*

セカンドロードのBOAT(ボート)レストラン。豚かつとカイラン菜のせご飯。

公開日: : グルメレポート


パタヤではそこそこ有名だけど入ったことがない店舗シリーズです。

今回はBOATレストランを訪れてみた。

セカンドロード沿い、東側(ビーチとは反対方向)。向かい側がソイ13/4(ボーイズタウン)入り口付近。
ウォーキングストリートからは徒歩5分弱だろうか。

地図

外観
ボートBOAT外観 (1)
ボートBOAT外観 (2)

元々はパン屋がメインなのか、メニューに書かれた店名はBOAT BAKERYとなっている。1970年創業の老舗のようだ。

ベーカリー
ボートベーカリー

フライドチキンも売っている。値段不明
ボート店内 (2)

何度となく通りかかったことがあるし、噂も聞いているが、一度も入ったことがない。
でも有名店なので、一度くらいは経験しておくべきかなと、昼下がりの青空のもと、ふらっと入ってみた。

SPONSOR LINK

ボートのメニュー

ボートBOATメニュー (4)

何を注文するかはまったく決めていなかった。

店内は広め。テーブルは多い。
ボート店内 (3)

2階もあるらしいが、見ていない。

欧米人旅行者や滞在者が利用者のメインなのかな。客層はほぼファラン、もしくはファランとタイ人の組み合わせ。アジア系旅行者も少々。
こういった店では洋食のほうが無難なのか。
隣のテーブルのファランは、サラダだけ頼んで、ばりばり食べておりました。

アメリカンブレックファストが70バーツ。
午後3時前でも注文している人がいたから、おそらく終日注文可能。
パンと目玉焼きとソーセージの定番セット。ソイ7のセイラーレストランが65バーツだったか、似たような価格帯。
以前よりはもちろん値上がりしているだろうが、それでも立地を考えるとリーズナブルなお値段。

午後3時にABFでもないだろうとパス。

ベーコンエッグチーズバーガーが60バーツ
ボートBOATメニュー (5)

なかなか良心的な値段だ。

ポークチョップ120バーツ
ボートBOATメニュー (2)
パンとサラダとポテトがセットになっているのか。なかなか良さそう。

ステーキは、表に写真が飾ってある。

ボートBOAT外観 (3)

ポークチョップの他に、チキンステーキとフィッシュステーキがあって105バーツ。
食べるとしたらポークチョップかな。
ビーフステーキは取り扱わなくなったみたい。

牛肉スパゲッティは、ちょっと興味があるぞ。ジャンクな香りがぷんぷんする。70バーツ。

ボートBOATメニュー (1)

タイ料理だと、定番のガパオが52バーツ
ボートBOATメニュー (3)

実に細かい値段設定だが、屋台やローカル食堂よりわずかに高い程度。

トンカツとカナーご飯

タイ料理で目に止まったのがこちら。

ボートBOATメニュー (6)

メニュー番号6
Rice with Chinese broccorli & depp fried breaded pork

中国ブロッコリーは、カイラン菜のことだろう。タイ語でカナー。
とすると、これはタイ料理の定番、カナームークロップのことか。
ムークロップは、カリカリに揚げた豚肉のこと。
いや、でもメニューにはパン粉で揚げた豚肉とあるからして、ムークロップではないのか。
メニュー写真を見ても、なんとなくトンカツっぽい。
パン粉付きで揚げたトンカツなら食べてみたい。

まあ、食べればわかるや、と注文。ついでに水もオーダー。
調理スピードは早い。それほど混んでいないこともあるが、ものの5分足らずで運ばれてきた。

ボートのトンカツカナーごはん

うーん、ムークロップではないけど、完全にトンカツでもない。
薄めの肉にまぶしたパン粉の量が少ないんで、油で素揚げたにした感が強くなっている。
まあ日本式トンカツにこだわらなければ、これもトンカツと言えるか。

いやでも味はけっこういける。
普通においしい。
味付け自体は、カナームークロップとほぼ同じだが、やや薄味。
カナーにはナンプラーっぽいソースを、豚肉には甘辛いオレンジ色のソースをかけて食べると、よりおいしくなった。

ボート店内 (1)

量はあまり多くない。
軽く昼飯を食べるにはちょうどいいサイズ。
65バーツ。
水も頼んで合計77バーツ。

ビーチロード沿いの観光客向けレストランに比べると安いってところか。

まとめ

ボートは初心者でも利用しやすいレストランだと思う。
まだローカル食堂や屋台は敷居が高くてちょっとなあ、という人でも気楽に入れます。
それほどタイ料理のバリエーションは多くないが、軽い入門編でどうぞ。
一品しか食べていないけど味はそこそこ良いし、値段もレストランにしては良心的。

ウォーキングストリートからソイ13にかけてのホテルに滞在している人が軽く食事をするには向いています。
慣れてきたら、ローカル食堂や屋台を断然おすすめしますが、まあ、気軽に食べられるレストランですな。
同じくセカンドロードにあるKISSレストランも似たような感じです。
うまいもん食うぞ~と意気込んで訪れるレストランではないというのが率直な感想。

わたしは、たぶん再訪することはないと思うけど、もし機会があるなら、ポークチョップか牛肉スパゲッティを食べてみたい。

SPONSOR LINK

関連記事

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

ヤムルークチンつみれサラダ (6)

生乳入り豚つみれサラダ、ヤムルークチン

その屋台は、遠目には、おでんに見えた。 串にささったネタが、ずらりと勢揃い。 ま

記事を読む

10-bahts-fried-chicken-4

ソイブッカオの10バーツ唐揚げ屋台、ガイトートナコンナヨック

恒例のパタヤ10バーツ唐揚げ屋台シリーズ。 これまで何店舗か紹介してきたが、灯台下暗しとでも言

記事を読む

パタヤタイのクィティアオ屋 (6)

パタヤタイ、トゥッコム裏手のクイティアオ屋

今回のパタヤローカルグルメレポートはパタヤタイにあるクィティアオ屋。 ここも読者さんからいただ

記事を読む

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)

タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系のファストフード店。 タイ全土

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)

DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。 DOMICILは、オースト

記事を読む

ヤム屋台 (1)

タイのサラダはヤム。屋台のヤムタレーは具材がよりどりみどり。

タイでは、あまりサラダを食べない。ここでいうサラダとは、日本や欧米で普通に食べられている新鮮な生

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

チャイヤプーン入り口の屋台 (1)

ソイチャイヤプーン入り口の屋台が安くてうまい。鶏の内蔵とタケノコのガパオ、イワシ入りカオパットなど。

タイ・パタヤでの節約生活には欠かせない屋台。 でも、どうせなら安くておいしい屋台で食事したいも

記事を読む

アドステア

Comment

  1. yuu より:

    BOATは朝食がお得だという噂聞いてましたが、色々と多彩なメニューがあるんですね。一度行ってみたくなりました。写真のトンカツはメニューにカナームートートと書いてあります。

    • 千夜一夜 より:

      確かに、ムートートですね。豚肉のフライですんで。素揚げにしてもムートート、パン粉をつけてもムートート。うーん、タイ料理名はアバウトだなあ。
      勝手に豚カツを想像しちゃいます。

アドステア

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

スクリーンショット_032317_055159_PM
GWにも年末年始にも。サプライス(Surprice)の5000円割引きクーポン配布中。

格安航空券販売のSurprice(サプライス)が、恒例の割引きクー

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑