*

起きがけの一発/バンコクより友人来たる

【朝から一発】

Iちゃん2

翌朝。
というかすでに昼前。
起きがけに一発。
嫌な顔一つせず応じてくれるIちゃん。
しかも、朝から感度がいい。
しっかりと濡れている。
アタリを引いたな、これは。
子持ちじゃなかったら、もっといいのに。

その後、食堂で朝食兼昼食を一緒に食べる。

パットママームー(インスタント麺を使った豚焼きそば)とカオマンガイ。合わせて85バーツ。

パットママームーとカオマンガイ

ここで、Iちゃんとはバイバイ。
夜、またバービアでの再会を約束。
笑顔が素敵だ。
いい子だなあ。

 

【Yくん、帰国】

その頃、Yくんは帰国の途についていた。
話を聞いたところ、ようやく最後の夜に一発だけやったらしい。
あれだけべったりしていたし、マッサージもうまいそうなので、さぞベッドでのサービスもすごいんだろうと大いに期待。
実際、マッサージは最高だったらしい。
で、いざ、となったら、これが最高の冷凍マグロだったというオチ。
まあ、そんなものだよね。
パタヤへ来てまだ一週間だし。

今回、Yくんは6泊の滞在で総額20万円ほど使ったらしい。飛行機代は別。
飛行機代ホテル代すべて込みのわたしの1ヶ月滞在の総予算より多い。
ゴーゴーバー通いが好きだから、どうしてもこれくらいは使ってしまうようだ。
それも派手に遊ぶのが楽しいらしい。
若いのに豪快だ。
すばらしい。
けちくさい貧乏滞在者には到底真似のできない遊び方。
これもアリだと思う。
楽しみ方なんて人それぞれだ。
パタヤはどんな遊び方も受け入れてくれる懐の深い町。
自分の好きなように遊べばいいのだ。

 

いつもは他の日本人と遊びに来ることが多いYくん。
食べに行くのは、日本食とか普通の洋食レストランばかり。
でも今回はパタヤ大ベテランのK氏とわたしが同行していたので、食べに行くのはローカルタイ料理屋やイサーン料理屋が中心となった。
オーダーした料理数も多かった。
これだけがっつりとタイ料理を食べたのは初めてだったらしい。
いい経験ができたと喜んでくれた。
次回は、クンチェーナンプラーも食べましょう。
アヒルのくちばしとか、カエルの唐揚げとか、バッタの素揚げとか、他にも珍味がたくさんあるよ。
イサーン料理を食べられるようになれば、女の子の受けもよくなるしね。

夕食

 

【バンコク在住の友人来たる】

さて、Yくんと入れ替わるようにして、バンコクから友人がやって来た。
もともとはK氏がパタヤで知り合った人。
バンコク在住10年、タイ語ペラペラの筋金入りタイ好き。
今でもたまに週末にひょこっとパタヤへ遊びに来ることがあるようだ。
今回はK氏に誘われ、パタヤへやって来た。

タイ語が堪能だけあって、タイの表と裏を知り尽くしている感のある氏。
一緒にいてこんなに心強い人はいない。

少し前に一人でパタヤへ遊びに来たそうだが、その時、泥酔した状態で通りかかったバービアでペイバー。
一発やったが、泥酔していたので、まったく相手の顔を覚えていないという。

ま、タイ語ができようができまいが、このあたりはみんな同じ。
酒飲みの女好きなんてそんなもんだ。

が、電話番号は聞いていたので、さっそく呼び寄せていた。
顔を見たら思い出したそうだ。げんきんなものである。

 

というわけで、計5人で食事。

ここ最近、大人数での食事が続いているので楽しい。
前回のパタヤ沈没時は日本人との交流はほぼゼロ。バービアでちょっと挨拶を交わしたくらい。それも2ヶ月近く滞在して、一人だけ。
日本から友人が遊びに来ることもなかった。
ペイバーした女性がいない限り、つねに一人での食事だった。まあ、バービアに屋台料理も持ち込んでの食事は多いが。

やっぱり食事は大人数だと楽しいね。
いろんな種類のタイ料理も味わえる。
おまけに大先輩K氏に奢ってもらえるし、言うことなし。
貧乏沈没者の頼もしい味方である。
ごちそうさま、K氏。

 

食事後は、バービアへ。
さらに移動して、ビリヤード大会。
深夜1時ころまで遊んで、お開き。

 

帰り道、前夜ペイバーしたIのバービアへ寄ってみるもIは不在。
体調が悪くなって、急遽田舎へ帰ったとか何とか。
田舎ってイサーンだよ。
バスで10時間くらいかかるはずなのに、体調が悪いからって帰るかなあ。
こういうケースでは、実際は他の客にペイバーされてしまったのを、ママさんや同僚バービア嬢が状況を取り繕うパターンが多いので、あまり信用できない。

が、翌日、Iより電話がかかってきた。本当に帰省してしまったようだ。
電話口の向こうで、ニワトリの鳴き声がばんばん聞こえていたから、間違いなさそう。
電波状態が悪いのか、通話もよく乱れるし。

ま、いないものはしょうがない。
ママさんが飲んで行けとうるさいが、手を振って店をあとにした。
どうせ、連日のペイバーは無理だし、今夜はおとなしく一人寝。

 

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ガイトートとカオニャオ

バービアで魚の干物とカオニャオをつまみにビールをのむ

沈没生活20日目。 朝10時ころ、Bちゃん帰宅。 もうちょっとゆっくりしていけばいいのに。

記事を読む

名無し食堂最後の晩餐一覧

友人最後の晩餐は、ブッカオ名無し食堂でガイパッポンカリー

K氏、いよいよ明日で帰国。 最後の食事を何にするかとしばし話し合い。 やはり締めはタイ料理でしょ

記事を読む

誕生日パーティ1(6)

ファランの誕生日パーティーに参加。客のバービア嬢をナンパしてみる

【ぶっかけ飯と散髪】 24日目。 今日も元気に、ブッカオ市場でぶっかけご飯。 40バーツ。

記事を読む

Bちゃん2

想定外のペイバーは大当たり

沈没生活19日目。 朝、食パンとインスタントコーヒ。 昼、バミーナム。 夜、市場のぶっかけ

記事を読む

Bちゃん3

パタヤの沙汰もカネしだい/Bを再びペイバー

22日目。 【現ナマを手に入れろ】 今日こそ現金を手に入れるため、昼間から銀行へ。 バンコク銀

記事を読む

バービア嬢P

田舎っ子Pちゃんと夜の稲刈り。二毛作に挑む。

(つづき) 二者択一を迫られ、Pちゃんをペイバーしたのだが、さてどうなることやら。 (今回の

記事を読む

カオムーデーン

やっぱり楽しいバービアめぐり。仲のいいバービア嬢がファランと結婚していた

沈没生活2日目。 Nを帰してから、まったり過ごす。 昨晩は大雨が降っていたが、昼間は晴れ模様

記事を読む

バチェラー

ムーカタとソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり

指輪を買ってあげたFちゃんは、仕事のため田舎へ帰る。 日給200バーツとはいえ、それほど休むわけに

記事を読む

シューターズ

ラン島へ一緒に行ってくれる子を探せ大作戦(ソイ7編)

K氏は、懇意のバービア嬢を呼び寄せていた。 以前はパタヤで働いていたが、現在は他の場所でバービア嬢

記事を読む

パーティ1

バーの誕生日パーティに参加したら、客はマッチョなバイカー軍団ばかりだった。

以前のパタヤ沈没時にパーティで知り合った美人(?)姉妹。 その二人が経営するバー・レストラ

記事を読む

アドステア

アドステア

スクリーンショット_032317_055159_PM
GWにも年末年始にも。サプライス(Surprice)の5000円割引きクーポン配布中。

格安航空券販売のSurprice(サプライス)が、恒例の割引きクー

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

Navin mansion2 (12)
パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。

Book of Philipin pub (2)
おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入

Yak statue
パタヤ復帰後はカラオケ嬢と付かず離れずで。ノーブンブンライフも悪くない。

沈没日記11 (10からの続き) バンコクからパタヤへ シーロム

→もっと見る

PAGE TOP ↑