*

大みそかは、カラオケ嬢とヤードーンで宴会。そのまま抱き合って眠る。

パタヤ沈没日記9

沈没日記が少しディレイしていますが、すっ飛ばして、大みそかの様子を書きます。

月よりの使者が訪れていて不機嫌になっているカラオケ嬢だが、大みそかはアパートの住人や近所のバーの人たちと宴会をするから会いに来てほしいとの連絡が入った。

わたしの予定では、なじみのバービアのパーティに参加してから、最後にカラオケ嬢を迎えに行こうかと考えていたが、この調子ではまた拘束されそうな気がする。

ブッカオ市場でお買い物

夜7時頃に合流を果たして、まず連れて行かれたのがブッカオの常設市場。
友人たちにコンファーク(プレゼント)を買いたいという。
支払いはもちろんわたしだ。いやいや、プレゼントなんて自腹で払わないと意味ないだろ。

ブッカオ市場 (1)

カバンや置き時計やらを買わされました。

年明け早々にイサーンの実家へ帰郷予定なので、家族へのコンファークもほしいとおねだりするカラオケ嬢。

弟向けにニセのGショックなんかも買わされました。

さらにはカラオケ嬢へのプレゼントでピアスなども購入。

ブッカオ市場 (2)

トータル1000バーツほどの出費。
うーん、つらい。

カウントダウン宴会

その後、アパートへ移動して、ゆるやかに宴会開始。

ローカルなタイ人にとっては、大みそかはそれほど重要なイベントではない、と思う。
欧米人向けのスポットや、タイの若者が集まるスポットでは盛大に催し物が開かれているが、ローカルエリアだとたんたんといつものような酒盛りをするだけだ。

食事は、食堂のおばさんがカノムジンを用意してくれていた。

カノムジン

軽く腹ごしらえ。

あと、近所のバーでは、豚の丸焼きを提供。

豚の丸焼き

おすそ分けしてもらい、がっつり食べる。
これがうまいんだよねえ。

豚の丸焼き皿

あと、作りおきのマッサマンカレーも登場。チキンとじゃがいもうまし。

マッサマンカレー

というわけで食事代はタダとなった。

酒はビールが基本だが、タイ人の飛び道具が登場。

ヤードーン
ヤードーン

薬膳酒のようなもので、滋養強壮にいいらしいが、強烈な味とアルコールである。

1本120バーツという激安プライス。
電話一本でデリバリーしてくれる。

ヤードーンをショットグラスに注いで、みんなで順番にあおっていく。
これがタイ人スタイル。

たまに、アパート関係者の女性と懇意にしているファランが宴会に参加しにくる。
もちろん、容赦なくヤードーンの洗礼を浴びせるのだ。
白い顔を真っ赤に上気させるファランがおもしろい。

すっかり酔いのまわったカラオケ嬢は上機嫌。
わたしにディープなキスをしてから、「ハッピーニューイヤー」と告げて、むりやりヤードーンを飲ませてくる。
うれしいけど、やめてくれ~

ビールとヤードーンをしこたま飲んだが、酒代はせいぜい600バーツほどで済んだ。
ローカル宴会は安上がりでいいよね。

 

おっと、いつの間にか、深夜0時。
すでにあちこちで花火が上がっているが、よりいっそう激しくなってきた。
爆竹の破裂音も聞こえてくる。

カラオケ嬢は面倒臭がって、花火も爆竹も興味がないようなので、わたし一人で宴会を抜け出し、ソイLKメトロ周辺まで出かけてみた。

LKメトロは意外と混雑していないなあ。

大みそかのLKメトロ2

ZEROの前あたりで、爆竹炸裂。

大みそかのLKメトロ

ソイハニーインの中ではもっと爆竹が派手に炸裂している。

あたり一面、煙だらけ。
ちょっとした災害現場だ。

大みそかソイブッカオ

ビーチロードやソイ7、ウォーキングストリートはさぞおそろしいことになっているだろうなあ。
できれば、もっとちゃんと花火が見たかった。

 

というわけで、意外とあっさりと宴会は終了。深夜1時頃だった。

一緒に部屋へ戻ると、カラオケ嬢は「プアットフア(頭が痛い)」と言いながら、ベッドに倒れ込む。
もうそろそろ月光仮面が帰る頃だから、ニューイヤーブンブンしたいところだが、これでは無理だ。
第一、わたしもヤードーンのせいで、かなり酔っ払っている。

頭が痛いと泣いている彼女を抱きしめながら就寝。
ああ、結局、バービアのパーティに行けなかったなあ。
スプレーとガディアムとクラッカーで遊びたかったなあ。

まあ、とりあえず、カラオケ嬢と一緒に抱き合って新年を迎えられたから良しとするか。

ちなみに、この後、わたしの体調が急変。
腹がきりきりと痛い。
これは、何か食べ物にあたったやつだ。
過去の経験上間違いない。

幸いにもそれほどひどい痛みではない。
軽い下痢程度。
買い置きしてあった、イモジウムと整腸剤を飲んだら、マシになった。

下痢用薬イモジウム

カノムジンか豚の丸焼きかマッサマンカレーかヤードーンのどれかに当たったことになる。

これを書いている今も、あまり体調がよくない。
新年早々ついてないや。

まあ、楽しくやりましょう。

なにはともあれ、サワディーピーマイ!

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ソイレンキー入り口のケバブ屋台

ダイエットに成功したバービア嬢との再会。タイの女性は体重を簡単に教えてくれるよ。

沈没日記26 昼飯は、ブッカオ常設市場へ。 何を食べようか考えるのが面倒になった時は、とりあ

記事を読む

ブッカオ常設市場のパッタイ屋のタレートート (1)

フリーになった初日は、気ままな食めぐりとバービアめぐり。食費と飲み代で1日240バーツ。

沈没日記21 というわけで、イサーン・ビエンチャン編はあえなく終了。 ここからは、通常のパタ

記事を読む

23歳ゴーゴー嬢

深夜のパタヤを徘徊~酔っぱらいゴーゴー嬢にレインメーカー

沈没日記54 バンコクでの集団観光デートを終えて、パタヤへ帰還した。 宿に戻って、シャワーを

記事を読む

500バーツガラケー

500バーツガラケーを持つ19歳新人バービア嬢とのやり取り。軽いバービアタイ語入門付き。

沈没日記28 ぶらぶらと深夜のブッカオを歩いていると、見慣れぬバービア嬢がいた。 そ

記事を読む

ドリンキングストリート (1)

ノースパタヤのバービア、ドリンキングストリートとソイ3のバービア群の現状リポート

ノースパタヤ地区の大きなバービア群といえば、二つある。 一つは、有名なドリンキングストリート。

記事を読む

ソイ7ホテルアイチェックイン (1)

ソイ7の新しいホテルiCheck innと、バービアめぐり

沈没日記22 ノースパタヤ散策 昼過ぎから、セカンドロードをノースパタヤ方面へバイクを走らせる。

記事を読む

ナナプラザ入り口

ソイカウボーイ、テーメーカフェ、ナナプラザ、路上バービア、立ちんぼ。バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットを駆け足で遊び倒す。

いざバンコクナイトライフ開始である。 時刻は深夜0時をまわったところ。 主な遊び場が閉店する

記事を読む

ソイLKメトロのダイアナ側入り口前バミー屋台

18歳新人バービア嬢と31歳スレンダーバービア嬢。しめはLKメトロラーメン。

沈没日記40 友人は、全部で11泊ほどの長丁場。 昔は一年に何度も短期滞在でパタヤへ遊びに来

記事を読む

スワンナプーム空港パタヤ行きバス

バービア好き友人が訪パタヤ。バービアめぐりで夜はふける。

沈没日記33 友人がパタヤ入り 本日から、また別の友人二人が日本からパタヤへ遊びに来る。

記事を読む

バービア嬢と花火

カラオケ嬢との同棲生活スタート。バービアでは花火も点火。

パタヤ沈没2日目 カラオケ嬢は、昼過ぎになっても爆睡。 やはり、長時間睡眠がお約束のようだ。

記事を読む

アドステア

アドステア

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

D CLUB (3)
WSの新規開店ゴーゴーバー、D CLUB訪問レポート

ウォーキングストリートに新しいゴーゴーバーができていた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑