*

街角ハンバーガー屋/バービアとウォーキングストリート

沈没生活18日目。

昼間はカップラーメンをすすって空腹をしのぎ、だらだらと過ごす。
ニッシンのカップヌードルシーフード味。けっこううまい。

カップヌードルシーフード味

夜、とりあえず腹が減ったので外出。
屋台で飯食べてから、バービアでも行こうかと考えていた。
が、部屋を出て、すぐに雨が降りだした。

【街角のハンバーガー・スタンド】

なんだか面倒になり、近くにあるハンバーガー・スタンドに立ち寄ってしまった。
パタヤには、個人でやっている小さなハンバーガー屋が多い。
セカンドロードとブッカオ界隈には特に目立つ。
ハンバーガー屋密集度でいえば、世界トップクラスじゃなかろうか。
それくらい多い。
夜中の2時や3時でもやっていて、ファランがハンバーガーを食べている姿をよく目撃する。
日本人がシメにラーメンを食べるように、ファランにとってはシメがハンバーガーなのだろう。

普通のビーフバーガーが70バーツから90バーツくらいと、けっこうなお値段。
フライドポテトが40バーツ弱といったところか。

今回はビッグバーガーとフライドポテトを注文。合わせて116バーツだった。
まあ、昼間はカップラーメンで安上がりだったから、少しだけ贅沢しよう。

調理はすべて注文を受けてから。
冷凍庫から肉とポテトを取り出す。
肉は鉄板でしっかり焼いてくれる。
ポテトもフライヤーでこんがりと。

バンズはレンジで軽く温める程度かな。

そこへ焼きたての肉をのせる。

ハンバーガー作り

トマトやレタスなどの野菜はたっぷりと。

ソースの好みを聞かれるので、特にこだわりがなければ「エブリシング(全部)」と言えばよい。

あとは、バンズで挟み込んで完成。

こんな感じとなりました。

ハンバーガー出来上がり

部屋に持って帰り、さっそく食べる。
うん、うまい。
ハンバーガーは、普通においしい。
マクドナルドの素っ気ないビーフバーガーより、はるかに食べごたえがある。
野菜も摂れるし、なかなかいいね。

フライドポテトも揚げたてなので当然うまい。
でも量は少なめ。これはマクドナルドの勝ちだな。

 

【バービア2軒】

しばらく小雨がぱらつく天候だった。
夜10時過ぎ、ようやく雨があがったので、再度外出。

まず、バービアへ。
最近、ちょこちょこと顔を出しているバービアだ。
元々はIちゃんという22歳のバービア嬢をペイバーしたバー。
が、Iちゃんは帰郷してしまい、ずっと不在。
もう一人、21歳のPちゃんというバービア嬢が気になっている。
背が低くて、いわゆる幼児体型に近い。顔も幼い雰囲気。

ふふ、はっきり言って、好みだ。

が、この子も帰郷中。そろそろパタヤへ戻ってくるはずなのだが、今日も仕事に来ておらず。
ママさんに聞いても、「わからない」という。
まあ、しょうがない。
別のBちゃんという20歳のバービア嬢を話し相手に軽く飲んだ。
このBちゃんもけっこう整った顔立ちをしているのだが、元々のわたしの好みからは外れるタイプ。
話はけっこう面白いんだけど。
ビール一本だけ飲んで、退散。

 

ついで、ブッカオの南側にある、なじみのママさんがいるバービアへ。
あいかわらず、どこのバービアも客がいない。
「オー ニアップ ニアップ」と念仏のように繰り返すママさん。
ニアップとは静かで客がいない様子のこと。英語で言えば、quietだ。
まあ、この雨模様じゃあ客足も鈍いだろうねえ。
ハイシーズンまで、あと少しの我慢だな。
そんな世間話をしながらビールを一本。
「じゃあ、またね」と、あっさり退散。

 

ふうむ、どうしたものか。
ブッカオ沿いにバービアが点在しているので、南へ向かいながら物色。
いやあ、きついなあ。
選べそうにないぞ。

おっと、ブッカオ最南端まで来てしまった。
市場を越えればパタヤタイだ。
何となく、足を止めるのが面倒になり、そのまま歩き続ける。
で、結局、ウォーキングストリートへたどり着いてしまった。
我ながら、よく歩くなあ。

 

【ウォーキングストリートで用事をすます】

ウォーキングストリート

沈没生活の前半で行動を伴にしていた友人Yくん。
その彼に頼まれごとをされていた。
ゴーゴーバーでペイバーして、ラン島へも一緒に遊びに行ったダンサーに会ってきてほしいそうだ。

そんな用事も思い出しての、ウォーキングストリート行きとなったわけである。
さっそく、そのダンサーのいるゴーゴーバー、「ムーンライト」へ。

ムーンライト1

あいからず客入りが悪い。
奥のほうでアラブ系の客が5,6人で騒いでいる程度。
こりゃあ、長く続かんな、この店。

無事にダンサーと再会。
というか向こうから飛んできた。
客が少ないので、あっという間に見つかってしまうのだ。

そのダンサーは、スマートフォンを持っておらず、当然、LINEは使えない。
よって、Yくんは日本から連絡が取れない。
でも、FACEBOOKのアドレスは教えてあるから、それをもう確認したのか、
そのことを確かめて欲しいというのがYくんの依頼だった。

ダンサーにいろいろ聞くと、まだネットカフェには行っておらず、FACEBOOKも見ていないと言う。
だって、わたし貧乏で、スマートフォン無いし、ネットカフェに行く時間もないし、と。
でも、今度必ずネットカフェに行くからと言うダンサー。

すると、ダンサーはわたしのスマフォを強奪。
YくんへLINEでメッセージを打ち込んでいた。

○○ MISS YOU TO MUCH」(○○にはそのダンサーの名前が入る。)

む、スペルが微妙に間違っているぞ。
でも、おもしろいからそのまま送信。
あ、おれが送ったことになるな。
まあ、文章を見たら彼女が送ったことくらいわかるだろう。
おっと、早速、既読になったぞ。
って、タイ時間で夜中の1時だよ。ということは日本時間で深夜3時。
こりゃあ、確実に着信音で目が覚めたな。かわいそうに。

 

ちょっとだけ、ムーンライトのダンスを見学。
前回、ハイテンションで絡んできていたウェイトレスがいない。
たかられるのは御免だけど、少し寂しいな。
日本語がわずかに話せるという、色白のダンサーが絡んできた。
てきとうにあしらいながら、生ビールを飲み干した。

 

用事も済んだことだし、そろそろ帰るとするか。
せっかくウォーキングストリートまで来たのに、あっさり終了。

本日は新たな出会いゼロ。
レディドリンクのおごりもゼロ。
歩き倒すことも数キロ。
ビールで膨れた腹回り数センチ。

ま、長期滞在の節約型夜遊びなんて、こんなもんです。

 

翌日、YくんよりLINEで返事がきた。
夜中になんか変な英語がメッセージが送られてきて、おかしいと思ったらしい。
そりゃあそうだ。
日本人の野郎同士が「I miss you」とメッセージを送るわけがない。きもちわるい。

ま、うまく連絡が取り合えるようになればいいね。


関連記事

鐘を鳴らすファラン

バービアでファランがスートゥアオーク(永久ペイバー)

23日目。 昼間からスコール。 降ったり止んだりの繰り返しだ。 出かけるタイミングが難しい

記事を読む

誕生日パーティ1(6)

ファランの誕生日パーティーに参加。客のバービア嬢をナンパしてみる

【ぶっかけ飯と散髪】 24日目。 今日も元気に、ブッカオ市場でぶっかけご飯。 40バーツ。

記事を読む

クィッティアオ食堂

プールでまったり/パタヤの屋台メシ相場から物価上昇を考える

K氏がホテルをチェンジ。 全部でパタヤ12泊滞在。 ホテルは二回チェンジして計3つのホテルに泊ま

記事を読む

ドリンキングストリート

久々にドリンキング・ストリートでペイバーしてみた

【SIMON DRINKING STREET】 セカンドロードの北端、ドルフィンサークルの

記事を読む

ウォーキングストリート

ウォーキングストリートへ。バカラとハッピーはやはりレベル高し

沈没生活6日目。 昼間は、友人とコーヒーを飲んだり、それぞれマッサージへ行ったりと、だ

記事を読む

Fちゃん1

もやもやパタヤ。送金拒否とペイバー拒否。

25日目 今回のパタヤ滞在も残すところあと4日。 夜を過ごせるのは3日だけだ。 【元バービ

記事を読む

シューターズ

ラン島へ一緒に行ってくれる子を探せ大作戦(ソイ7編)

K氏は、懇意のバービア嬢を呼び寄せていた。 以前はパタヤで働いていたが、現在は他の場所でバービア嬢

記事を読む

Iちゃん2

起きがけの一発/バンコクより友人来たる

【朝から一発】 翌朝。 というかすでに昼前。 起きがけに一発。 嫌な顔一つせず応じて

記事を読む

パタヤ看板

パタヤ1ヶ月滞在の生活費と夜遊び代のまとめ。2014年9月から10月編

2014年9月から10月にかけてのパタヤ滞在。 トータル28泊29日のパタヤ沈没生活。

記事を読む

アクションストリート

駐在員のミアノイだった屋台おばさん/バービアでミアノイを探せ

沈没生活16日目 とある屋台のおばさん 昼飯に鶏の唐揚げを購入しようと屋台に近づいた。 すると

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Tom より:

    明日からパタヤに短期滞在です。わくわくしながら読ませてもらってました。
    もしバーでお会いできたらお話ししましょう。

    • pattayan night より:

      Tomさん、コメントありがとうございます。
      今回はお会いできそうにありませんが、次回機会があればバービアでお会いしましょう。
      パタヤの短期滞在楽しんでください。

  2. takataka より:

    はじめまして。日記拝見しました!
    自分も今年五月のクーデターのときに初タイで、バンコク、アユタヤ、パタヤと一週間いったので懐かしい

    旅するっていいですね
    年末にちょこっとでもパタヤいきたいなと思って参考にさせてもらってます笑

    • pattayan night より:

      takatakaさん、コメントありがとうございます。
      クーデーター時に3都市周遊するとは、なかなか豪胆ですね~
      パタヤは楽しいですよ。駄文日記ですが、参考にしてくだされば幸いです。

アドステア

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

pattaya-to-bangkok-10
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

→もっと見る

PAGE TOP ↑