*

もやもや状態でLKメトロへ。元ハッピーのダンサーをペイバーするも…

(続き)

Fへの送金を断り、反対にBからはペイバーを拒否され、もやもやした状態でバービアをあとにしたのだが…

【ソイLKメトロへ】

LKメトロ

こんな時は大人しく帰って寝るべきだ。
ましてやペイバーなんて考えないほうがいい。

不安定な気分と焦燥感につつまれた状態で、お相手を選ぶとロクなことはない。
過去の経験上、わかっている。
たいてい、ハズレを引いてしまうか、不発に終わるものなのだ。

でも、このままでは帰りたくない気分。

ソイ7,8やソイ10などのビーチロードからセカンドロードあたりのバービアをふらふらと徘徊してみる。
が、これと言って、目につく女性はいない。
おりしも、セカンドロードのアスファルト舗装張替え工事中で、砂埃がすごい。
夜、ヘッドライトで照らされると、空気中に大量の粉塵が舞っているのが視認できる。
もやがかかっているかのような状態。

うーん、すっきりしない。
そのまま、ぶらぶらとソイLKメトロへ。
時間は深夜1時。まだまだ活気がある。

とあるバービアで声をかけられる。
たまに見かけることのあるバービア嬢だ。

歩き疲れたことだし、とりあえず、一杯だけ飲んでいこうか。

ちょっとプンプイなバービア嬢。
22歳。
顔は遠目にみると、ちょっとかわいいかなと思えるレベル。
ただ丸々としている。目の前でみると、いまいち。

話を聞いてみると、元ハッピーでダンサーをしていたそうだ。

その体型で?
と突っ込んでみると、以前はもっと痩せていたと反論された。

痩せたら、またハッピーに復帰するとかしないとか。
ダイエットがんばれ。

バービアの給料が月4000バーツくらい。
で、ハッピーのダンサーなら月1万数千バーツ。
まあ、すごい差だねえ。
(ゴーゴーバーで基本給をきちんと全額もらえるダンサーも少ないだろうけど。遅刻や欠勤やノルマ未達成などで。)

この元ダンサーの接客が実に積極的。
しきりにこちらの股間をまさぐってくる。
ここはオープンスタイルのバービアだ。
それも座っている席は、表にせり出している。
通行客からは丸見えである。

ここまでエロエロ接待でペイバーアピールをしてくれる子は、バービアでは珍しい。
さては、ハッピーでかなり仕込まれたな。

頭のなかはモヤがかかっているが、下半身は正直である。
すぐに反応した。

元ハッピー嬢は、「ペイバーペイバー」の連呼。
仕事が朝までなので、とっととショートで連れだしてもらい、家に帰りたいらしい。

さらに、股間をさする速度を早めてくる。
わが欲望も加速する。

ああ、どうしたものか。
この状態でペイバーしても、きっとうまくいかないだろう。
理性と経験はそう告げている。

が、このモヤモヤをすっきりさせてほしい。
とりあえず、ショートで一発やってしまえば、すっきりするんじゃないのか。
いや、きっとそうに違いない。
第一、この盛り上がった股間をどう制御すればいいのだ。

欲望に負けた。

ペイバー決定。

【対戦を試みるも】

LKメトロバービア嬢

飲みかけのビールを残して、さっさと部屋へ戻る。

彼女も素早く仕事に取りかかる。

シャワー。
ベッドイン。

タオルをはぐと、やはり油断しまくった体型だった。
部屋の蛍光灯のもと、まじまじと彼女の顔を見ると、正直つらい。
言葉は悪いけど、普段なら決して選ばない顔。

キスは少なめ。
オムは、まあきちんとやってくれた。

が、失敗。
うんともすんとも反応しない、我が愚息。
さっきバービアでは、あれだけ反応していたのに、いざとなると、完全沈黙状態。
もうすっかり萎えきっている。
手と口で何とか立たせてくれようとする彼女。
でももう無理。
この精神状態では、どんなに時間をかけても無駄だろう。

別に彼女が悪いわけじゃない。
サービスは並だし、ルックスは連れ出す前にわかっていたことだ。

悪いのは、はっきりさせない、こっちの心だ。

バーファイン代とショートのチップ代(1000バーツ)が無駄になった。
飲むだけにしておけばよかった。
理性では、わかっていたはずなのに。

タイでペイバーという行為をこれまで何十回となく繰り返してきた。
それなりに経験を積んできたという自負がある。
が、また一つ、勉強になった。

【モヤモヤは終わらない】

元ハッピー嬢を階下までお見送りした直後のこと。
ペイバーを拒否したBちゃんから電話がかかってきた。

「今から行ってもいい?」

へ?

「体調が良くなったから、一緒に過ごせるよ。」

一瞬、心が揺らぎかけた。
でも、もう遅いよ…

しかも、店が終わっているはずなのに、バーファインも払ってと言われた。なんでも近くにママさんがいるらしい。

さすがに、今日はもういい。
気持ちを切り替えることができない。

なんか、いろんな意味でがっくり。

ちっともモヤモヤが晴れない。
下半身もモヤモヤしたままだ。

結局、最後までモヤモヤしたまま眠る。

もやすみなさい。

パタヤ滞在、残り二夜。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

Bちゃん2

想定外のペイバーは大当たり

沈没生活19日目。 朝、食パンとインスタントコーヒ。 昼、バミーナム。 夜、市場のぶっかけ

記事を読む

カップ麺とゆで卵

友帰り またも一人で 沈没や/節約食生活の紹介

パタヤ滞在15日目。 Yくんが一足先に帰国し、K氏も今朝帰国した。 これで一人となった。

記事を読む

Iちゃん2

起きがけの一発/バンコクより友人来たる

【朝から一発】 翌朝。 というかすでに昼前。 起きがけに一発。 嫌な顔一つせず応じて

記事を読む

バービア嬢P

田舎っ子Pちゃんと夜の稲刈り。二毛作に挑む。

(つづき) 二者択一を迫られ、Pちゃんをペイバーしたのだが、さてどうなることやら。 (今回の

記事を読む

Bちゃん3

パタヤの沙汰もカネしだい/Bを再びペイバー

22日目。 【現ナマを手に入れろ】 今日こそ現金を手に入れるため、昼間から銀行へ。 バンコク銀

記事を読む

Iちゃん2

新たなペイバー。同じバーで別々のバービア嬢を連続ペイバーってありなのか?

26日目 あと2泊でパタヤ滞在も終わり。 そろそろ、荷物の片付けを考え始めねば。 とり

記事を読む

ドリンキングストリート

久々にドリンキング・ストリートでペイバーしてみた

【SIMON DRINKING STREET】 セカンドロードの北端、ドルフィンサークルの

記事を読む

パタヤ看板

パタヤ1ヶ月滞在の生活費と夜遊び代のまとめ。2014年9月から10月編

2014年9月から10月にかけてのパタヤ滞在。 トータル28泊29日のパタヤ沈没生活。

記事を読む

Fちゃん1

もやもやパタヤ。送金拒否とペイバー拒否。

25日目 今回のパタヤ滞在も残すところあと4日。 夜を過ごせるのは3日だけだ。 【元バービ

記事を読む

コーン1

やっぱりバービアで飲んだくれパターン。バービアのおつまみを紹介。

【ルーティーン化したパタヤの毎日】 K氏、パタヤ滞在11日経過。 あさっての朝に帰国予定だ。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Air-G より:

    5月は、パタヤで会っているかもですね~。同時期に来泰してたようです。私は大体4泊5日くらいで行きますが今はこれがせいいっぱいですね。
    もやもや状態だと物事は大体悪いほうにしか運びませんね。5月のパタヤがクーデター時だったのですが、あることで仲間と喧嘩して時間を浪費、外出禁止令が出ていた為10時までに宿に戻らなければいけない状況であせり立ちんぼをお持ち帰りして痛い目をみました。

    • pattayan night より:

      5月はパタヤで毎日飲んでましたよ。ビーチロード方面に行ったのは、1ヶ月で1回2回くらいでしたが。
      ほんと、焦りは禁物です。でも、外出禁止令プラス短期滞在だとあせりもしますよね。

      • Air-G より:

        私の常宿は、オーガストスイーツパタヤです。ビーチまでは、結構距離あります。
        最初にパタヤに行った時の一番の笑い話は、何と言ってもレディボーイでした。友達2人がバービアで選んだのがこれでした。1人は、上の改修工事が未完、もう1人は、下の改修が未完だったそうです。1人は直ぐ返したのですが、1人は、自分より大きなものを見てベットでしごきあったそうです。パタヤ恐るべしですね。私は、無事でした。

アドステア

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

Navin mansion2 (12)
パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。

Book of Philipin pub (2)
おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入

Yak statue
パタヤ復帰後はカラオケ嬢と付かず離れずで。ノーブンブンライフも悪くない。

沈没日記11 (10からの続き) バンコクからパタヤへ シーロム

The haven breakfast the works (3)
パタヤ最強かも。THE HAVENのブレックファースト100バーツ。

パタヤのブレックファーストシリーズはまだまだ続く。 いったい、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑