*

【パタヤニュース】スパイシーガールズでの暴行事件とその続報/レディボーイ取り締まり

公開日: : パタヤニュース

スパイシーガールズ暴行事件

10月22日にウォーキングストリートのゴーゴーバー、「スパイシーガールズ」で事件発生。
30歳のクウェート軍人が殴られた。
呼び込みに誘われ、友人たちとショーを500バーツで見ることに。だが、中に入るとショーはやっておらず、退散。
店内に置き忘れたサングラスを友人たちが取りに行っている間に、クウェート軍人がゴーゴーバーのガードマンとその仲間に殴る蹴るの暴行を受けた。

(ソース:PATTAYA PEOPLE

映像はこちら

スパイシーガールズといえば、過去にエントリーで取り上げたことがある。

まったくいたって普通のゴーゴーバーだった。
ドラフトビール50バーツと良心的な設定。

スパイシーガール2

暴行を加えるのは論外だ。
でも、そもそも500バーツを払って中に入る必要があるのか、さっぱり理解できない。

アラブ系、インド系、中国系がよくカモにされているようだ。
こういうぼったくり行為は、店ぐるみというより、ガードマンや呼び込みが自分の利益を得るために独断でやっているのだろうか。
くれぐれも巻き込まれないように。

その続報とiバー摘発

で、上記の事件を受けて、その翌日、営業許可を出す役所の係官が立ち入り調査を開始。

スパイシーガールズを予告なしに調査に訪れたものの、場内はからっぽ。
警察からのタレコミがあったと思われる。
係官は、スパイシーガールズの一階にあるチャンピオン・ゴーゴーを調査することにした。このチャンピオン・ゴーゴーはスパイシーガールズと同じオーナーとして知られている。
アルコール販売のライセンス違反が発覚し、マネージャーが勾留された。

係官は、続いてi-Bar(ディスコ、インソムニアの一階)を立ち入り調査。巨大な看板に関する苦情が寄せられていた。詳しく調べてみると、この店はビーチの公共スペースの上にまで建物が飛び出していることが発覚。また、シーシャの販売許可を得ずに店内で提供したことも発覚。

上記いずれの店も、一時的な休店もしくは閉店を迫られる模様だ。

(ソース:PATTAYA ONE

Iバーとインソムニア

インソムニアの看板と言えば、これ。
確かに巨大だ。
それにしても、公共地部分に建設していたとなると、建物自体を壊す以外に解決策はないわけで、大きな問題となりそう。
まあ、でもその辺りは、賄賂天国タイランド、なあなあで済みそうな予感もするが。

シーシャの提供やアルコール販売のライセンス関係など、どこの店も叩けばホコリが出てきそうな気もする。
立ち入り調査へのタレコミでわかるように、市当局と警察、それぞれ権力闘争がありそうだ。

警察もパトロール強化に乗り出す

暴行事件を受けて、パタヤ警察は、警察官やボランティアで結成するパトロールチームを増やして、ウォーキングストリートの治安強化に務めると発表。
ランダムに店を調査して、もし、アルコール販売ライセンスの期限切れや、未成年者へのアルコール類の提供などの違反が見つかれば、即時、閉店させる意向。

(ソース:PATTAYA PEOPLE)

って、いつもそんなこと言っているが、あんまり変わらないような。
でも、治安強化は、一旅行者として、切に願うところではあります。

お約束のレディボーイ取り締まり

パタヤ警察が、ビーチロードで商売する30人のレディボーイ立ちんぼを警察署へ連行。タイ人とラオス人のオカマたちだ。
聞き取り調査と警告の後、一人あたり200バーツの罰金でレディボーイたちは釈放され、またビーチロードへと戻っていった。

(ソース:PATTAYA PEOPLE

映像

もはや恒例行事。ほとんど意味なし。
が、警察の狙いとしては、最近暗躍するレディボーイたちによる集団スリグループを捜査することにあるようだ。
どうやら、スリや強盗などを行うレディボーイたちは独自のギャングを組織しているらしい。

つい先日も、インド人がネックレスを盗まれたばかり。
やれやれ。

あと、ラオス人のオカマも増えてきた。
そう言えば、去年カンボジアへビザランした時、バスに同乗していたレディボーイはラオス人だった。
電話番号を聞かれたので、つい教えてしまったら、その後勧誘電話がひっきりなしにかかってきた。
くれぐれもレディボーイには注意。
もちろん、すべてのレディボーイが悪さをするわけではないけれど、立ちんぼをしているレディボーイへは特に要注意だ。

 

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

walkingstreet20161023

パタヤの現状。これからのタイ・パタヤ旅行をどうすべきか。

国王死去から10日ほどが過ぎたパタヤの現状 オークパンサー明けからは、ほぼ通常営業に戻りつつあ

記事を読む

11870892_1630872507184214_5512817431221811876_n

バンコク、エラワン近くのラチャプラソン交差点で爆発事件

つい昨日、2015年8月17日の夜にバンコクで爆破事件が発生したみたいですね。 現場は、エラワ

記事を読む

newspaper-410111_640

【パタヤニュース】ジョムティエン一方通行延期/パタヤビーチに捨てられた老人/吼えるファランと飛び降りファラン

ジョムティエンの一方通行は延期に 11月12日からジョムティエンのビーチロードは一方通行へ変更され

記事を読む

パタヤタイからウォーキング1 052

【パタヤニュース】日本人がオカマ抱きつきスリにあう/ブッカオのコンビニでドラッグ取引/ダークサイドのバー/ほか

・グリーンの女を探せ。日本人がレディボーイからスリにあう。 9月3日のこと。33歳の日本人旅行者が

記事を読む

pattaya20161013-1

【タイ・プミポン国王死去】静まり返ったパタヤの夜

タイ時間で、10月13日午後7時頃、プミポン国王死去のニュースが流れた。 わたしはちょうど

記事を読む

no image

【パタヤニュース】ソンクラーン終了/日本人旅行者がひったくりにあう

ソンクラーン終了 4月19日にソンクラーンが終了。 当日は警察官がビーチロードを巡回して

記事を読む

Relax bar (1)

【パタヤニュース】ソイブッカオのバービア未成年斡旋逮捕事件

1月10日、ソイブッカオのバービアで摘発があった。 未成年の女性に客を取らせていたとの容疑で、バー

記事を読む

ハッピー

【パタヤニュース】ハッピーにガサ入れ/老ファランがマッサージ屋で突然死/パタヤ国際花火大会

ウォーキングストリートのゴーゴーバーで抜き打ち検査 先日、ウォーキングストリートの店舗に、

記事を読む

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_010417_073457_pm

【新年パタヤニュース】日本人首吊りとパタヤ・ホアヒンフェリー就航即欠航

ひさしぶりにパタヤニュースをお届け。 まずは、日本人に関するニュースから。 パタヤのホテルで

記事を読む

pattaya20161015-1

昨晩パタヤの様子と本日禁酒日の見込み。外国人向け行動指標。

昨晩のパタヤの様子だが、特に変化なし。 レストランや商店は、通常通りの営業。一部店舗は喪に

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑