*

肉と酒とノースパタヤ夜遊びめぐり

沈没日記47

日本から新たに遊びに来た友人。
暗くなってから合流して、まずは食事とビールでも、と。
LKメトロで待ち合わせ。

肉とビール

まずは、イサーン屋台でナムトックムーを仕入れる。

ソイダイアナイサーン屋台

場所は、ニコムコート前。ケバブやオージーバーガーの屋台が並んでいる一角にある。
ここのイサーン屋台は、どれでもおいしいんでおすすめ。

ナムトックムーもおいしいです。といいつつ、写真は撮り忘れたけど。

あとは、焼き鳥少々とホルモン焼きを仕入れておく。
カオニャオも忘れずに。

ブッカオのてきとうなバービアに入る。

久々の再会に乾杯。

ホルモン焼肉とビール

ビールと肉祭りじゃあ~

むしゃむしゃと肉をむさぼり食うおっさん二人。
たまにバービア嬢が話しかけてくるが、基本、肉優先。

肉欲は後回しで。

20歳くらいの肉付きのいい新人バービア嬢もいたが、こっちもスルーで。
あと10キロくらい肉を削ぎ落としてくれたら、ペイバー候補なのだが。

あらかた肉を片付けてから、今夜の作戦会議。

サードロードのラムーを訪問することになった。

ラムーについては、詳細なレポートを書いたので、こちらを参照に。

ノースパタヤめぐり

ラムーは開店していたが、まだ女性陣が出勤してきていない。
その間に、ノースパタヤで遊ぶことにした。

ドリンキングストリート

ドリンキングストリート

まずはドリンキングストリートへ。

時刻は8時半過ぎ。
客足はまだ鈍い。

バービア群の脇道にもバービアがちらほらと並んでいる。
シーシャの吸引具が見えるなあ。

ただ、アラブ系客は多くない。
時間が遅くなれば、増えそうな気がする。

肝心のバービア嬢だが、先日訪れた時よりレベルが上がっているかも。セカンドロード近くのバービアに何人か選べそうなバービア嬢を見つけた。
というか、ペイバー目的で遊ぶなら、夜8時前後には顔を出しておくべきなんでしょうね。
友人がいろいろ見て回りたいようなので、次へ向かう。

ソイ3バービア群

ソイ3バービア (2)

ついで、ソイ3バービアへ。
手前中央付近のバービアだけが異常な盛り上がり。
あとは、ぼちぼちかな。
奥のほうは静まり返っていた。
うーん、ざっと見た感じ、選べそうなバービア嬢はいなかった。
まあ、これもタイミングの問題。

マッサージ屋

ソイ3にバイクを置いて、ソイ6まで歩いて移動することにした。

途中にあるバービアやマッサージ屋はくまなくチェックだ。

アトランティックバービアの階段を登り、奥にあるバービアまで見逃さないようにする。
セカンドロード沿いにある小さなバービア群もくまなく観察。
バイクで走っているだけだと、ついスルーしてしまいがち。
じっくり探すときは徒歩に限る。

おっと、マッサージ屋に美人を発見。
店頭で立ち話。
年齢は21歳。やや長身ながらもスレンダー体型。
これはいい。
雰囲気的にスペシャルは微妙な感じだが、たぶん、誘えばいけそうな気もする。
とりあえず、明日の出勤時間を確認してバイバイ。

ノースパタヤのソイ3からソイ5あたりにたくさん並んでいるマッサージ屋はレベルが高い。
ゴーゴーバーでも余裕で通用しそうなレベルのマッサージ嬢がちらほらと。
もちろん、ふくよかなオバサンや男にしか見えないレディボーイもいるけどね。

こういったマッサージ屋でもペイバー可能である。
バーではないけど、ペイバー(Pay Bar)と呼んでいる。
バーファイン(Bar Fine=バーに払う罰金)は、400バーツとか500バーツくらい。
あとは、本人との交渉となる。ブンブン不可の場合もあるし、朝までずっぽりオッケーなこともある。
チップはバービアよりは少し高めかな。ショート1500、ロング2500か3000ほどが言い値。交渉次第なんで、お好きなように。

ソイ6

ソイ6

ノースパタヤ夜回りコースの最後は、ソイ6へ。

意外とレベルが上がっている。
ざっと歩いてチェックしただけでも、数人は簡単に選べる。
いや、これだけのバーと女性がいて数人かよ、とツッコミが入りそうだが、ダメな時はまったくゼロなんてこともあるもんで。
ほんと、タイミング次第だなあ、ソイ6にしても、バービアにしても。

一人のソイ6嬢に声をかけられた。
わたしのことを知っているという。

20代なかばくらいで、そこそこかわいいかな。

でも、すいません、覚えてません。

話を聞いて思い出した。

とあるレディボーイ専門バービアでキャッシャーとして働いていた女性だ。
そのバービアで唯一の本物の女性だった。

おお、キャッシャーをやめて、ソイ6に転職したのか。

たまに、ゴーゴーバーからソイ6へ転職する女性もいる。もちろん、その逆もあって、ソイ6からゴーゴーバーへステップアップ(?)するケースもあり。
まあ、事情はいろいろですな。
あえて、ソイ6で働き、一日何回転もさせれば、ゴーゴーバーより稼げることもあるんで。

元キャッシャーに値段を聞いてみた。
やっぱり、言い値はショート1000バーツ
部屋代は300バーツ。

他の日本人受けしそうなソイ6嬢にも質問してみると、答えは一律で1000バーツ
たまに1500Bと言ってくる嬢もいるようだが、普通は1000バーツです。
うまく交渉すると、部屋代300とチップ700バーツの合計1000バーツでいけることもある。
最近はかなり厳しくなってきたけどね。

 

ソイ6のビーチ近くにある新しいコヨーテクラブにも立ち寄ってみた。
たしか名前は「DOLLS ドールズ」。
ガラス張りになっており、店内のステージが外から見える。
店前でも飲むこともできる。
ちょうどビキニ姿のダンサーとママさんがいたので、軽く話をふってみる。

バーファインは1000バーツ
ショートの言い値は2000バーツ

あれま、コヨーテ系とはいえ、ソイ6とは思えない価格設定。

たぶん、2階にヤリ部屋があるはずなんで、そっちでプレイに至ると安くなるはず。
トータル2000くらいかなあ。詳細不明。
ソイ6の1300バーツより高くなってしまうのはやむを得ないか。
話相手になってくれたダンサーは、20代後半くらいでスタイルはよかった。顔は並。
ソイ6でわざわざコヨーテと遊ぶ必要もないかも。

 

ほとんどソイ6に来たことがないという友人は、意外と選べる嬢がいることに感心していた。
まあ、たまたまですけどね。
でも、こういった即物的な遊ぶはあまり好きではないそうだ。
じっくり話をして、一緒にいる間もまったり過ごしたい派。
風情を大事にしたいとか。
ヤルだけの遊びでカネを使うなら、ゴーゴーバーで狙いをつけた特定の女性にドリンクを奢って狼藉遊びをしたり、パブ系でのんびり飲むのが好きなみたい。

 

そんなわけで、ノースパタヤ散策はここまで。

その後、ラムーへ遊びに行って、この夜は終了。
深夜1時くらいだったかな。

わたしは、最後に一人でなじみのバービアに顔を出してクールダウン。

いやあ、なんか久々にがっつり夜遊びしたような気がする。

肉代とラムー飲み代は、友人がおごってくれた。
ありがたい話です。肉と酒、ごちそうさまでした。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

407バスコラートバスターミナル

パタヤからウドンターニーへ。カラオケ嬢と乗るVIPバスは遠足気分。

沈没日記15 パタヤからウドンターニーへのバス旅行 パタヤ発ウドンターニー行きの407バスの発車

記事を読む

ソイレンキー入り口のケバブ屋台

ダイエットに成功したバービア嬢との再会。タイの女性は体重を簡単に教えてくれるよ。

沈没日記26 昼飯は、ブッカオ常設市場へ。 何を食べようか考えるのが面倒になった時は、とりあ

記事を読む

タイの薬局の目薬と抗生物質

ブンブン禁止令が下る

沈没日記35 朝、目が覚めて、鏡を見てびっくりした。 目が赤く染まっている。 白目の部分に無数

記事を読む

バーベキューホームパーティ (3)

禁酒日には、バービアママさんとファランボスの自宅でホームパティー。あとタンブンデート少々。

沈没日記41 パタヤ沈没日記としては時系列的に後先となるが、特に夜遊びネタでも何でもないんで、

記事を読む

焼酎とキムチとサーモン寿司

クリスマスには焼酎とキムチで宴会を。最後はブンブン。

パタヤ沈没日記6 パタヤで焼酎とキムチを求めて カラオケ嬢のおみやげ希望リストにあったのが、焼酎

記事を読む

シーシャと炭火七輪 (1)

寒いパタヤの夜は、シーシャの七輪で暖を取る

沈没日記27 昨晩の話。 タイから寒波が抜け出さないようで、パタヤの夜は寒いまま。 特に深

記事を読む

ウドンターニーナイトマーケット (1)

ウドンの夜。パタヤへ戻るかカラオケ嬢の実家か?大事なお金の話をしておこう。

沈没日記19 ウドンターニーの夜 日本式ラーメン屋台で腹ごしらえをしてから、ウドン夜遊び開始。

記事を読む

コラートバスターミナル

金の切れ目が縁の切れ目。カラオケ嬢を置き去りにして、われパタヤに帰還せり。

沈没日記20 トップマンションのベッドで泥のように眠りこけていると、LINEの着信音で叩き起こ

記事を読む

サードロードのGホットサウナスパ (1)

昼も夜もノースパタヤ。最後はやっぱり一人寝。

沈没日記8 本日も一人で過ごす。 カラオケ嬢からは、LINEでメッセージが届いていた。

記事を読む

ココナッツジュース

まったく動かないカラオケ嬢と食っちゃ寝生活

沈没日記13 朝起きると、足がつった。激痛でのたうち回ってしまった。 酒の飲み過ぎか、単なる

記事を読む

アドステア

アドステア

Baht bus in soi buakhao (2)
【パタヤのソンテウ2017年】新ルートと新ルール施行。でもほとんど現状維持。

2016年末から2017年初頭にかけて、いろいろと錯綜しているパタ

Walking_street
パタヤで友人たちと合流。初パタヤの初ウォーキングストリート。

沈没日記3 パタヤへ シーロムでタニヤ嬢と一夜の逢瀬を楽しんだあと

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

→もっと見る

PAGE TOP ↑