*

【パタヤニュース】スパイシーガールズでの暴行事件とその続報/レディボーイ取り締まり

公開日: : パタヤニュース

スパイシーガールズ暴行事件

10月22日にウォーキングストリートのゴーゴーバー、「スパイシーガールズ」で事件発生。
30歳のクウェート軍人が殴られた。
呼び込みに誘われ、友人たちとショーを500バーツで見ることに。だが、中に入るとショーはやっておらず、退散。
店内に置き忘れたサングラスを友人たちが取りに行っている間に、クウェート軍人がゴーゴーバーのガードマンとその仲間に殴る蹴るの暴行を受けた。

(ソース:PATTAYA PEOPLE

映像はこちら

スパイシーガールズといえば、過去にエントリーで取り上げたことがある。

まったくいたって普通のゴーゴーバーだった。
ドラフトビール50バーツと良心的な設定。

スパイシーガール2

暴行を加えるのは論外だ。
でも、そもそも500バーツを払って中に入る必要があるのか、さっぱり理解できない。

アラブ系、インド系、中国系がよくカモにされているようだ。
こういうぼったくり行為は、店ぐるみというより、ガードマンや呼び込みが自分の利益を得るために独断でやっているのだろうか。
くれぐれも巻き込まれないように。

その続報とiバー摘発

で、上記の事件を受けて、その翌日、営業許可を出す役所の係官が立ち入り調査を開始。

スパイシーガールズを予告なしに調査に訪れたものの、場内はからっぽ。
警察からのタレコミがあったと思われる。
係官は、スパイシーガールズの一階にあるチャンピオン・ゴーゴーを調査することにした。このチャンピオン・ゴーゴーはスパイシーガールズと同じオーナーとして知られている。
アルコール販売のライセンス違反が発覚し、マネージャーが勾留された。

係官は、続いてi-Bar(ディスコ、インソムニアの一階)を立ち入り調査。巨大な看板に関する苦情が寄せられていた。詳しく調べてみると、この店はビーチの公共スペースの上にまで建物が飛び出していることが発覚。また、シーシャの販売許可を得ずに店内で提供したことも発覚。

上記いずれの店も、一時的な休店もしくは閉店を迫られる模様だ。

(ソース:PATTAYA ONE

Iバーとインソムニア

インソムニアの看板と言えば、これ。
確かに巨大だ。
それにしても、公共地部分に建設していたとなると、建物自体を壊す以外に解決策はないわけで、大きな問題となりそう。
まあ、でもその辺りは、賄賂天国タイランド、なあなあで済みそうな予感もするが。

シーシャの提供やアルコール販売のライセンス関係など、どこの店も叩けばホコリが出てきそうな気もする。
立ち入り調査へのタレコミでわかるように、市当局と警察、それぞれ権力闘争がありそうだ。

警察もパトロール強化に乗り出す

暴行事件を受けて、パタヤ警察は、警察官やボランティアで結成するパトロールチームを増やして、ウォーキングストリートの治安強化に務めると発表。
ランダムに店を調査して、もし、アルコール販売ライセンスの期限切れや、未成年者へのアルコール類の提供などの違反が見つかれば、即時、閉店させる意向。

(ソース:PATTAYA PEOPLE)

って、いつもそんなこと言っているが、あんまり変わらないような。
でも、治安強化は、一旅行者として、切に願うところではあります。

お約束のレディボーイ取り締まり

パタヤ警察が、ビーチロードで商売する30人のレディボーイ立ちんぼを警察署へ連行。タイ人とラオス人のオカマたちだ。
聞き取り調査と警告の後、一人あたり200バーツの罰金でレディボーイたちは釈放され、またビーチロードへと戻っていった。

(ソース:PATTAYA PEOPLE

映像

もはや恒例行事。ほとんど意味なし。
が、警察の狙いとしては、最近暗躍するレディボーイたちによる集団スリグループを捜査することにあるようだ。
どうやら、スリや強盗などを行うレディボーイたちは独自のギャングを組織しているらしい。

つい先日も、インド人がネックレスを盗まれたばかり。
やれやれ。

あと、ラオス人のオカマも増えてきた。
そう言えば、去年カンボジアへビザランした時、バスに同乗していたレディボーイはラオス人だった。
電話番号を聞かれたので、つい教えてしまったら、その後勧誘電話がひっきりなしにかかってきた。
くれぐれもレディボーイには注意。
もちろん、すべてのレディボーイが悪さをするわけではないけれど、立ちんぼをしているレディボーイへは特に要注意だ。

 

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

Relax bar (1)

【パタヤニュース】ソイブッカオのバービア未成年斡旋逮捕事件

1月10日、ソイブッカオのバービアで摘発があった。 未成年の女性に客を取らせていたとの容疑で、バー

記事を読む

HIGH HEELED AND DANGEROUS   YouTube

【パタヤニュース】エロマッサージ屋が摘発される/レディボーイ対ファラン

サウスパタヤのマッサージ屋が摘発 サウスパタヤにあるマッサージ屋が潜入捜査官によって摘発された。

記事を読む

newspaper-410111_640

【パタヤニュース】ジョムティエン一方通行延期/パタヤビーチに捨てられた老人/吼えるファランと飛び降りファラン

ジョムティエンの一方通行は延期に 11月12日からジョムティエンのビーチロードは一方通行へ変更され

記事を読む

ハッピー

【パタヤニュース】ハッピーにガサ入れ/老ファランがマッサージ屋で突然死/パタヤ国際花火大会

ウォーキングストリートのゴーゴーバーで抜き打ち検査 先日、ウォーキングストリートの店舗に、

記事を読む

スクリーンショット_031516_011954_AM

【パタヤニュース】VIPERバーで手入れ。ノースパタヤでシーシャ摘発される。

ちょっと気になるニュースがあったので、久々のパタヤニュースをお届け。 VIPERバーやノースパタヤ

記事を読む

no image

【パタヤニュース】ソンクラーン終了/日本人旅行者がひったくりにあう

ソンクラーン終了 4月19日にソンクラーンが終了。 当日は警察官がビーチロードを巡回して

記事を読む

pattaya20161013-1

【タイ・プミポン国王死去】静まり返ったパタヤの夜

タイ時間で、10月13日午後7時頃、プミポン国王死去のニュースが流れた。 わたしはちょうど

記事を読む

11870892_1630872507184214_5512817431221811876_n

バンコク、エラワン近くのラチャプラソン交差点で爆発事件

つい昨日、2015年8月17日の夜にバンコクで爆破事件が発生したみたいですね。 現場は、エラワ

記事を読む

Baht bus in soi buakhao (2)

【パタヤのソンテウ2017年】新ルートと新ルール施行。でもほとんど現状維持。

2016年末から2017年初頭にかけて、いろいろと錯綜しているパタヤのソンテウ(ソンテオ、Bah

記事を読む

PATTAYA PEOPLE

【パタヤニュース】アメリカ人刺される/レセプション睡眠薬強盗/アルノタイで火事/ロシア人流れ弾に当たる/パタヤビーチ夜間パトロール

ソイブッカオでアメリカ人が刺される 喧嘩の原因は不明だが、ブッカオの路上でアメリカ人とフランス人で

記事を読む

アドステア

アドステア

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

J Club (4)
日本を意識したジェントルマンズクラブ、J CLUB訪問レポート。CLUB 4クローズ情報。

けっこう前から看板は見かけていたJ CLUB。 店舗は完

Gaen Moogata (18)
蟹がうまい!シーフードも食べ放題のゲーンムーガタ、199バーツ

パタヤのムーガタシリーズ最新作。 初訪タイの知人のために、タ

Working girl (1)
パタヤソイ6のゴーゴーバーめぐりをしてみた。ドールズ、ワーキングガール、パッション。

ちょっと気が向いたので、夕方6時半頃にソイ6へ。 ちょう

→もっと見る

PAGE TOP ↑