*

昨晩のソイ6バービア通りの様子。寒空だけに盛り上がりも寒かった。

公開日: : 夜遊び情報

ソイ6

パタヤビーチロード・ソイ6といえば、パタヤ屈指のバービア通り。
バービアでもあるが、実質的にはショートタイム利用の置屋といったほうがいいかもしれない。
気に入った子がいれば、バーの2階のやり部屋に上がってプレイするスタイル。
実にお手軽。

昨日(1月24日)の夜11時ころ、ソイ6を訪れてみた。

夜のソイ6

が、ちょっとびっくりした。

とにかく活気がない。
人通りも少ないし、呼び込みの声もおとなしい。

閉店間際のソイ6といえば、ちょっとした魔境のような猥雑な空気に満ちているものだが、今夜はとても静かだ。

いや、それもそのはず。
寒いのだ。
びっくりするほど肌寒い。
短パン姿でブッカオからバイクを走らせて来たが、セカンドロードを走っているときは、身を切る風がとにかく冷たかった。

寒さには慣れている日本人でも寒く感じるということは、寒さ耐性のないタイ人にはひどくこたえるに違いない。
呼び込み嬢の中には、イスの上で体育座りをして、膝まですっぽり服で包まり、まんまるになって震えている女性もいた。客引きどころではない。
これでは盛り上がりに欠けるのも当然。
客としても、きんきんに冷えたビールやドリンクをたらふく飲む気も起こらない。
まあ、それでもファランはタンクトップと短パン姿、ヘタすると上半身裸で闊歩しているけど。
奴らにはついていけない。

ソイ6に来たら、必ず1往復はする。これはお約束。
何なら2往復はしたいところだ。
ざっとチェックしてみたが、目を引く綺麗どころはやはりレディボーイ。
ややおぼこい顔立ちのソイ6嬢を見かけたが、これといって収穫はなし。
この時間帯ともなると、人気どころは客がついているか、すでにペイバーされているんで、まあこんなもんでしょう。

小腹が空いたので、近所の屋台で焼き鳥を購入。
がんばって客引きをしているバーの店頭で食べることにした。

ソイ6ビール

ソイ6のバーの名前なんてあまり気にしないけど、伝票を見ると、FOXEY BARと書いてある。
でもドアの入り口には、SUZIE WONGと表示してある。
映画「スージー・ウォンの世界」の宣伝ポスターもそのまま貼ってあるなあ。
以前の店名がそのまま残っているだけのようだ。

話相手になってくれたのは、20歳のシーサケット出身。子供なし。ややプンプイながらも可愛らしい顔立ち。ソイ6歴3ヶ月。

この時間のソイ6にしたら、そこそこのレベルじゃないですかね。日本人が好みそうな顔立ちだ。
でも、本人はファランがお好きなようで、若いファランが通りかかると、大喜び。けっして嬌声は上げないけど、ぼそっと「ローマーク(すごくかっこいい)」とつぶやいておりました。

念のため、金額確認。

バーファインが350バーツ。最近、350の店をちらほらと見かける。通常は300のバーが多い。

ショート1000バーツロング2000バーツとのこと。
このあたりがソイ6の標準価格。
言い値なんで、値引き交渉は可能かな。ショート700、ロング1500くらいが狙い目。
本気でペイバーする気がないんで、むりに交渉はしなかったが。

ドリンク代のおつりをトーク代として彼女に進呈しておしまい。
いや、寒いもんで、あまり長居はできないや。

ソイ6で遊びたい人は、まずは夕方5時か6時くらいにのぞいてみたらいいと思う。
昼過ぎからほとんどのバーがオープンしているけど、ラインナップは揃っておらず、肩透かしを食らうことが多い。
人が揃うのは夕方になってから。
ソイ6バーの閉店時間は深夜0時か、せいぜい1時か2時まで。
夜11時ともなると、かなり厳しい状況。
そう考えると、ソイ6のゴールデンタイムは意外と短いかも。
それでも人気嬢は、短い時間の中で何回転もするそうなんで、出会いのタイミングはけっこう運次第。
何度も何度も往復しつつ、これぞという嬢を見つけた時は、即決する決断力も必要かな。

とにかく寒かった昨晩のパタヤソイ6でした。


関連記事

プレイヤーズラウンジ

プレイヤーズラウンジ(PLAYERS LOUNGE)訪問レポート。スートゥアオークが1万バーツ。

PLAYERS LOUNGE ソイブッカオを歩いていると目に入ってくる看板がある。ヤシの木が特徴。

記事を読む

pattaya20161014night-2

昨晩のパタヤ。バービアはほぼすべて通常通り、ゴーゴーバーも一部営業。

昨日10月14日夜のパタヤの様子を、日中編に続いてレポート。 国王死去のニュースが流れた当日は

記事を読む

pattaya-walkingstreet-20161016-2

10月16日深夜のウォーキングストリートではゴーゴーバー営業中。バカラとスーパーガール訪問レポート。

昨日、10月16日は仏教の祝日にあたり、禁酒日となっていた。 服喪期間ということもあり、てっきり、

記事を読む

夜のワットチャイモンコンタンブン (2)

明日は禁酒日(ヴィサカブーチャ)。お相手探しはお早めに。

明日5月20日は、タイの祝日。 ヴィサカブーチャ (仏誕節)と呼ばれる仏教の祝日であり、禁酒日とな

記事を読む

ブリス

BLISS(ブリス)、ウォーキングストリート新規オープンゴーゴーバー訪問レポ

ウォーキングストリートに新しくオープンしたブリス(BLISS)に入ってみた。 場所は、ウォーキング

記事を読む

シルバーウィークのバチェラー (2)

昨晩のソイLKメトロ、バチェラーの様子。LKメトロの相場。

昨日9月22日、夜8時頃から大雨が降り出したが、9時半には止んでいた。 道路の一部で水たまりが

記事を読む

pattaya-20161017-4

パタヤは復活。はたして夜遊びは是か非か?

週明けのパタヤの様子である。 昼間はもうほぼ通常のパタヤと変わらない。 わずかに黒い服を着た

記事を読む

キンナリープレイス (2)

キンナリープレイス(KINNAREE PLACE)訪問レポート。遊び方と行き方も。

パタヤにいくつもあるジェントルマンズクラブ(ジェントルマンラウンジ)の中で最も有名なのが、ここキンナ

記事を読む

ビーナスラウンジ看板

VENUS LOUNGE( ビーナスラウンジ)は、サードロード沿いにあるジェントルマンズクラブ

サードロードをノースパタヤからパタヤカンへ向けて進んでいると、たまたま目に入ったのが、このお店。

記事を読む

taboo-2

昨晩のウォーキングストリート。バカラのオープニングは見逃して、タブーとヘブアボブを訪問。

昨日9月17日、珍しく早い時間帯にウォーキングストリートを訪れてみた。 さすが週末の土曜日。 観

記事を読む

アドステア

Comment

  1. えいじ より:

    こんばんは!
    セカンドロードを背にして左側の店はLBが多いのは本当でしょうか?
    どうしても左側は行きにくいです。
    ファランがLBに帽子を取られて大激怒してました。僕は事前に聞いていたので帽子は被っていきませんでした。やたらガタイが良いLBが中程左路上に数名居るので注意が必要ですね。

    • 千夜一夜 より:

      ソイ6/1側は、レディボーイだらけですよ。もちろん、普通の女性もたくさんいますが、LBには警戒したほうがいいです。
      最近は、海に向かって右側のバーにもLBが潜んでいるので要注意です。

  2. 猫大好きパパ より:

    確かに。。京都の底冷えするこの時期でもポロシャツってwどうなってるんでしょうねぇ。。ファランの体感って。。wグルメレポート見てるとほんと早くパタヤに行きたくなります><あぁ。。どれから食べにいこうかぁw食べに行く店リストでもつくろうかしら。。w引き続きレポート楽しみにしてます^^

    • 千夜一夜 より:

      昨晩のパタヤも冷えていたんですが、上半身裸で歩いているファランがいました。深夜2時で18度くらいでしたかね。
      グルメレポートは記事が増えてきたんで、わかりやすいようにまとめ記事でも作っておこうかと思います。

  3. ヨッシー より:

    昨年、ソイ7でゲットした新人バービア嬢は1ヶ月でバービアを辞めて田舎に帰ってしまいました。 夜の仕事は擦れていない良い子は長続きしませんね・・。
    一日出勤して150バーツ、月に2回だけの休みがもらえて4500バーツだと言ってました。
    つまり、バーファインが無ければやっていけない給料だということですね。

    一日サボったら罰金300バーツ(日給の倍)が
    月給から引かれるようです。
    もちろん、ゴーゴーの10日コヨーテのドリンクノルマ50杯をこなしての1万バーツとは収入の桁が違いますが・・。

    でも、バービアを辞めた嬢は、誘うと田舎からロットゥに8時間も揺られてパタヤにやって来ますので可愛いヤツです。
    往復の交通費1000バーツ取られますけど(笑)

    • 千夜一夜 より:

      バービアの給料は安いですよねえ。それでも、ろくにペイバーされていないのに、自分のバイクを持っているようなバービア嬢もいます。たぶん、太客がいて送金してもらってるんだろうなあ。
      仕事休んだら、バーファイン自己負担になりますよね。
      仕事辞めた嬢を田舎から呼ぶのは、いい方法です。ただし、もし飽きたときに田舎へ追い返すのが忍びないんで、本当にいい子だけにしたほうがいいですね。
      交通費別途支給はお約束ですね。何度も交通費だけを前払いで送金したことがあります。500バーツあれば、イサーンの田舎からでもパタヤに来れますんで。

    • えいじ より:

      そんなに安月給なんですね。
      ゴーゴー嬢も月に2回しか休みないと言ってましたので夜働く人も大変なんですね。

      • 千夜一夜 より:

        基本、休みは月2日ですね。で、休むと罰金、遅刻すると罰金。
        売れっ子ゴーゴー嬢は、給料はアテにしていないみたいです。余裕の重役出勤です。

アドステア

take-away-breakfast-5
TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE

ノヴァエクスプレスホテルパタヤ (4)
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)

《更新情報》 〈リンク切れを修正しました〉 2016年

walking-street-201612
バカラ、ハッピー、ギンザ、パレス、ランウェイなど、パタヤ最新ゴーゴーバー訪問レポート

ここ数日、珍しく熱心にウォーキングストリートへ日参してきた。 いくつ

royal-qd-suite-hotel-8
ソイイエンサバイの格安ホテル、ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)宿泊レポート

Soi Yensabaiとは、パタヤタイにあるソイのこと。セカンド

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

→もっと見る

PAGE TOP ↑