パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

エッセイ

ゴーゴー嬢のウエストは何センチ?ゴーゴーバーへはメジャーとお菓子を持っていこう

投稿日:

体重とスリーサイズ

タイのゴーゴーバーやバービアでは、女性に体重を聞いてもオッケー。
少々恥ずかしがる人もいるが、ほぼ全員きちんと体重を教えてくれる。
コンビニ前に置かれた体重計で頻繁に測っていて、常日頃から把握している女性が多い。

体重計

聞き方は簡単。
相手のボディを指さしながら、「ギー キロー?」と質問するだけ。

ギー=(数量を質問する時に使う。英語でいうなら、How many。)
キロー=キロのこと。語尾を延ばすと通じやすい。日本語と同じでグラムは省略して大丈夫。

「ミー ギー キロー?」でもいい。「何キロあるの?」となる。

英語で質問するなら、「How many kilogram?」とかテキトウに。
何度も質問していると、おおよそ女性の体重を当てられるようになってくる。

いやあ、タイの女性はフランクだなあ。日本だったら、ぶっとばされるよ。

というような話を得意気に友人に語っていると、その友人はわたしを凌駕していた。

一緒に入ったLKメトロの某ゴーゴーバーで、彼がポケットからおもむろに取り出したものは、メジャー。

服の寸法を測るような、簡易タイプのものだ。

「これでゴーゴー嬢のウエストを測るとウケるんですよ~」

そこまでやるか。

とりあえず、普通にレディドリンクを奢ったゴーゴー嬢から計測開始。

うきゃうきゃ笑いながらも、ちゃんと測らせてくれる。

「いくついくつ?」とゴーゴー嬢は興味津々。

おお、本当にウケてるウケてる。

細く見えても、ウェスト60センチの壁は厚い。
なかなか60以下はいないなあ。

自分のウエストサイズを把握していない女性も多いようで、わたしもわたしも、と周囲のゴーゴー嬢が寄ってきたりする。

腹をへこませて無理やり細く見せようとするのはお約束。

「こら~」と怒りながら、腹と腰をぺしぺし叩いて、元通りにさせよう。

ええい、ついでに胸まで測ってしまえ。

なんだ、80もないじゃないかよ。このノムレックめ。

「カモン、ノムヤーイ」とか言って、胸の大きなダンサーを呼ぶのもおもしろいかも。

「90センチあったら、ドリンクおごると」と伝えれば、巨乳自慢が次から次へとやって来るね、たぶん。

もちろん、どさくさまぎれに胸はがっつりタッチしておこう。

ヒップまで測ればスリーサイズ制覇。

もう合法的にセクハラしまくりだ。
ま、普通にドリンクをおごれば、いくらでも触れるんだけど、どうせなら楽しいほうがいい。

なかなか使える道具だということが実感できた。使えるね、メジャーは。

日本のお菓子

友人は、日本からお菓子も持ち込んでいる。
これは、もうタイ旅行の鉄板土産。

というか、ゴーゴーバーに限らず、東南アジア全体で日本の甘くておいしいお菓子はもてはやされる。
若い女性や子どもが甘いモノに目がないのは万国共通。

おっさんのわたしでも、日本のチョコレートは大好きだ。タイローカルのお菓子は甘すぎるし、アメリカやヨーロッパも同様。もちろん、ゴディバとかリンツとか、そこそこ高級なチョコレートはおいしいけれど、コスパが悪い。その点、日本のチョコは素晴らしい。安くてうまい。スイーツに関しては日本は世界屈指だと思う。

今回友人が持ち込んだ中で、わりと評判が良かったのがこちら。

ブルボンのルマンド

タイでは売ってないのかな。ほどよい甘さとサクサク感が好評でした。

ただ、ルマンドは崩れやすいんで、日本からの持ち込みにはあまり適していない。
慎重に運びましょう。

もし崩れていなければラッキー。口にくわえて、そのままポッキーゲームだ。くだらない遊びだけど、楽しいよ。

一世を風靡した抹茶系チョコは、タイ国内のコンビニで販売されており、日本土産としての効力はかなり薄くなってしまった。
抹茶ポッキーやら、抹茶コロンまで、タイのコンビニでは普通に売っているもんなあ。もちろん単なるおやつとしては喜ばれるけど。

ちなみに、抹茶のことは、単純に「チャーキアオ」と呼ばれることが多い。キアオは緑。すっかりポピュラーになったので、「マッチャ」でも通じるかも。
緑茶と抹茶は区別しないのかな。いや、チャーイープンといえば、緑茶になるのか。まあいいや。

抹茶とエスプレッソと練乳を合わせた、チャーキアオイェンなんてのも、街角のコーヒー屋では販売している。セブンイレブン内のALLカフェでも買えるよ。もちろん砂糖入り。

(セブンのALLcafe。壁のメニュー表にはチャーキアオが載ってあります。)
セブンイレブンALLCAFE

甘いのか苦いのかはっきりしてくれとも思うが、これが意外とおいしい。ま、苦味なんてほとんどなくて、甘いですけどね。

さて、ゴーゴー嬢にお菓子をあげながらも、「食べ過ぎると太るぞ」とからかってやるのも一興。

太い=ウワン
細い=ポム

超初心者レベルですが、最低限この二つのタイ語くらい覚えてきましょう。
腹がぽっこり出ているさまは、プンプーイとかいいますね。これも頻出単語です。

明日また来るから、それまでにダイエットしておけ。マイナス2センチなら、ドリンクを奢ってあげるよ~

別れ際に、そんなコミュニケーションを取るのも楽しいもんです。

別にメジャーでウエストを測ったり、お菓子をばらまいたところで、モテるようになるわけじゃない。
単なるコミュニケーションの手段の一つだ。
あくまでとっかかりにすぎない。

その場が楽しく盛り上がって、次につながればいいのだ。

人それぞれのやり方でコミュニケーションを楽しむのが重要ですね。

メジャーがあれば、ゴーゴー嬢のスリーサイズは、丸わかり。
たぶん、タイでも簡単に買えると思うけど、日本の100円ショップあたりで購入しておきましょう。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新)


-エッセイ
-,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.