*

カラオケ嬢が早朝に再降臨して最後のブンブン。さらばパタヤ。

沈没日記45

(つづき)

早朝コーリング

パタヤラストナイトから一夜明けた。

午前6時に携帯電話の呼び出し音で叩き起こされる。
眠りについたのが午前4時。
まだ2時間しか眠っていない。起床予定は午前10時だったのに。

誰だ、こんな朝っぱらから電話してくる無粋な奴は?

もちろん、カラオケ嬢だ。

実は、帰国を知らせるメッセージを前夜に送ってあった。

スクリーンショット_061616_124111_AM

どうせ返事はないと思っていたが、意外と早かった。

それから早朝になって、またメッセージが届いていたようだ。

スクリーンショット_061616_124301_AM

そして、午前6時に電話攻撃である。
こっちの都合などまったく考えないのがカラオケ嬢だ。
LINE通話にわたしが出なかったため、最後は携帯電話の番号に直接かけてきた。

お約束の「ユーナイ(どこにいるの)?」から始まり、「今からホテルに行く」で締めくくられる。
やはりこちらの都合はお構いなしだし、3日前に韓国人の元へ逃げ去ったことについて一切詫びを入れることもない。

再会の朝ブンブン

ほどなくして、カラオケ嬢がバイタクに乗って登場。
バイタク代50バーツは、しっかり請求された。
ついでにコンビニで買物もさせられて120バーツ。

どうやら朝方まで友人のところで飲んでいたらしい。
まあ、相変わらずで。
ただ、そのわりにはあまり酔っ払っていない。
ふむ、深く追求するのはよそう。

とりあえず部屋に連れ込む。
5階に文句たらたらなのは予想通りだ。

カラオケ嬢はベッドの上で、タバコ吸ったり、スマフォいじったり、牛乳飲んだりと以前のようにだらだら過ごしはじめる。
わたしはひたすら眠たい。

カラオケ嬢 (1)

とりあえずシャワーだけでも浴びてもらう。
バスタオル一枚姿のカラオケ嬢が戻ってきて、ベッドに横たわる。

当然のなりゆきでブンブン開始。
寝不足の早朝にもかかわらず、わたしの下半身は絶好調だった。
ドーピングいらずでガンガン押せた。

うーん、やっぱりカラオケ嬢とは下半身の相性はいいなあ。

それにしても、3日前の逃走劇は、なかったことになったのか。
そのことについて話し合うこともない。
なんなんだろうね、この関係は。
まったくわからん。

わからんが、とにかく今は眠たい。

10時に起きるぞと伝えておいて、わたしは仮眠を取る。少しでも寝ておこう。
カラオケ嬢は隣でスマフォゲームをしているようだ。

 

10時になって、彼女がきちんと起こしてくれた。

軽く荷物整理して、先に彼女をアパートまで送ることにした。

すたすたとホテルの階段を降りていくカラオケ嬢。

最後にお小遣いとして1000バーツを渡しておく。カラオケ嬢は黙って受け取っていた。
特に別れの挨拶もなく、淡々とバイバイ。

これでよかったのか何なのか。
とりあえず、カラオケ嬢とは切れてはいない。
が、続くかどうかもわからない。

ま、こんなこともあるでしょ、タイの夜遊びなんだから。
なるようになるしかないです。

さらばパタヤ

レンタルバイクを返却して、ホテルもチェックアウト。

これにて、パタヤ滞在2ヶ月は本当に終了。

あとはバンコクに二日間だけ滞在してから日本に帰る。

カラオケ嬢と再会してからの後半戦は、ホテルチェンジもあって、怒涛のラストスパートだった。

ホテル日替りの5泊6日で、4人相手して計6発。
短期滞在の頃に戻ったような遊び方ですごく楽しかった。
払ったバーファインが計600バーツで、チップは計5500バーツ。トータル6100バーツ。

おお、まだまだ普通に安く遊べるじゃん、パタヤ。

また2ヶ月後くらいに戻ってくるから、しばらく待っていてくれよ。

(次回からバンコク編へ)

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ソイ3バービア群 (1)

20歳バービア嬢を今回2度目のペイバー。客がバッティングしてプアットフア。

沈没日記33 友人二人と別れてから、わたしの夜遊びの時間が始まる。 禁酒日には誰ともタン

記事を読む

スクリーンショット_061216_081914_PM

カラオケ嬢が目の前で韓国人の元へ逃げていく

沈没日記42 これでホテルチェンジ3日目。 ソイアルノタイへ移動となる。 投宿したMプ

記事を読む

19歳女子学生バービア嬢

バービア嬢の実の娘19歳をふたたびペイバー

沈没日記12 ソンクラーンは終了したが、ソンクラーン前に体験したペイバーネタが一つ残っている。

記事を読む

元ゴーゴー嬢とチムチュム

サービス抜群のイサーンレディと楽しい一日を過ごす。これぞパタヤの休暇。

沈没日記43 目の前でカラオケ嬢が韓国人の元へ去っていってから一夜が明けた。 一晩たてば、嫌

記事を読む

ビーチクラブ

バービアめぐりからのビーチクラブで5年ぶりゴーゴー嬢に再会

沈没日記21 大々的バービアめぐり ちょろっと本気を出して、バービアめぐりをしようかと思い立つ。

記事を読む

果物ルックナーイ

バービアだらだら飲みと、ショート700バーツでオッケーという20歳バービア嬢

沈没日記9 パタヤではソンクラーンの水かけが絶賛継続中。 昼間っから各所で水かけが行われてい

記事を読む

バービア嬢1

3年ぶりに再会したバービア嬢が涙を流す

沈没日記23 テンションは上がらないが、バービアめぐりは続ける。 なかば惰性のような気もする

記事を読む

寿司屋台 (1)

ついにパタヤラストナイト。最後は挨拶まわりで締めくくる。

沈没日記44 起床したのは午前10時過ぎ。 ベッドの上では、元ゴーゴー嬢が気持ちよさそうに寝

記事を読む

ムートートとガパオプラームック

カラオケ嬢とのキーキアットな日常ふたたび

沈没日記35 前夜、まさかの再会を果たし、そのままお持ち帰りしたカラオケ嬢。 眠りについたの

記事を読む

ナナプラザ (1)レインボー1

大雨のバンコクナイト。ナナプラザのレインボーとテーメーカフェの日本語。

沈没日記47 (つづき) バンコクの夜。 午後11時頃に、ようやく夜の街へ繰り出そうと

記事を読む

アドステア

アドステア

Walking street 201704 (1)
週末のウォーキングストリート。Dクラブ、パレス、ブリス、最後はルシファーで朝まで。

2日連続してLKメトロとウォーキングストリートのゴーゴーバーをはしごし

Tom yum noodle pattaya tai (5)
ポークリブ満載の無骨な男のトムヤムラーメンふたたび

パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオ屋。 こ

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

→もっと見る

PAGE TOP ↑