パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ゴーゴーバー 夜遊び情報

【昨晩のLKメトロ】バチェラーとディスティニーとタッチ

投稿日:2016年8月13日 更新日:

いよいよお盆休みとなり日本からの旅行者が俄然増えてきたパタヤ・ソイLKメトロ、昨晩の様子。

訪れたのは深夜1時過ぎだったが、それでも日本人の姿が目立つ。

まずは、ぐるっと一周。
旧知の呼び込みにひっかかり、虫料理をおごらされる。
コオロギですな。タイ語でジンリー(チンリー)。一皿20バーツです。

虫屋台のコオロギ

一緒に食べようと誘われたが、丁重にお断り。
無理やり口に入れようとするのを阻止。
そんなちっぽけなやり取りもまた楽しい。
ま、20バーツで仲良くなれれば安いものです。
使えるものは、虫屋台でも積極的に利用しましょう。

LKメトロのバービア

ブッカオ側の通りにあるレディーボーイ専門バービアの呼び込みが、けっこう煩わしい。
油断して歩いていると、後ろから抱きつかれて、股間をまさぐられる。
勘弁してほしい。虫を食べたほうがマシかも。

その他一般バービアは、寂しい客入りでしたね。日本人とは真逆で、この時期のファラン客は少ない。

LKメトロビラボンバービア
いつもは大繁盛のビラボンバーも、空きテーブルが目立つ。
ここはフリーのバービア嬢もいるし、在籍バービア嬢は多い。たまに目を引くバービア嬢がいないわけではないので要チェック。
ビール2本目は無料です。ちなみにほぼ24時間営業。

他のバービアも軒並み暇そうで、意外と狙い目かも。
日本人でもウェルカムなんで、バービア初心者の人もおそれずに突入してみよう。

さて、ゴーゴーバーだ。

バチェラー(BACHELOR)

 

お盆休みのバチェラー(昨晩撮影したもの)

バチェラー入り口には、派手な飾り付け。
入り口には日の丸も張ってある。
すでに終了していたが、お寿司屋台みたいなものをあった。
日本顧客を意識した営業戦略でしょう。
まあ、肝心のダンサーレベルは相変わらずきついです。昔はよかったのになあ。
のぞいただけで撤退。

タッチ(TOUCH)

LKメトロタッチアゴーゴー (1)

むう。
ここもレベルダウンは否めないなあ。
特にコヨーテ系衣装を着たダンサーのレベルが下がった。
まあ、深夜1時過ぎなので1軍どころはすでに連れだされたのかもしれないが。
全裸ダンサー系はワイルドな雰囲気。あけっぴろげで下品な感じだな。ビッチ系が好きな人にはおすすめかも。

客は、在住系のファランだけが盛り上がっている。
あとはほぼ日本人。
日本人率高し。

ディスティニー(DESTINY)

ディスティニー

最後にディスティニーへ。
小箱であるが、意外と穴場のゴーゴーバー。
わたしはけっこう好き。

ダンサーはけっこうな数が残っていた。
わたしの横についたのは、21歳新人ゴーゴー嬢。まだ4日目とか。
スレ感はまったくない。背中にタトゥーは満載。

その21歳ダンサーにはピーサオ(お姉さん。血の繋がりの有無は不明)がいて、けばい化粧と髪型で、ビッチ感満載。

ダンサーはみなトップレスになるようで、ダンスを見ているだけでも楽しめるかな。

ちょうど日本人客がじゃんけんテキーラ祭りを開催していて、大いに盛り上がっていた。
注文のたびに付け足される伝票の長さが、ものすごいことに。
さきのビッチなピーサオは何度もじゃんけん勝負を挑んでいたが、妹の21歳は我関せずとステージ上で体を揺らしていた。

早い時間帯に来れば、お相手探しにも使えるゴーゴーバーだ。
遅い時間帯でも、盛り上がれるでしょうね。

もちろん、タイミングによっては、さっぱりダメダメなこともあるが、これはLKメトロに限らず、どこのゴーゴーバーでも同じこと。

すべては、タイミングと相性で決まる。
他人の意見など参考程度にとどめて、自分で開拓していきましょう。

ではまた。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-ゴーゴーバー, 夜遊び情報
-,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.