パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

エッセイ

空港閉鎖の副産物。あなたの職場にもタイ好きがいるかも

投稿日:

flag

スワンナプーム閉鎖で、職場復帰が一週間ほど遅れた。
そのことが職場中に知れ渡っていた。

タイで女遊びをしていたと思われているだろうなあ。
まあ、確かに正解なのだが、どうにもカッコが悪い。

が、逆に思わぬ副産物があった。
タイ夜遊び好きの人から声をかけられたのだ。

訪泰歴20回にも及ぼうかというタイフリークだった。
しかもほとんどパタヤオンリー。
まったく知らなかった。
しかも、その人だけでなく、他にもタイ好きがたくさんいることが発覚。

え? この人も?
なんと、この人まで!?

次々と出てくるは出てくるは、総勢8人ほど。
直属の上司まで仲間だと発覚。

なんてこった!

海外に行っていることすら知らなかった。
みんな、うまく隠しているなあ。

大元をたどっていくと、タイ歴20年以上の大ベテランに行き着いた。
わたしもよく知っている人。
まったく気づかなかった。
その人が、他の同僚を誘ってタイ夜遊びを広めたようだ。

まさに悪の元凶だ。
こんな不良社員いるから、職場の風紀が乱れるのだ。
海外に女を買いに行くだと?
ゴーゴーバーだ、バービアだ、タニアだ、マッサージパーラーだ、何を言っているのだ。
バンコク、チェンマイ、パタヤで遊んでいるだと?
許せん。

そんな楽しいこと、どうして早く教えてくれなかったんだ?
そうすれば、もっと楽に情報収集ができたのに。
どうして仲間に誘ってくれなかったんだ?
おれも仲間に入れてくれ~

そんなわけで、無事に仲間入り。
よりディープで正確な情報を教えてもらえるようになった。

タイミングがあえば一緒に海外へ行った。
特に最初に声をかけてきた人とは、何度なくパタヤへ同行。
パタヤだけでなく、プーケットやマカオでも遊んだ。
タイ夜遊び好きを広めた元凶主には、アンヘレスへ連れて行ってもらった。
別の人からは、タイ南部の遊び方を教えてもらった。
タイ語もいっぱい教えてもらった。

たぶん、海外夜遊びにしてもタイ語にしても、独学でも似たような境地へたどり着いたかもしれないが、仲間がいればやはり心強い。

 

というわけで、あなたは一人じゃない。
ちょっとした規模の職場なら、きっとタイフリークの一人や二人はいるはずだ。
みんな、隠しているだけ。

年に数回、海外旅行をしているという男はかなり怪しい。
黙って数日間の休暇を取っている男も怪しい。
冬場なのに、妙に日焼けして帰ってきたならもっと怪しい。
おみやげにドライフルーツなんて買ってきたら、さらに怪しい。
路地のことを「ソイ」なんて思わず口に出していたら、もう確定だ。

そんな同僚を見かけたら、そっと近づき、
「サバイディーマイ」
とささやいてみよう。
一瞬戸惑ったあと、にこりと微笑んで、「サバイディー」と答えるだろう。
きっと、その人は、あなたの仲間だ。

ちょっとキザな言い回しになったけど、たぶん思った以上にタイ夜遊び好きは多いって話でした。
フィリピン好きも入れたら、もっと数は増えるかも。
まあ、男の欲望なんて、みんな同じだよね。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-エッセイ

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.