辺には、レストラン、土産物屋、コンビニ多数。
とにかく便利な立地だ。

料金

やはりローシーズンのせいか、これまた安く泊まることができた。

スクリーンショット_080216_104315_AMスクリーンショット_080216_104346_AM
アゴダで税込み2184円。
約700バーツといったところ。
ビーチから近いことを考えると、コスパはかなり高い。

関連地図

ホテルの場所と、主なスポットを掲載しておいた。

どちらのホテルも4203号線沿い。
この大通りに旅行代理店やレストランがいくらでもある。

関連記事:クラビのアオナンビーチってこんなところ。海と奇岩とビーチロードを紹介。ウォーキングストリートもあるよ。

両者の比較

たまたまわたしが宿泊したタイミングでの比較となる。

プラナンフローラハウスとアオナンスマイルホテルの差額が、500円。アオナンスマイルのほうが少し高い。

ホテルの快適さは、ほぼ変わらない。
設備の新しさやバスタブの有無などはプラナンフローラハウスに軍配が上がる。
立地条件が同じならば、プラナンフローラハウスを選択すると思う。

が、ビーチまでほんの数分という好立地のアオナンスマイルホテルも捨てがたい。
とにかく便利なのは、アオナンスマイルホテルだ。

一日に何度もビーチや大通りを往復するというような人は、アオナンスマイルホテル。
そんなに出歩かない、もしくは歩くのが苦にならない人は、プラナンフローラハウス。

こういった使い分けで良さそうです。

アオナンビーチ随一のナイトスポットであるセンターポイントで遊びたい人は、断然アオナンスマイルホテルをおすすめします。RCAバービア群も至近です。

関連記事:クラビ・アオナンビーチの夜遊び情報2016年。バービア、ゴーゴーバーもあるよ。

ホテル予約先

タイのビーチリゾートはどこも同じだが、ローシーズンほど安くなる。満室で予約が取れないケースもほとんどないだろう。
ハイシーズンは、価格が高くなるとともに、予約も取りづらくなる傾向がある。

各ホテル予約サイトによって、価格は微妙に違うことがあるし、独自のプロモーションを展開していることもある。
それぞれチェックしてほしい。

プラナン フローラ ハウス ホテル (Pranang Flora House Hotel)予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

じゃらん

ブッキングドットコム

アオナン スマイル ホテル (Aonang Smile Hotel)予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

じゃらん

単純に一番安くする方法は、じゃらんのクーポンを使うこと。
お試しで一日だけ宿泊するなら500円引きクーポンがとても有効だ。
さらにPONTAポイントがたまって、次回以降の宿泊に使える。またサプライスでの航空券購入にも使える。

スクリーンショット_081016_034926_PM
⇒⇒じゃらん海外ホテルクーポン
(8月25日現在もクーポンは配布中)

頻繁に大幅円割引キャンペーンをやっており、航空券を購入するならサプライスがお得だ。一部LCCも扱っている。
⇒⇒航空券予約 サプライス

その他のクラビのホテル

紹介した二つのホテルは格安ホテルにつき、スイミングプールは付いていない。
海までは少し歩く必要もある。
リゾート感を求めるなら、ビーチ沿いのホテルが理想的。
アオナンビーチが目の前にあるホテルは、意外と少ない。

アオナン ヴィラ リゾート (Aonang Villa Resort)

アオナンゴールデンヴィラホテル (1)
ここはスイミングプールが二つあって、しかもビーチが目の前という絶好のロケーション。
まさにリゾートホテル。
4203号線からビーチ沿いに細い道を入ったところにある。
道を挟んでビーチが目の前。
アオナンゴールデンヴィラホテル (2)
アゴダで詳細をチェック

リゾートホテルの他、バックパッカー向けのゲストハウスやホステルも少なくない。
各自の予算に合わせて、ご随意に。

クラビのアオナンビーチは、うるさい物売りもおらず、のんびりした雰囲気。
海と山に囲まれた風光明媚なところです。
のんびりと滞在しましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

近況報告

【近況報告】移動続きの旅をしながらブログを更新するのは難しい。でも旅は楽しい。

アジア周遊旅行番外編 リアルタイム速報 ブログの更新が滞っていますが、なんとか元気にやっ

記事を読む

クラーク空港前タクシー乗り場  (3)

クラーク空港からアンヘレス市内へタクシー移動

アジア周遊旅行5 無事に香港からクラーク空港へ到着。 ATMで軽くフィリピンペソを引き出

記事を読む

ハジャイの燕巣屋台 (1)

ハジャイ名物の燕巣を食べてみた。マレー料理とカオカームーも。

アジア周遊旅行24(ハジャイグルメ編) ハジャイといえば、めくるめく華僑の街。 通りを歩

記事を読む

カオラックナントンビーチバービア (3)

カオラックに夜遊びスポットはあるのか? かろうじてバービアを発見。

アジア周遊旅行記32(カオラック夜遊び編) さて、カオラックの夜遊びである。 事前情報はまっ

記事を読む

クラビアオナンビーチからカオラックへの道 (6)

クラビからカオラックへは、ロットゥー乗り換えのたらいまわしに会う

アジア周遊旅行30(クラビからカオラック) クラビはいいところだった。 アオナンビーチは

記事を読む

シンガポールからペナン島タイガーエア (4)

シンガポールからペナン島へのフライト。タイガーエアTR2428便搭乗記。

アジア周遊旅行14 早朝6時半過ぎに、もぞもぞと起床。 ドミトリーの他の宿泊客たちはまだ

記事を読む

香港141香檳大廈B座 (8)

香港の風俗ー141(香檳大廈B座)訪問レポート

アジア周遊日記3 香港・旺角の怪しいマッサージ屋見学を終えてから、尖沙咀へ戻る。 今回の

記事を読む

ラノーンイミグレーション方面行き赤ソンテウ (2)

【ラノーンの夜遊び】ラノーンでソンテウに乗ったらミャンマー人カラオケ置屋ゾーンへ迷い込んだ

アジア周遊旅行35(ラノーン夜遊び編) ホテルで軽くシャワーを浴びてから外へ出てみると、すでに

記事を読む

雨のアンヘレスのウォーキングストリート

アンヘレス3日目は友人と合流してバーホッピングと屋台買い食い

アジア周遊旅行8(アンヘレス3日目) 地獄の一夜が明けた。 体調はやや回復したが、まだまだ本

記事を読む

アンヘレスQバー

お相手探しに迷走したアンヘレス滞在最終夜

アジア周遊旅行10(アンヘレス5日目) アンヘレス滞在は本日が最終。 翌日夕方にクラーク空港

記事を読む

アドステア

アドステア

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑