*

久々にドリンキング・ストリートでペイバーしてみた

【SIMON DRINKING STREET】

ドリンキングストリート

セカンドロードの北端、ドルフィンサークルの近く。
バービアが30軒から40軒ほど固まっているバービア群だ。

数あるパタヤのバービア群の中でも、レベルが高いほうだとの評判。
実際、わたしもそう思う。
過去、何度も連れ出した経験がある。
それも十代後半から二十歳くらいの若い子が多かった。
数年前の話だが、一つのバーに十代後半のかわいい子が5人もいて選ぶのに苦労したことすらあった。
まあ、最近はほどほどのレベルに落ち着いてきた印象。
それでも困ったときのドリンキングストリート頼みはいまだ健在かも。

が、ブッカオ近辺を根城にしていると、どうしても足が遠のいてしまう。
レンタルバイクがあれば別だが、ソンテウ利用者にはちょっと不便なのだ。

行きはよい。セカンドロードを走るソンテウなら、ほぼ確実にドルフィンサークルまで行ってくれる。運がよければ、ブッカオからソンテウ一本で行ける。
が、帰りが面倒。
まず、ビーチロード方面へ歩く。そこでソンテウに乗り、ひたすら南下。
ビーチロードで下車して、またも歩き。
まあ、バイタクを使えばいいのだろうけど、もしペイバーしたとなると、二人分だ。意外とバカにならない。ソンテウチャーターなら200バーツくらい取られるし。

そんな感じで足が遠のいていたドリンキングストリートだが、新規開拓のためにも久しぶりにのぞいてみることにした。

 

【二十歳のバービア嬢】

時刻は夜10時ころ。
真ん中の通路を、ビリヤード台を避けながら練り歩く。
たくさん声がかかる。
奥の階段を登って、端のバービアまでチェック。

直感で二人かわいい子がいた。
もう一度、同じ道を戻る。
二人のうち、一人から熱心に声をかけられた。
この子に決まりだ。

イサーン出身、20歳、子どもなし。
パタヤに来て1ヶ月ほど。
イサーンにしては色白。
スタイルは悪くない。胸はほどほど。
顔は、決して美人ではないけれど、そこそこかわいい。

ちょっとだけ日本語が話せる。
いや、話せるというより単語を知っているだけ。
オゲンキデスカ」とか「カンパイ」とか「アリガト」とか「バカ」とか。

まあ、この界隈は日本人もそこそこ遊びに来る。
すぐ近くには「二輪草」とか日本式カラオケ店もあるし。
日本人客用に日本語を覚えようとするバービア嬢も多い。

レディドリンクを奢って、楽しく会話。
基本すべてタイ語。
たまに日本語を教えてあげる。

時刻は12時前。
そろそろペイバーするか否かの決断する時間だな。

ペイバーを切り出す。
ショートタイム? ロングタイム?
と聞かれる。

ショートは好きじゃない。
そもそもバービアでそんな質問されるのも好きじゃない。
バービアはロングでしょう。

ロングなら2000バーツ欲しいそうだ。
まあ、これはオッケー。
もともとドリンキングストリートは若干高めの設定だ。
特に子どものいない20歳前後のバービア嬢なら2000バーツがデフォルト状態。(もちろん中には1500でオッケーの子もいる。)

が、ロングでも朝7時には帰りたいという。
バービアで帰りの時間を気にする子もどうだかなあ。

まあ、そこは交渉してすぐに10時まで一緒にいてオッケーとなった。

さあ、ペイバーすべきかどうか。
しばし思案。

ベッドのサービスはいいだろうか?

うーん、過去の経験上、サービスは今ひとつだろうと思う。
が、目の前にいるバービア嬢の顔と体を見ていると、こいつとヤりたいと本能が告げている。

本能が勝った。
ペイバー。300バーツ。

連れだしてから、はじめて宿泊先を聞かれた。
ソイブッカオ。
ソンテウと歩きでもいい?
と、聞くと問題なし。
ちょっとでも歩くことを嫌がるタイ人が多い中、なかなかいい子かも。
道中もずっと会話が続いた。
やや、楽しいぞ。
意外とアタリかも。

【一発】

ドリンキングストリートバービア嬢

部屋に戻る。
さすがにシャワーは別々だった。

部屋の電気も消さずにバスタオルを脱がす。これは受け入れてくれた。

それなりに胸もある。
若いうえに子どもを産んでいないので、肌はきれいだし弾力もある。
いい体だ。

ディープキスもばっちり応じてくれる。
オムは苦手ながら、ちょっとだけやってくれた。

まあ、特段すぐれたサービスでは決してないけれど、マグロでもない。
ほどほどに満足したブンブンとなった。

終わってからも、しばらく談笑。

【翌朝】

予告どおり10時前に起床。
そのまま一発やろうとしたら拒否された。
眠たいし、喉が痛いと言う。
が~ん。
なんのためのロングなんだ。

が、妙に憎めない表情。
声も起きがけのアンニュイな響き。

くぅ、このオヤジキラーが。

次回は必ず二回以上ブンブンするからな、と言って2000バーツを渡す。
ちょっと高くついてしまった。

ソンテウに乗って、帰っていくバービア嬢。
ソンテウで帰るバービア嬢

うーん、もう一度ペイバーするか微妙。
バービアの場所がもっと近ければいいのに。
そんなことを気にする程度では、本当に好きではないのだろうなあ。

まあ、困ったときのドリンキングストリート頼みってことで、いざとなればまたペイバーすればいいか。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

鐘を鳴らすファラン

バービアでファランがスートゥアオーク(永久ペイバー)

23日目。 昼間からスコール。 降ったり止んだりの繰り返しだ。 出かけるタイミングが難しい

記事を読む

アメジスト

今夜もLKメトロgo-go barめぐり

巨乳好きの友人K氏。 昨晩飲んだバービアの巨乳バービア嬢が気になるとのこと。 昨日は酔いすぎてい

記事を読む

胡蝶蘭バービア

友人二人がパタヤへ/アクションストリートのバービア「胡蝶蘭」

Fに指輪を買ってあげてから数時間後、日本から友人二人がパタヤへやって来た。 滞在予定のホテルま

記事を読む

ウォーキングストリート

街角ハンバーガー屋/バービアとウォーキングストリート

沈没生活18日目。 昼間はカップラーメンをすすって空腹をしのぎ、だらだらと過ごす。 ニッシン

記事を読む

シューターズ

ラン島へ一緒に行ってくれる子を探せ大作戦(ソイ7編)

K氏は、懇意のバービア嬢を呼び寄せていた。 以前はパタヤで働いていたが、現在は他の場所でバービア嬢

記事を読む

バービア嬢P

田舎っ子Pちゃんと夜の稲刈り。二毛作に挑む。

(つづき) 二者択一を迫られ、Pちゃんをペイバーしたのだが、さてどうなることやら。 (今回の

記事を読む

コーン1

やっぱりバービアで飲んだくれパターン。バービアのおつまみを紹介。

【ルーティーン化したパタヤの毎日】 K氏、パタヤ滞在11日経過。 あさっての朝に帰国予定だ。

記事を読む

Iちゃん1

クンチェーナンプラー/久しぶりのペイバーは濃厚なブンブンとなった

【クンチェーナンプラー】 ラン島から戻り、一息ついてから再集合。 みんなで食事。 大好きな

記事を読む

Bちゃん2

想定外のペイバーは大当たり

沈没生活19日目。 朝、食パンとインスタントコーヒ。 昼、バミーナム。 夜、市場のぶっかけ

記事を読む

Fちゃん1

昔知り合った元バービア嬢が田舎から会いに来た/1・2コールの罠

鳴り響くコール音 沈没生活3日目。 泥酔していて眠りこけていると、朝から電話が鳴り響く。 うる

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani night life bars (1)
ウドンタニーで恒例のバービア遊び。でも一番かわいいバービア嬢はペイバー不可で撃沈。

ラオス・イサーン旅行記20 (19「ウドンタニー名物料理のカイガタは

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑