*

ソイ6のバー、丸ごと一軒買う値段は? パタヤのバーの値段を聞いてみた

公開日: : 最終更新日:2014/10/28 エッセイ , , ,

soi6

今年一月、友人のアテンドでソイ6に行ったときの話。

とあるバーで、2階に上がった友人がなかなか降りて来ず、ママさんとぐだぐだトークしていた。

インド人がバーにやって来て、一発300バーツでやらせろと交渉してきたので追い返した話とか。

興味本位で、このバーをいくらで買ったのか聞いてみた。
ちなみにオーナーはファラン。
バーの大きさは、カウンター席が10席弱、ソファーが4対ほどと、ソイ6のバーとしては、いたって普通の広さ。2階と3階にはそれぞれ部屋が5つほどあるそうだ。

10年前に購入した時の金額が、700万バーツ
約2100万円なり。
高いのか、安いのか。
ちなみに現在売りに出しているようで、その希望額が450万バーツ
あら、かなり評価額が下がっている。
それなりの築年数があって、かなり老朽化が進んでいるのが原因らしい。
早く売っぱらって、もう引退したいとこぼしていた。
ソイ6のバー経営もいろいろ大変そうだなあ。

 

ついでに、他のバービアなどの値段も調べてみた。

 

rehab

以前、ソイブッカオの南側に「リハブ」というゴーゴーバーというかコヨーテクラブがあった。
あまり人気がなかったのか、あっさり閉店。
新しい借り手を募集していて、月貸しで一ヶ月20万バーツ
月々60万円か。
まあ安いような気もするが、場所が場所だけに借り手が現れず、結局、店をぶち壊してバービアになってしまった。

ちなみに、ここはブルーラートゥリーという2階建てのバービア群になっているが、2階部分は全滅状態。1階の奥も空きが多い。
1階部分のバーのレンタル代は、月々12,000バーツとのこと。入り口に近いバーはもう少し高くなる。
カウンター席のみの小さなバーとはいえ、けっこう安い。
ビリヤード台のレンタルが一月2000バーツだ。
2階部分については聞いていないが、たぶんもっと安いはず。
お手軽にバービア経営したい人はどうぞ。
まあ、家賃が安いとはいえ、そんなに儲かるとは思えないけど。

 

続きまして、ウォーキングストリートのバービアのお値段。
ソイ・ダイヤモンドをセカンドロード側へ抜ける細い道にあるバービア。
3階建ての一軒家だ。

ここはソイ6とは違って、借家。
ソイに面してカウンターが10席と、店内にソファーが3つほど。
あとはビリヤード台とダーツも置いてある。
2階と3階は、従業員用の部屋として使っているそうだ。
で、一軒まるごとの家賃が年間80万バーツ
けっこうなお値段。
ここは全部で18人雇っているとママさんが言っていた。

家賃が年間80万バーツで、そのうえ18人の給料を払うわけか。
バーファインが300バーツで一日10人ほどペイバーされるとして……

うーん、こちらもなかなか経営が大変そうだ。
ちなみにこのママさんは、以前日本に出稼ぎに行って稼いだ金でバービアをはじめたそうだ。
日本へ渡るためのパスポートの話や、マフィアの話などいろいろダークサイドな話が聞けた。

 

最後は、LKメトロ
これはもっと前の話。
以前、ブッカオ沿いに「CLUB BLU」というコヨーテクラブがあった。
やんごとなき事情により閉店。

ここの2階より上はゲストハウスになっている。
店とゲストハウスすべて込みの値段を聞いたのだが、細かい数字を忘れてしまった。
たしか、800万バーツくらいだったような。いや、もっと高かったかな。

結局、買い手が現れて、「FUN HOUSE」へ。
が、これもなぜか閉店した。
現在、売却希望中。

 

ちなみにウォーキングにあるような大型ゴーゴーバーの値段はわかりません。
おそらく数千万バーツかな。
貧乏人のわたしにはまったく用のない話でございます。

 

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ラン島 (10)

ラン島などパタヤで昼間の観光に付き合ってもらった場合のチップは?

バービア嬢、ゴーゴー嬢、その他、いわゆる夜の女性たち。 彼女たちと仲良くなり、昼間の観

記事を読む

nongkhai-mekong-riverside-8

イサーンで聞くボーボーニヤンニヤンに萌える。タイ語とイサーン語とラオス語。

イサーンとラオスは元々同じ文化圏。 使われている言語も当然似ている。 政治的歴史的変遷もあり

記事を読む

謎のオブジェ

タイ夜遊び旅行を楽しむには、テキトーさと笑い飛ばす力があればいい

タイにかぎらず、東南アジアやインドなどを旅行していると、どうしてもイライラしてしまうような事

記事を読む

ウォーキングストリート2015年5月

ヒモ男はつらいよ 深夜のウォーキングストリート純情篇

先のパタヤ滞在中の話。 仕事終わりのコヨーテ嬢を店まで迎えに行ったことが一度だけある。

記事を読む

71L9vGSAY6L._SL1081_

レディボーイが女を捨てて、男に戻り、女を愛する時

知り合いのレディボーイが男になった。 いや、元々男だ。 男に戻ったというべきだろう。

記事を読む

facebook

FACEBOOKにご用心。ファランから恫喝メールが届くかも。

フェイスブックに登録して、タイの女性たちとやり取りしている人も多いことでしょう。 タイ女性

記事を読む

ドリンキングストリートバービア群

日本人彼氏がいるバービア嬢へのインタビュー。彼女の秘密を知るべきか知らざるべきか。

ふらりと入ったパタヤのバービアでの話である。 酒とビリヤードと70年代ロックに酔いしれるファランた

記事を読む

パタヤ新年LKメトロ花火

次回のパタヤ沈没決定。年末年始はパタヤで年越し(予定)。

年末年始はパタヤ最大のハイシーズン。 3年前にパタヤで年越しをしたことがあるが、とにかくすごい人出

記事を読む

パタヤヒルプラタムナックの秘密のハッテン場 (2)

パタヤヒルにある秘密のハッテン場で貞操の危機に陥った話

先日、パタヤヒル(プラタムナック)地区を散策した時のこと。 日中だけ入ることができる公園がある

記事を読む

スーパーガール2

スーパーガール閉店(?)について思うこと

ここ最近、珍しくウォーキングストリートへ顔を出す機会が多い。 すると、夜だというのに、ソイ

記事を読む

アドステア

アドステア

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

Asoke noodle soup (4)
手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見

→もっと見る

PAGE TOP ↑