*

アンヘレス2日目は体調悪化で最悪の夜に。フィリピンとタイの英語&夜遊び用語の違い。

公開日: : 2016年7月~アジア周遊旅行

アジア周遊旅行7(アンヘレス滞在2日目)

宿泊したホテルのエアコンが強烈だった。
冷風ががんがん吹き付けてくるが、温度調整は不可。
オンかオフしか選べない。
オフにすると暑いので、しかたなく冷風使用を続けた。

すると見事に風邪を引いた。
おかげで喉が少々痛い。鼻水もずるずると。
一緒に寝ていた女性は平気のようだったけど。

コンビニ(ミニストップ)でコーヒーとサンドイッチを買ってきて、朝飯とする。

コーヒーとサンドイッチ

コーヒーの値段は忘れたが、サンドイッチが27ペソ。
ちなみに、タイで売っているのと同じネスカフェの缶コーヒーが32ペソ(タイバーツになおすと25バーツくらいで、タイなら13バーツで売られている)と割高。ロッテの缶コーヒーの250mlサイズで33ペソ。

フィリピンの缶コーヒー

ちなみにペットボトルの水は14ペソ(約30円)。
タイより高いよなあ。(タイでは7バーツ、約20円)

ココモスへホテルチェンジ

荷物をまとめてチェックアウト。
プリメタ地区を離れて、フィールズアベニューへ。
本日はホテルチェンジして、ココモスホテルに泊まる。

ココモス外観
チェックイン時に、ゴーゴーバー無料ドリンク券や割引券をもらった。

レストランの2階がホテルの客室になっていて、レストランの中にある階段で2階に登る。

ココモスホテル&レストラン内部
西部劇に出てきそうな作りだ。昔ながらのタヴァーン(Tavern)スタイルといったところか。
これはこれで好き。

ココモス部屋内部

部屋は、窓がなくてややかび臭いが、それほど悪くない。
アンヘレスでは標準レベルじゃないでしょうかね。

レストラン奥はスイミングプールになっている。
立地条件は抜群だし、ちょっとはリゾート感がある。
アンヘレス初心者でも安心。

ココモス ホテル & レストラン (Kokomos Hotel & Restaurant)
アゴダで詳細をチェック

両替と停電

ホテルを出て、両替へ。

アンヘレスの両替所

1万円=4420ペソ

昨日よりも良くなった。

酷暑の中、フィールズアベニュー界隈を散策していると、かなり疲れが出てきた。
またしてもジョリビーで昼食を取る。

ジョリビーのスパゲッティセット

今日はスパゲッティのセットにしてみた。82ペソ。180円くらい。
まあ、インスタントのミートソーススパゲッティですな。嫌いじゃない。

部屋に戻る。

ココモスのWi-Fiはわりと快適だったので、PC作業。
が、やはり体調がすぐれない。
我慢できずに睡眠を取る。

おっと、いつの間にか夕方になったようだ。窓がないので外の様子はうかがいしれないが、遠くで雷鳴らしき音が聞こえる。
と思いきや、停電に。そういえば、昨日の豪雨でも停電になっていた。
でもココモスの部屋には非常灯が備わっていて、真っ暗にはならない。
きちんとしているなあ。
というか、まだまだインフラが整っていないだろうね、フィリピンも。
パタヤもたまに停電するが、ここまでひどくはないかな。

夕食はハンバーガーステーキセット

体調は回復しないが、腹は減る。
夜8時過ぎ外出。

ココモスレストランの食事は割高なので、安めのファラン飯食堂へ。

アンヘレスのバニーバーガー

BUNNY BURGERというお店。
ウォーキングストリートを出て、フィールズアベニューを少し歩いた先にある。

ハンバーガーステーキセット(COMBO MEAL)が90ペソ。

バニーバーガーのハンバーガーステーキセット

とにかくびっくりするほどステーキが小さい。
が、味はばっちり。肉のうまみがしっかりしている。マッシュルームもおいしい。
約200円と安いけれど、量を考えるとそれほどお得ではないかも。次はバンズに挟んだバーガーにしてみよう。

またしても雨模様のウォーキングストリート

ウォーキングストリートへ逆戻り。
小雨がぱらつくウォーキングストリートである。

夜と雨振りのアンヘレスウォーキングストリート

ココモスでもらった無料ドリンク券を使ってみよう。

ココモス支給のゴーゴーバーフリードリンク券

どうせこの体調ではバーファインは無理だし、予算的にも毎日はきつい。
今日は軽く飲むだけにする。

ヴードゥー Voodoo

 

ココモスの1階にある小さなゴーゴーバー。たぶん、24時間営業。
注文時にドリンク券を提示すると、ちゃんと無料にしてくれた。
ありがたくサンミゲルライトをいただく。
レベルはまあ期待しないこと。

エンジェルウィッチ Angel Witch

エンジェルウィッチ

次いでウォーキングストリートを出たところにあるエンジェルウィッチへ。
パタヤやバンコクのエンジェルウィッチと関係があるのかないのかは知らないが、どちらにせよ、アンヘレスのエンジェルウィッチの規模はかなり小さい。
ここでも無料ドリンク券でサンミゲルライトをいただく。
が、やはり調子が上がらない。
サンミゲルライトもあまりおいしく感じられない。
バーファインは到底不可能だな。

バーでは、ちょっと年齢層高めのダンサーとサービスがテーブルについてくれた。
軽く世間話。
経験豊富なダンサーやサービスはちょっとだけ日本語が話せるかな。
面倒なので英語でやり取りする。

フィリピンとタイでの英語の違い

フィリピン人の発音する英語は慣れるまで少し聞き取りづらい。
かなり流暢に話すフィリピン人もいるが、大部分はかなりブロークンな英語。
ゴーゴーバーで働くタイ人よりはもちろんレベルは上だけど、決してうまいとはいえない。

昨晩バーファインした女性の話では、中学高校できちんと英語は勉強するそうだが、途中で学校に行かなくなってしまい英語レベルが上達しなかったとか何とか言っていた。バーで働く女性たちは、似たような境遇が多そうだ。
まあ、わたしの英語も人のことは言えないレベルなので、ちょうどいいんだけど。逆に流暢すぎる英語を話す女性はちょっと引いてしまう。

あと、タイで使われている英語と違う点もいくつかある。

体型が細いことは、フィリピンではスキニーと呼んでいる。タイではスリムで通じる。
トイレのことは、フィリピンではCRと呼ぶ。Comfort Roomの略だ。もちろんToilet(トイレット)でも普通に通じるけど、案内板にはCRと書いてある。
休暇のことは、フィリピンではバケーション、タイではホリデイとなる。
いずれも間違ってはないので、そういうものだと思って使い分けるしかない。

そういえば、フィリピン人は、「That’s why」という表現を多用するよなあ。

Japanese customer is very rich. That’s why I like Japanese.
(日本人のお客さんはとっても金持ち。それだから、日本人が好き。)

みたいな使い方ね。
確かに便利だし、なんとなく英語を使いこなしているような気分になれる。
フィリピーナ相手に英会話する時は、ぜひとも使ってみましょう。

ウォーキングストリートでの個人営業の誘い

無料ドリンク券を使い果たし、次の店を求めてふらふら歩いていると、道端に座っている女性3人組から声をかけられた。
すでに閉店したバーの目の前だ。
このバーで働いているが閉店までに客を捕まえられなかったので、今夜のお相手を探しているという。

3人のうち、1人は年齢23歳と比較的若い。あとの二人は対象外。
みんなノリはいい。

女性陣の知っている日本語は、「チ○チ○タベル~」だけ。
誰だ、教えた奴は?
というか、アンヘレスでは何回もこの日本語を耳にするけど。

チ○チ○のかわりにアイスクリームを食べることにした。
すぐ向かい側にある韓国商店でメロン味のアイスクリームを購入。

アンヘレスの韓国スーパー
一本25ペソ。わたしの分も含めて合計4本で100ペソ。
ぺろぺろと4人でアイスクリームを舐める。まあ普通においしい。
先っぽが似たような形になったのは本当に単なる偶然である。

アンヘレスウォーキングストリートでアイスクリーム

23歳が盛んに誘ってくる。
ショートタイム1000ペソでいいから連れて帰ってほしい、ブンブンしようという。
ちなみに、フィリピンでもブンブンは通用する。ソクソクという言い方もあるけれど、ブンブンも一般的みたい。
まあ、ブンブンはたぶん英語から来たスラングだろうけど。

ショート1000ペソかあ。日本円で2250円。タイバーツなら750バーツくらい。安いといえば安い。
話を聞いてみると、ゴーゴーバーならバーファイン2500ペソで、そのうち女性の取り分が1000ペソ。
女性側にしてみれば、店を通しても個人営業しても取り分は同じになるわけね。

悪くないオファーだけど、この体調では無理だ。
それに、セットアップの心配もあるし、フリーの女性にはなるべく手を出したくない。
タイではそれなりに経験を積んでいるので対処のしようもあるが、フィリピンではまだまだ初心者レベル。たぶん大丈夫だろうとは思うが無理は禁物である。

またねえと手を振って女性陣に別れを告げる。
100ペソ出費したけれど楽しい時間だった。

夜中のマクドナルド飯

ウォーキングストリートを2往復くらいするが、これといって入りたいゴーゴーバーが見つからない。体調が悪いと気分も乗らない。

でも腹は減る。
夕食のステーキセットでは物足りなかった。
ウォーキングストリート近くのマクドナルドへ。
フィリピンのマクドナルドには独自メニューがあり価格も安い。

チキンフィレのセットが、59ペソ。

アンヘレスマクドナルドのチキンフィレセット

チキンフィレとライスとコーラ。
これまたサイズは小さめだけど、味は悪くない。
夜食としては、ちょっとソースが濃いけどね。

深夜3時の惨事

胃袋は満足した。
よし今日はもう終わりにしよう。
帰って寝る。

少々暑いけれど、エアコンは切る。
これ以上風邪を悪化させるわけにはいかない。

が、夜中に体調がさらに悪化して目が覚めた。
急激な吐き気が襲ってきたのだ。

我慢できずにCRに駆けこんで、盛大に吐いた。
一度ならず二度までも。いや胃の中に最後のひとかけらも残さないほど吐き切った。

胃はすっきりしたが、今度は寒気がする。
エアコンを切っていて暑いはずなのに寒い。
日本から持参したパーカーを羽織って、もう一度眠りにつく。

しかしまた目が覚める。
今度は下痢だ。
もう勘弁してほしい。
これまた我慢できずにCRへ。
下の口からも盛大に吐いた。いや噴射した。
腸には何も残らないほどの勢いで出た。

最悪の夜だった。

エアコンにやられた体調で、油っこいファストフードばかり食べて、ビールを飲んだのが原因なのかね。

朝サンドイッチ
昼ジョリビーパスタ
夕方ハンバーガーステーキ
夜マクドナルドチキンフィレ

朝はともかく、あとは見事にジャンクフード系が並んでいる。
でもアンヘレスの食事ってこんなものだしなあ。

アンヘレス滞在はあと3日残っている。
のんびりやろう。


関連記事

シンガポールからペナン島タイガーエア (4)

シンガポールからペナン島へのフライト。タイガーエアTR2428便搭乗記。

アジア周遊旅行14 早朝6時半過ぎに、もぞもぞと起床。 ドミトリーの他の宿泊客たちはまだ

記事を読む

ペナン島ゴールデンアップル同楽旅社あと (3)

沢木耕太郎「深夜特急」に登場するペナン島の同楽旅社は、うらぶれた娼館のまま健在だった。

アジア周遊旅行17(ペナン島編) 沢木耕太郎著『深夜特急』第2巻はペナン島が舞台となる。 フ

記事を読む

アンヘレスQバー

お相手探しに迷走したアンヘレス滞在最終夜

アジア周遊旅行10(アンヘレス5日目) アンヘレス滞在は本日が最終。 翌日夕方にクラーク空港

記事を読む

ハジャイの燕巣屋台 (1)

ハジャイ名物の燕巣を食べてみた。マレー料理とカオカームーも。

アジア周遊旅行24(ハジャイグルメ編) ハジャイといえば、めくるめく華僑の街。 通りを歩

記事を読む

ラノーンイミグレーション方面行き赤ソンテウ (2)

【ラノーンの夜遊び】ラノーンでソンテウに乗ったらミャンマー人カラオケ置屋ゾーンへ迷い込んだ

アジア周遊旅行35(ラノーン夜遊び編) ホテルで軽くシャワーを浴びてから外へ出てみると、すでに

記事を読む

ソンバットツアーバス (1)

ラノーンからバンコクへ10時間バス移動。ソンバットツアー(SOMBAT TOUR)社のバスは快適だった。

アジア周遊旅行36(バンコクへ) アジア周遊旅行もいよいよ終わりが近づいた。 ラノーンか

記事を読む

ハジャイからクラビへの途中にあるサービスエリア (3)

ハジャイからクラビへは、ロットゥーとバイタクとソンテウを乗り継いで5時間半。疲れる旅です。

アジア周遊旅行25(ハジャイからクラビ移動編) ハジャイは1泊だけにした。 いろいろとお

記事を読む

クラビアオナンビーチ夕方 (1)

クラビのアオナンビーチってこんなところ。海と奇岩とビーチロードを紹介。ウォーキングストリートもあるよ。

アジア周遊旅行27(クラビ・アオナンビーチ観光編) クラビ(CRABI)は、タイ南部にある

記事を読む

香港141香檳大廈B座 (8)

香港の風俗ー141(香檳大廈B座)訪問レポート

アジア周遊日記3 香港・旺角の怪しいマッサージ屋見学を終えてから、尖沙咀へ戻る。 今回の

記事を読む

サーティスリースチュワートゲストハウス (6)

【ペナン島ジョージタウンのホテル・ゲストハウス選び】サーティスリースチュワートハウズは立地・居心地とも良好でおすすめ

アジア周遊旅行18(ペナン島編) ペナン島ジョージタウンへ観光旅行に訪れた場合、やはり宿は

記事を読む

アドステア

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑