*

タイ女性へのお土産は美白クリーム。でも渡す相手は変更した。

公開日: : 最終更新日:2016/10/15 2015年8月~パタヤ沈没日記 , ,

49日目

カラオケ嬢は熟睡。
今日は一段と睡眠時間が長い。
すでにぶっちぎりで連続12時間を経過。

 

もうわかりきっているので、わたしは一人で朝食を済ましてある。

タイ料理惣菜祭りと屋台のケーキ

昼、というかすでに4時前、ようやく昼食へ。
なんという中途半端な時間な昼飯か。

いつものアパート食堂で食事。
わたしはトムヤムクンとご飯。

トムヤムクンその他

あと、カラオケ嬢が屋台からいろいろ買いこんでいた。

おかげでテーブルの上は、惣菜祭りに。

イサーン惣菜

野菜の漬け物(パックドーン)やら豚の揚げ物(ムートート)やらきのこスープ(ゲーンヘット)など。
それにしても、よく食べるなあ、この子。

さらにアパートの住人がいろいろ買っていた。

長豆(いんげん豆)のソムタム。タムトゥア。

ソムタムトゥア

長豆は、トゥアファックヤーオ。
わたしは、この豆の食感が苦手なんで、パス。

とりあえず、わたしは腹が膨れて満足。

カラオケ嬢はまだ物足りないらしい。

お菓子屋台

お菓子屋台でケーキやドーナツを買いこんでいた。支払いはもちろんわたし。
一個10バーツで、合計5個。うち二人はわたしが食べる。

わたしが選んだ2品
タイのお菓子ドーナツとロールケーキ

あとで食べてみた。
どちらも圧倒的に甘い。腹にずっしりとくるヘビーな甘さだ。どちらかというと甘党のわたしも完食できなかった。

ケーキを手に、カラオケ嬢とわたしの部屋に戻る。

あれ? 仕事は?

今日はわたしの部屋でお菓子食べながら、テレビを見ると宣言するカラオケ嬢。
おいおい、いいのかよ。

タイ女性へのお土産は美白フェイスクリームで

わたしは用事があって、知人とLKメトロのバーで一時間ほど過ごす。
部屋に戻ると、すでにケーキ3つは完食されていた。
あれだけ甘いケーキをどんだけ食べるんだよ。
イムイム(満腹満腹)」と言いながら、ベッドに寝っ転がりテレビを見ている。ほんと、太るぞ。

が、そこへカラオケラウンジのママさんから電話がかかってきた。出勤要請だ。
カラオケ嬢は、本気で舌打ちしていた。
キーキアット(面倒くさがり)」と言いながらも、出勤準備。

しぶしぶ化粧をはじめる。
フェイスクリームを持っていないかとの質問された。

女性用のフェイスクリームなんて、男が持ってるわけないだろ。

いや、待てよ。あるぞ。

読者におかれてはもうお忘れかもしれませんが、前回のパタヤ沈没時にずっと一緒だったコヨーテさん。
そのコヨーテさんから、お土産として日本製の美白フェイスクリームを頼まれていた。
送金は無理だとしても、化粧品のお土産くらいは渡そうと思って、日本出国前に購入してあった。
が、その土産を渡すことなく、コヨーテさんとは関係消滅。フェイスクリームはわたしの旅行かばんの中で眠ったままになっていた。

その死蔵品が、ついに活躍する時がやって来た。
旅行かばんからフェイスクリームを取り出し、カラオケ嬢に、ハイどうぞ。

ボム熟睡_016_102515_043327_PM

なぜ男がこんなものを持っているのか、そんな質問をすることなく、素直に開封する彼女。
商品パッケージが日本語だけなんで、いちおう、タイ語やら英語やらを混じえて説明する。

肌が白くなるやつだよ~と。

日本製。美白。クリーム。
もうそれだけでタイ女性にはウケる。コラーゲンも入っていればバッチリだ。
(クリームは、キームに近い発音。コラーゲンではなくて、コラージェンと発音のほどを。)

本当にコラーゲンが効くのかとか、クリームを塗れば美白効果があるのかとか、そんな科学的根拠はこの際おいておいて、とにかくイメージの問題である。
(ま、日本製のそれなりにお値段がする美白クリームはそれなりに効果があるんだろうけど。)

ちなみにわたしが買ったのは、安物です。薬局でせいぜい1500円程度のもの。
彼女には値段はナイショにしておく。

フェイスクリームを塗ってから、お化粧開始。女性の化粧はさっぱりわからないけれど、下地作りには悪くなさそう。ちゃきちゃきと化粧を終えていた。
とりあえず、役に立ったようで良かった。無駄にならずに済んだ。

もちろん、化粧後には「スワイスワイ」とおだてておく。
ご機嫌取りもいいところだが、これくらいはね。

 

またしても、カラオケ嬢はわたしが借りたバイクでご出勤。
バイク置き場までお見送り。
いってらっしゃ~い。
事故には気をつけて、なるべく早く帰ってきてね。

うーん、また前回のような半ヒモ男生活になりつつあるな。
お土産を渡す相手は変わったけど、やってることに変わりはないような。
まあ、いいか。

(つづく)

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

焼き鳥バーベキュー (2)

バービア嬢が部屋に来て一発。あと、18歳新人バービア嬢との出会い。

31日目 パタヤ沈没生活後半戦スタート。 とはいえ、いつもと変わらぬスタイルである。 ブッ

記事を読む

屋台

バービア嬢から21歳カラオケ嬢へ乗り換え。パタヤは無情の世界か。

35日目 夕方、部屋にやって来た27歳バービア嬢を言いくるめて、荷物をすべて持って帰ってもらっ

記事を読む

リビングドール1

タイ初心者を連れて、軽くパタヤ夜遊び案内してみる。ソイハニー、ソイ7、ウォーキングストリート。

2日目 パタヤ二日目の朝。 前日の疲れと酔いで、かなりのグロッキー状態だ。 コヨーテさ

記事を読む

アレカロッジ部屋

ホテルの部屋に居座るタイレディを追い出す方法

あなたは経験がないだろうか、タイ女性名物の居座りを。 はたまた荷物置きを。 居座りは、ペイバ

記事を読む

ウォーキングストリート2015

70歳の友人はパタヤを訪れるのが最高の気分転換

36日目 27歳バービア嬢からの着信音が何度も鳴っている。 でも、ここで出てしまうと、また部

記事を読む

ガイヤーンとカオニャオ

ガイヤーンとガパオムー。体調不良の日はバービアで軽くコーラでも。

11日目 前夜は思わぬ体調不良でダウンした。 今日はビールを抜いて、大人しく過ごそう。 昼

記事を読む

クラブ4

泥酔カラオケ嬢が泣きじゃくる。タイの夜の女性の心の闇は深いのか。

(52日目つづき) 気持ちのよいブンブンを終えて、カラオケ嬢を見送ってから、部屋に戻る。

記事を読む

バービアパーティ

19歳のゴーゴー嬢が部屋に泊まりに来る。ロング代2000バーツなり。

20日目 パーティナイト バービア恒例の出張DJを呼んだパーティ。 最近、あちこちでパーティを

記事を読む

バカラ

バカラで日本と中国韓国を考える。ベイウォークレジデンス。

36日目続き パタヤのバカラ(Baccara) ハイレベルな容姿のダンサーを鑑賞するなら

記事を読む

ぶっかけ飯屋のゲーンキアオワーンとソーセージ

妹にハサミで刺されたバービア嬢が部屋に泊まりに来る

32日目 泊まりに来た27歳バービア嬢は、アパートのトラブルか何かで忙しいらしい。 お昼前に

記事を読む

アドステア

アドステア

Pattaya soi7
スレてない新人バービア嬢を探せ。19歳初日宿無しと遭遇。

沈没日記6 パタヤのバービアめぐりの醍醐味の一つが、田舎から出て

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑