*

セカンドロードのBOAT(ボート)レストラン。豚かつとカイラン菜のせご飯。

公開日: : グルメレポート


パタヤではそこそこ有名だけど入ったことがない店舗シリーズです。

今回はBOATレストランを訪れてみた。

セカンドロード沿い、東側(ビーチとは反対方向)。向かい側がソイ13/4(ボーイズタウン)入り口付近。
ウォーキングストリートからは徒歩5分弱だろうか。

地図

外観
ボートBOAT外観 (1)
ボートBOAT外観 (2)

元々はパン屋がメインなのか、メニューに書かれた店名はBOAT BAKERYとなっている。1970年創業の老舗のようだ。

ベーカリー
ボートベーカリー

フライドチキンも売っている。値段不明
ボート店内 (2)

何度となく通りかかったことがあるし、噂も聞いているが、一度も入ったことがない。
でも有名店なので、一度くらいは経験しておくべきかなと、昼下がりの青空のもと、ふらっと入ってみた。

SPONSOR LINK

ボートのメニュー

ボートBOATメニュー (4)

何を注文するかはまったく決めていなかった。

店内は広め。テーブルは多い。
ボート店内 (3)

2階もあるらしいが、見ていない。

欧米人旅行者や滞在者が利用者のメインなのかな。客層はほぼファラン、もしくはファランとタイ人の組み合わせ。アジア系旅行者も少々。
こういった店では洋食のほうが無難なのか。
隣のテーブルのファランは、サラダだけ頼んで、ばりばり食べておりました。

アメリカンブレックファストが70バーツ。
午後3時前でも注文している人がいたから、おそらく終日注文可能。
パンと目玉焼きとソーセージの定番セット。ソイ7のセイラーレストランが65バーツだったか、似たような価格帯。
以前よりはもちろん値上がりしているだろうが、それでも立地を考えるとリーズナブルなお値段。

午後3時にABFでもないだろうとパス。

ベーコンエッグチーズバーガーが60バーツ
ボートBOATメニュー (5)

なかなか良心的な値段だ。

ポークチョップ120バーツ
ボートBOATメニュー (2)
パンとサラダとポテトがセットになっているのか。なかなか良さそう。

ステーキは、表に写真が飾ってある。

ボートBOAT外観 (3)

ポークチョップの他に、チキンステーキとフィッシュステーキがあって105バーツ。
食べるとしたらポークチョップかな。
ビーフステーキは取り扱わなくなったみたい。

牛肉スパゲッティは、ちょっと興味があるぞ。ジャンクな香りがぷんぷんする。70バーツ。

ボートBOATメニュー (1)

タイ料理だと、定番のガパオが52バーツ
ボートBOATメニュー (3)

実に細かい値段設定だが、屋台やローカル食堂よりわずかに高い程度。

トンカツとカナーご飯

タイ料理で目に止まったのがこちら。

ボートBOATメニュー (6)

メニュー番号6
Rice with Chinese broccorli & depp fried breaded pork

中国ブロッコリーは、カイラン菜のことだろう。タイ語でカナー。
とすると、これはタイ料理の定番、カナームークロップのことか。
ムークロップは、カリカリに揚げた豚肉のこと。
いや、でもメニューにはパン粉で揚げた豚肉とあるからして、ムークロップではないのか。
メニュー写真を見ても、なんとなくトンカツっぽい。
パン粉付きで揚げたトンカツなら食べてみたい。

まあ、食べればわかるや、と注文。ついでに水もオーダー。
調理スピードは早い。それほど混んでいないこともあるが、ものの5分足らずで運ばれてきた。

ボートのトンカツカナーごはん

うーん、ムークロップではないけど、完全にトンカツでもない。
薄めの肉にまぶしたパン粉の量が少ないんで、油で素揚げたにした感が強くなっている。
まあ日本式トンカツにこだわらなければ、これもトンカツと言えるか。

いやでも味はけっこういける。
普通においしい。
味付け自体は、カナームークロップとほぼ同じだが、やや薄味。
カナーにはナンプラーっぽいソースを、豚肉には甘辛いオレンジ色のソースをかけて食べると、よりおいしくなった。

ボート店内 (1)

量はあまり多くない。
軽く昼飯を食べるにはちょうどいいサイズ。
65バーツ。
水も頼んで合計77バーツ。

ビーチロード沿いの観光客向けレストランに比べると安いってところか。

まとめ

ボートは初心者でも利用しやすいレストランだと思う。
まだローカル食堂や屋台は敷居が高くてちょっとなあ、という人でも気楽に入れます。
それほどタイ料理のバリエーションは多くないが、軽い入門編でどうぞ。
一品しか食べていないけど味はそこそこ良いし、値段もレストランにしては良心的。

ウォーキングストリートからソイ13にかけてのホテルに滞在している人が軽く食事をするには向いています。
慣れてきたら、ローカル食堂や屋台を断然おすすめしますが、まあ、気軽に食べられるレストランですな。
同じくセカンドロードにあるKISSレストランも似たような感じです。
うまいもん食うぞ~と意気込んで訪れるレストランではないというのが率直な感想。

わたしは、たぶん再訪することはないと思うけど、もし機会があるなら、ポークチョップか牛肉スパゲッティを食べてみたい。

SPONSOR LINK

関連記事

THE SWAN Breakfast (10)

カンバーランドソーセージ入りイングリッシュブレックファースト。THE SWAN@ソイヤマト

ソイヤマトとは、ビーチロードのソイ13/1のこと。 ソイの中に「YAMATO」という日

記事を読む

Buakhao paradise pattaya room (8)

Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao Paradiseなる看板が上が

記事を読む

Takoyaki (4)

タイの冷凍たこ焼き。意外とダシがきいていて、しっかりとたこ焼きしている。

わたしは関西出身。 無性にたこ焼きが食べたくなることがある。 それはタイ、パタヤにいても同様

記事を読む

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (9)

食べ放題で139バーツ、ソイボンコットのムーガタ屋

パタヤのムーガタ屋で有名なのはニンジャ。 わたしも過去何度も訪れている。 おおよそ200バー

記事を読む

8番らーめん (9)

タイの8番らーめん実食レポート。ラーメンと餃子のセットが148バーツ。

現在、タイ国内で110店舗を展開中の8番らーめん。 れっきとした日本生まれのラーメ

記事を読む

名無し食堂最後の晩餐一覧

ソイブッカオの名無し食堂のおすすめメニュー紹介

ブッカオの名無し食堂 地図 ブッカオ沿いにあるゴーゴーバー「クラブ・

記事を読む

パットマカロニー (1)

パットマカロニは、タイ版ナポリタンスパゲティ@PSボーリングプラザのフードコート

PSボーリングプラザ セカンドロードとパタヤカン交差点にあるボーリング場ビル。

記事を読む

ソイカオタローの踏切 (2)

パタヤの踏切とソイカオタロー市場の焼き鳥

ソイカオタローの踏み切り スクンビットからパタヤダークサイドのソイカオタロー方面へ進ん

記事を読む

Schnitzel soi newplaza (3)

ソイニュープラザのヴィーナーシュニッツェル屋台は80バーツ。ほぼとんかつだけど、味もボリュームも良し。

ソイニュープラザを通りかかると、見慣れぬ固定屋台を発見した。 こ、これは!? ヴ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. yuu より:

    BOATは朝食がお得だという噂聞いてましたが、色々と多彩なメニューがあるんですね。一度行ってみたくなりました。写真のトンカツはメニューにカナームートートと書いてあります。

    • 千夜一夜 より:

      確かに、ムートートですね。豚肉のフライですんで。素揚げにしてもムートート、パン粉をつけてもムートート。うーん、タイ料理名はアバウトだなあ。
      勝手に豚カツを想像しちゃいます。

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑