*

昨晩のソイ6バービア通りの様子。寒空だけに盛り上がりも寒かった。

公開日: : 夜遊び情報

ソイ6

パタヤビーチロード・ソイ6といえば、パタヤ屈指のバービア通り。
バービアでもあるが、実質的にはショートタイム利用の置屋といったほうがいいかもしれない。
気に入った子がいれば、バーの2階のやり部屋に上がってプレイするスタイル。
実にお手軽。

昨日(1月24日)の夜11時ころ、ソイ6を訪れてみた。

夜のソイ6

が、ちょっとびっくりした。

とにかく活気がない。
人通りも少ないし、呼び込みの声もおとなしい。

閉店間際のソイ6といえば、ちょっとした魔境のような猥雑な空気に満ちているものだが、今夜はとても静かだ。

いや、それもそのはず。
寒いのだ。
びっくりするほど肌寒い。
短パン姿でブッカオからバイクを走らせて来たが、セカンドロードを走っているときは、身を切る風がとにかく冷たかった。

寒さには慣れている日本人でも寒く感じるということは、寒さ耐性のないタイ人にはひどくこたえるに違いない。
呼び込み嬢の中には、イスの上で体育座りをして、膝まですっぽり服で包まり、まんまるになって震えている女性もいた。客引きどころではない。
これでは盛り上がりに欠けるのも当然。
客としても、きんきんに冷えたビールやドリンクをたらふく飲む気も起こらない。
まあ、それでもファランはタンクトップと短パン姿、ヘタすると上半身裸で闊歩しているけど。
奴らにはついていけない。

ソイ6に来たら、必ず1往復はする。これはお約束。
何なら2往復はしたいところだ。
ざっとチェックしてみたが、目を引く綺麗どころはやはりレディボーイ。
ややおぼこい顔立ちのソイ6嬢を見かけたが、これといって収穫はなし。
この時間帯ともなると、人気どころは客がついているか、すでにペイバーされているんで、まあこんなもんでしょう。

小腹が空いたので、近所の屋台で焼き鳥を購入。
がんばって客引きをしているバーの店頭で食べることにした。

ソイ6ビール

ソイ6のバーの名前なんてあまり気にしないけど、伝票を見ると、FOXEY BARと書いてある。
でもドアの入り口には、SUZIE WONGと表示してある。
映画「スージー・ウォンの世界」の宣伝ポスターもそのまま貼ってあるなあ。
以前の店名がそのまま残っているだけのようだ。

話相手になってくれたのは、20歳のシーサケット出身。子供なし。ややプンプイながらも可愛らしい顔立ち。ソイ6歴3ヶ月。

この時間のソイ6にしたら、そこそこのレベルじゃないですかね。日本人が好みそうな顔立ちだ。
でも、本人はファランがお好きなようで、若いファランが通りかかると、大喜び。けっして嬌声は上げないけど、ぼそっと「ローマーク(すごくかっこいい)」とつぶやいておりました。

念のため、金額確認。

バーファインが350バーツ。最近、350の店をちらほらと見かける。通常は300のバーが多い。

ショート1000バーツロング2000バーツとのこと。
このあたりがソイ6の標準価格。
言い値なんで、値引き交渉は可能かな。ショート700、ロング1500くらいが狙い目。
本気でペイバーする気がないんで、むりに交渉はしなかったが。

ドリンク代のおつりをトーク代として彼女に進呈しておしまい。
いや、寒いもんで、あまり長居はできないや。

ソイ6で遊びたい人は、まずは夕方5時か6時くらいにのぞいてみたらいいと思う。
昼過ぎからほとんどのバーがオープンしているけど、ラインナップは揃っておらず、肩透かしを食らうことが多い。
人が揃うのは夕方になってから。
ソイ6バーの閉店時間は深夜0時か、せいぜい1時か2時まで。
夜11時ともなると、かなり厳しい状況。
そう考えると、ソイ6のゴールデンタイムは意外と短いかも。
それでも人気嬢は、短い時間の中で何回転もするそうなんで、出会いのタイミングはけっこう運次第。
何度も何度も往復しつつ、これぞという嬢を見つけた時は、即決する決断力も必要かな。

とにかく寒かった昨晩のパタヤソイ6でした。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

pheromon-club

ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンしていた。 軽くレポートしてお

記事を読む

ソイ6ワーキングガール (2)

ソイ6の新規オープンゴーゴー「ワーキングガール」訪問レポ&ソイ3、ドリンキングストリートの現状

パタヤ中心部のバービアの現状は昨日のレポートでお伝えした。 そこで、昨晩はノースパタヤ方面へ繰

記事を読む

baccara

パタヤバカラの開店時間は午後7時半。オープニングに乗り遅れるな。

昨日12月28日の時点で、パタヤバカラの開店時間は午後7時半となっている。閉店は午前3時半。

記事を読む

walking-street-midnight-4

深夜のWS。ブリス、マンダリン、グラスハウス、エレクリックブルー、ビーチクラブ、閉店間際のファーレンハイト

クリスマス直前のウォーキングストリート、ゴーゴーバー訪問レポートです。 前回のWS集中レポート

記事を読む

ソイニュープラザバービア群

盆休みのパタヤ・各バービアの現状レポート。日本人が一人でバービアで飲むのは珍しいのか?

お盆休み真っ盛り、日本からの観光客が多く押し寄せていますね、パタヤも。 バーで働くタイ人たちも、日

記事を読む

エリア51 (1)

ソイダイアナにあるコヨーテバー、エリア51(AREA51)訪問レポート

ソイダイアナのブッカオ寄り、LKメトロ入り口の斜め向かいあたりにオープンした新しいバー「エリ

記事を読む

walking-street-raining

土曜深夜大雨のウォーキングストリート。パレスのGREEN PARTYとスイートハーツのRock’n’Roll。

チャン島旅行記の途中ですが、リアルタイムではパタヤ沈没中につき、いろいろとパタヤネタも盛り込んでいき

記事を読む

ビーチクラブ (3)

ビーチクラブ新装開店当日レポ。シャークのダンサーはスパイスクラブへ。

BEACH CLUB 昨晩(4月28日)にウォーキングストリートを訪れてみると、ハッピー前

記事を読む

テーメーカフェ看板

バンコク・テーメーカフェ2016年6月最新訪問レポート。相場と遊び方情報。

バンコクのテーメーカフェ 2016年6月某日、わたしはテーメーカフェの扉を開けた。

記事を読む

パタヤラブサインボード

パタヤ週末短期旅行の夜遊びモデルコースを考える

今日から3連休。 連休にからめてタイ旅行する人も多いんじゃないでしょうか。 わたしも、今では

記事を読む

アドステア

Comment

  1. えいじ より:

    こんばんは!
    セカンドロードを背にして左側の店はLBが多いのは本当でしょうか?
    どうしても左側は行きにくいです。
    ファランがLBに帽子を取られて大激怒してました。僕は事前に聞いていたので帽子は被っていきませんでした。やたらガタイが良いLBが中程左路上に数名居るので注意が必要ですね。

    • 千夜一夜 より:

      ソイ6/1側は、レディボーイだらけですよ。もちろん、普通の女性もたくさんいますが、LBには警戒したほうがいいです。
      最近は、海に向かって右側のバーにもLBが潜んでいるので要注意です。

  2. 猫大好きパパ より:

    確かに。。京都の底冷えするこの時期でもポロシャツってwどうなってるんでしょうねぇ。。ファランの体感って。。wグルメレポート見てるとほんと早くパタヤに行きたくなります><あぁ。。どれから食べにいこうかぁw食べに行く店リストでもつくろうかしら。。w引き続きレポート楽しみにしてます^^

    • 千夜一夜 より:

      昨晩のパタヤも冷えていたんですが、上半身裸で歩いているファランがいました。深夜2時で18度くらいでしたかね。
      グルメレポートは記事が増えてきたんで、わかりやすいようにまとめ記事でも作っておこうかと思います。

  3. ヨッシー より:

    昨年、ソイ7でゲットした新人バービア嬢は1ヶ月でバービアを辞めて田舎に帰ってしまいました。 夜の仕事は擦れていない良い子は長続きしませんね・・。
    一日出勤して150バーツ、月に2回だけの休みがもらえて4500バーツだと言ってました。
    つまり、バーファインが無ければやっていけない給料だということですね。

    一日サボったら罰金300バーツ(日給の倍)が
    月給から引かれるようです。
    もちろん、ゴーゴーの10日コヨーテのドリンクノルマ50杯をこなしての1万バーツとは収入の桁が違いますが・・。

    でも、バービアを辞めた嬢は、誘うと田舎からロットゥに8時間も揺られてパタヤにやって来ますので可愛いヤツです。
    往復の交通費1000バーツ取られますけど(笑)

    • 千夜一夜 より:

      バービアの給料は安いですよねえ。それでも、ろくにペイバーされていないのに、自分のバイクを持っているようなバービア嬢もいます。たぶん、太客がいて送金してもらってるんだろうなあ。
      仕事休んだら、バーファイン自己負担になりますよね。
      仕事辞めた嬢を田舎から呼ぶのは、いい方法です。ただし、もし飽きたときに田舎へ追い返すのが忍びないんで、本当にいい子だけにしたほうがいいですね。
      交通費別途支給はお約束ですね。何度も交通費だけを前払いで送金したことがあります。500バーツあれば、イサーンの田舎からでもパタヤに来れますんで。

    • えいじ より:

      そんなに安月給なんですね。
      ゴーゴー嬢も月に2回しか休みないと言ってましたので夜働く人も大変なんですね。

      • 千夜一夜 より:

        基本、休みは月2日ですね。で、休むと罰金、遅刻すると罰金。
        売れっ子ゴーゴー嬢は、給料はアテにしていないみたいです。余裕の重役出勤です。

アドステア

Walking street 201704 (1)
週末のウォーキングストリート。Dクラブ、パレス、ブリス、最後はルシファーで朝まで。

2日連続してLKメトロとウォーキングストリートのゴーゴーバーをはしごし

Tom yum noodle pattaya tai (5)
ポークリブ満載の無骨な男のトムヤムラーメンふたたび

パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオ屋。 こ

Heaven Gentleman's lounge (1)
ジェントルマンズクラブ Heaven初訪問レポート。ついでにキンナリーも。

ヘブン(Heaven) プラタムナックの丘を越えて、海へと下っていっ

Pintree service apartment pattaya (15)
広くて快適、リビングとキッチン付き、ピンツリー サービス アパートメント (Pintree Service Apartment)宿泊レポート

パタヤタイにあるサービスアパートメント、ピンツリー サービス アパ

Satey sophon market (1)
ソーポン市場のサテがうまい。10本で30バーツ。

以前、沈没日記内で少し紹介したことのあるソーポン市場(Sophon

→もっと見る

PAGE TOP ↑