*

クラビのアオナンビーチってこんなところ。海と奇岩とビーチロードを紹介。ウォーキングストリートもあるよ。


アジア周遊旅行27(クラビ・アオナンビーチ観光編)

クラビ(CRABI)は、タイ南部にあるビーチリゾートだ。
クラビーとも日本語表記することがある。

クラビのアオナンビーチに2泊して、朝、昼、晩とアオナンビーチ周辺を練り歩いてみた。

まず最初にお断り。
この訪問した時期はローシーズン。
つまり天候があまりよろしくない時期だ。

乾季のハイシーズンとは様相が少々違うということをご了承ください。

SPONSOR LINK



アオナンビーチ(Ao Nang Beach)

アオナンビーチの象徴ともいえる、巨大魚のオブジェ
クラビアオナンビーチ巨大魚オブジェ

昼すぎのアオナンビーチ

クラビアオナンビーチ昼すぎ (3)
クラビアオナンビーチ昼すぎ (2)

雨は降っていないが、どんよりとした曇り空。

ビーチは人影が少ない。

これ、晴れていたら最高だろうなあ。

夕方近くのアオナンビーチ

クラビアオナンビーチ夕方 (2)
かなり遠浅となっている。
島行きのロングテールボートもかなり奥に停泊してある。

クラビアオナンビーチ夕方 (4)

乗船客たちはずぶ濡れになりながら、ボートへ向かっていた。
荷物が多いと大変そうだ。

朝のアオナンビーチ

クラビアオナンビーチ朝 (2)
クラビアオナンビーチ朝 (1)

一転、波が迫ってきている。
ビーチへ降りると、足元まで波がかぶってしまうほど。
波も激しいので、朝はちょっと泳げなさそう。

今回一番天気のよいタイミングで撮影したものクラビアオナンビーチ夕方 (3)

奇岩が映える。
いいビーチだ。

しかも、パタヤビーチのような、うるさい物売りは一切いない。
ビーチパラソルのレンタルもない。
屋台もない。
厳格に禁止されているようだ。

静かに過ごしたい人には最適。
寝そべるためのゴザは自分で用意しましょう。

ビーチ沿いは、遊歩道となっている。

クラビアオナンビーチ昼すぎ (4)

でもパタヤビーチとは違って、猥雑さはありません。

ほんと、悪天候が悔やまれる。
ハイシーズンに訪れたい。

ちなみに、晴天時のクラビはこのような感じとなる。

thailand-1195996_640(pixabayより)

4203号線ビーチロード散歩

ビーチ、遊歩道、車道を挟んで、メイン通りとなっている。
車道は4203号線。アオナンビーチの主要道路だ。
このあたりを勝手にビーチロードと名づけておく。

地図

ビーチロードには、定番のタイ土産品や旅行代理店、レストラン、ホテル、タイマッサージ屋が並ぶ。

クラビアオナンビーチビーチロード (1)

まあ、このあたりは、タイのビーチリゾート地ならどこも同じようなもの。
とりたてて特徴はありませんね。

センターポイント周辺が一番にぎやかかな。
クラビアオナンビーチビーチロード (2)

車道は直角に曲がって北上していくが、歩道はそのままビーチ沿いに続いている。
角には、ロングテールボートのチケット売り場。
クラビアオナンビーチ道路交差点 (1)
ホテルがあって、しばらく歩くと、プライベートビーチ風のエリアへ。

クラビアオナンビーチ昼すぎ (5)

クラビアオナンビーチ昼すぎ (1)

わらぶき屋根小屋のマッサージ屋群があった。

クラビアオナンビーチマッサージ屋群 (2)

1時間300バーツ。
小屋の背後には巨大な岩山。
眼前には、静かなビーチ。
その間にはさまれながら、マッサージするのも気持ちよさそうだ。

 

車道4203号線が直角に曲がる付近がアオナンビーチの中心地といえる。

クラビアオナンビーチ道路交差点 (2)
実際に、クラビバスターミナルからのソンテウは、ここで降ろされた。

アオナンビーチソンテウ下車場所

このまま道路沿いに進むと、やや坂道となっていて、ビーチ沿いと同じようにレストランやホテルが並んでいる。

建物と建物のあいだから、奇岩が姿をあらわす。

クラビアオナンビーチ奇岩 (1)

ビーチから遠ざかるにつれて、徐々に物価が下がっていくのは、どこも同じ。
ホテルもかなり安くなる。

坂の頂上までは、徒歩15分くらいだろうか。
ここには、モスクがある。

クラビアオナンビーチモスク

これ以上は進んでいないので不明。

クラビ・アオナンビーチの移動手段

アオナンビーチ周辺だけなら徒歩で移動可能。

でも、バイクがあると、遠出もできて便利。たしか、1日250バーツほど。スクーターだが125cc以上あるので、運転には2輪車の国際免許が必要。借りる際には免許証の提示は必要ないけれど。

クラビアオナンビーチのトゥクトゥク

タクシーという名のトゥクトゥクは高い。
まあ、プーケットやサムイといったタイ南部のビーチリゾートの同じかな。

タクシー料金表
クラビアオナンビーチタクシートゥクトゥク料金表共通価格のようだ。個別チャーターではきちんと交渉しておきましょう。

ソンテウもあるが、パタヤのように周回ルートを取っているわけではないので、日常の足としては利用しづらい。バスターミナルやクラビ市内へ行くには使える。

公共バスやソンテウのルートマップ
アオナンビーチソンテウバスルートマップ
バス料金表
クラビアオナンビーチバス料金表

アオナンビーチの食事処・レストラン・食堂

4203号線沿いにレストランがたくさんあります。

ローシーズンのこの時期は、どこも客足が鈍い。
多くの店で20%オフのプロモをやっていた。

レストラン系では、ガパオライスが80バーツほどだ。
クラビアオナンビーチレストランメニュー

大通りの坂道を登って行くと、安い大衆食堂がちょっとだけある。

クラビアオナンビーチローカル食堂と屋台 (3)

わたしは、ここでガパオを食べた。

クラビアオナンビーチローカル食堂と屋台 (1)

カイダーオ(目玉焼き)付きにすると60バーツ。

クラビには、タイ名物の屋台がきわめて少ない。
こんな街は初めて見た。
ビーチの物売り禁止とともに、かなり厳しい取り締まりがあるようだ。

坂の上付近に、ほんの数軒の屋台があるだけ。

クラビアオナンビーチローカル食堂と屋台 (2)

ここはカオパットやガパオライスが40バーツで、タイ標準価格でのご提供。
アオナンビーチで、タイのローカルB級グルメを堪能するのはちょっと難しい。クラビ市街地まで行けばたくさんあるだろう。

あとは、マクドナルドとバーガーキングといったファストフード店もあり。深夜まで営業している。
クラビアオナンビーチ夜のビーチロードバーガーキング
日本料理店は見当たらなかった。
タイ料理、西洋料理、インド・マレー系少々といったところかな。

クラビのウォーキングストリート

クラビのアオナンビーチにも、ウォーキングストリートがあった。

クラビアオナンビーチのウォーキングストリート (3)

アーケードには、ちょっと欠けているが、紛れも無くWALKING STREETの文字が踊る。一瞬、心も踊った。

ちなみに、パタヤのウォーキングストリートがこちら
ウォーキングストリート夜 (1)

アンヘレスのウォーキングストリート
夜のアンヘレスウォーキングストリート (2)

そして、クラビのウォーキングストリートがこれだ。

クラビアオナンビーチのウォーキングストリート (1)

土産物屋とバーが数軒あるだけの、単なる狹い路地だった。
せいぜい50メートルも歩けばゴールです。

昼間はこんな感じ
クラビアオナンビーチのウォーキングストリート (2)

名前負けしているなあ、これ。

でも、クラビで一番おもしかったのは、某レストラン店頭に貼ってあった日本語の書き込みボード。
おそらくクラビを訪れた日本人旅行者が書かれたものでしょう。

クラビアオナンビーチ日本語

よほど日本での生活がつらいようです。

日本で疲れたら、タイへどうぞ。

以上、クラビ・アオナンビーチをざっと紹介しました。

夜遊びスポットに関しては別の記事にしておきます。

まとめ

ローシーズンとはいえ、外国人観光客はかなり多かった。
欧米人が半分、あとはお約束の中国人団体客と、韓国系の若いグループ、あとマレーシアやインドネシアあたりからの観光客も目立った。

でも、この天気は、少々残念。
たまに晴れ間があるくらいで、あとはずっと曇り空か雨。

運次第ではローシーズンでも晴天に恵まれることもあるだろうけど、やはり確実なのはハイシーズンに来ること。

澄み渡った青い空、静かなビーチ、奇岩群。
いいところだろうなあ。

ほんと、日本で疲れたら、アオナンビーチでのんびりするのも良さそうだ。

SPONSOR LINK

関連記事

雨のアンヘレスのウォーキングストリート

アンヘレス3日目は友人と合流してバーホッピングと屋台買い食い

アジア周遊旅行8(アンヘレス3日目) 地獄の一夜が明けた。 体調はやや回復したが、まだまだ本

記事を読む

ペナン島ゴールデンアップル同楽旅社あと (3)

沢木耕太郎「深夜特急」に登場するペナン島の同楽旅社は、うらぶれた娼館のまま健在だった。

アジア周遊旅行17(ペナン島編) 沢木耕太郎著『深夜特急』第2巻はペナン島が舞台となる。 フ

記事を読む

ペナン島空港バス (5)

ペナン空港からジョージタウン・チュリア通りへはラピッドペナンのバスがおすすめ。安くて快適。

アジア周遊旅行15 シンガポールからのフライトでペナン国際空港に到着。 これから、わたし

記事を読む

クラビアオナンビーチからカオラックへの道 (6)

クラビからカオラックへは、ロットゥー乗り換えのたらいまわしに会う

アジア周遊旅行30(クラビからカオラック) クラビはいいところだった。 アオナンビーチは

記事を読む

ラノーンイミグレーション方面行き赤ソンテウ (2)

【ラノーンの夜遊び】ラノーンでソンテウに乗ったらミャンマー人カラオケ置屋ゾーンへ迷い込んだ

アジア周遊旅行35(ラノーン夜遊び編) ホテルで軽くシャワーを浴びてから外へ出てみると、すでに

記事を読む

近況報告

【近況報告】移動続きの旅をしながらブログを更新するのは難しい。でも旅は楽しい。

アジア周遊旅行番外編 リアルタイム速報 ブログの更新が滞っていますが、なんとか元気にやっ

記事を読む

アンヘレスQバー

お相手探しに迷走したアンヘレス滞在最終夜

アジア周遊旅行10(アンヘレス5日目) アンヘレス滞在は本日が最終。 翌日夕方にクラーク空港

記事を読む

バンコク南バスターミナル (3)

バンコク南バスターミナルからカオサン、フアランポーン駅行きのローカルバス。地下鉄乗り換えでスクンビットへ。

アジア周遊旅行37(バンコク編) ラノーンを出発して10時間。 バンコク南バスターミナル

記事を読む

マレーシアタイ国境イミグレーション (7)

ペナン島からタイ国境の街ダンノック(サダオ)へ。タイ入国イミグレーションは意外と厳しかった。

アジア周遊旅行19(タイ入国編) ペナン島で無事にタイ観光ビザを取得できた。 これで心置

記事を読む

クラビホテルプラナンフローラハウス

クラビ初日の夜は、レディボーイに追いかけ回される

アジア周遊旅行26(クラビ編1) ハジャイからクラビに到着したのはいいものの、長時間のロッ

記事を読む

アドステア

アドステア

スヌーズゾテル Snoozzotel pattaya (1)
2017年改築新装オープンホテル、スヌーズゾテル (SnoozZotel)内部見学レポート

ホテル予約サイトを眺めていると、見慣れぬホテル名を見つけた。 ス

スクリーンショット_072317_043908_PM
AIS、12callの7日間ネット使い放題パッケージを使ってみた。おすすめは4Mbps。

わたしがタイで使っている携帯電話の通信会社はAIS。12callと

GINZA ギンザ (1)
【昨日のWS】GINZAリニューアルオープンとBLISSのナースパーティ

昨日7月23日のパタヤの様子です。 晴れ間がさしたり、雨が降った

Soi9 coffee (6)
Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

ソイブッカオのほぼ北端、セブンイレブンのある角を曲がるとサードロー

Ginza ギンザ (2)
【昨日のウォーキングストリート】GINZA開店せず。ハッピーとランウェイ盛況。

快晴のパタヤ 久々に快晴となった昨日のパタヤ。 パタヤ

→もっと見る


PAGE TOP ↑