*

クイチャーイは揚げニラ饅頭。他の味もあるよ。タイの変わった屋台お菓子シリーズ。

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 グルメレポート, スイーツ・菓子


少し変わった屋台を発見した。

クイチャーイ屋台(1)

ガラスケース内に、饅頭のようなものが陳列してある。大きな焼売に見えなくもない。
この時は3種類しか見当たらないが、スペースから考えると、他にも種類はあるようだ。

一緒にいたタイ人に聞いてみると、「クイチャーイ」だと言う。クイシャーイとも聞こえる。

クイチャーイ屋台 (4)

よくわからんが、とにかく注文してみる。
3つで30バーツとのことだ。

そのまま食べるかと思いきや、油で揚げはじめる。
煮立った油の中へ、饅頭を投入した。

クイチャーイ屋台 (2)

軽く包丁で切れ目を入れて、出来上がり。

クイチャーイ屋台(3)

ほどよく焦げ目がついて、おいしそうだ。

クイチャーイ (3)

横からも見てみる。

クイチャーイ (1)

野菜らしきものが垣間見えるが、中身はよくわからない。
さらに、切れ目を大きくしてみる。

ご開帳

クイチャーイ (2)

真ん中の揚げ饅頭は、見るからにニラだ。
食べてみると、やっぱりニラだった。いや、それほどニラの臭みはないんで、ニラに似たネギの一種かもしれない。
周囲の皮は、もちもちしており、饅頭のようだ。焼売の皮を分厚くしたような感じにも思える。
トータルでは、やっぱり、ニラ饅頭としか表現できない。揚げてあるので、揚げニラ饅頭か。

これだけで食べても、そこそこおいしい。

でも、タイ人は、付属の真っ黒のタレをつけて食べていた。
このタレが正体不明。
中華っぽい雰囲気なのだが、醤油でもなく黒酢でもなくオイスターソースでもなく、かといって甘いわけでも辛いわけでもない。
なんとも表現しづらい味。
でも、このタレをつけて食べると、たしかに風味は増す。特にニラにはよく合うかな。
タイ人は、べちょべちょになるほどタレに浸していた。

右側の揚げ饅頭の中身は、豚にひき肉と玉ねぎとニンジン。塩コショウで炒めてある。
そのまんま、ひき肉入りオムレツの中身と同じ味。
外側が卵のかわりに、饅頭になっている。いや、これも日本の饅頭生地とは違うし、真ん中のニラ饅頭の生地とも少し異なっている。さらにかりっと揚げてあるんで、ただの饅頭とは、かなり風合いが異なる。
日本で売っているピロシキに近いかも。でも、やっぱりモチモチしているんだけど。
ちょっと不思議な食べ物。
これが、一番好きかも。

左側の揚げ饅頭は、よくわからない。
色からするとかぼちゃだけど、食べてみても、それほどかぼちゃの濃厚な味がしない。
やや甘みがあるんで、芋かもしれないなあ。
この3種類の中では、一番はっきりしない味。
でも一番おやつっぽいかな。

一つ一つがけっこう大きんで、3つを二人で食べると、けっこうお腹がふくれるほどだ。
これで30バーツはお得じゃないでしょうかね。
バンコク出身のタイ人に聞くと、バンコクではよく見かけるそうで、3つで20バーツが一般的とか。

 

クイチャーイを調べてみると、タイ語で「ニラ」のことを指すようだ。
やっぱり、これはニラ饅頭なのね。
でも、ネギもクイチャーイというようで、どうにもはっきりしない。
ひき肉入りのやつも、クイシャーイと呼ぶのかな。
細かい種類の呼び名もわからないまま。
もうあきらめた。

話によると、揚げてない蒸しクイチャーイもあるようで、サイズもいろいろらしい。

街中の屋台で、白い饅頭を見かけたら、クイチャーイとご注文ください。
たぶん、揚げニラ饅頭が食べられます。
夜のパタヤ中心部ではあまりお菓子屋台が出ないんで、ちょっとローカルなエリアの昼間なら出会えるかもね。

SPONSOR LINK

関連記事

カオトムプラジャンバンの魚プラーサワイ (3)

やっぱりいいよね。カオトムプラジャンバンでタイ料理とイサーン料理に舌鼓。

半年に一度、日本からパタヤへ遊びに来る友人がいる。 パタヤ滞在中に必ず食事に行くのが、カオトム

記事を読む

domicil-breakfast-7

オーストリア料理レストラン”DOMICIL”のブレックファースト

ソイ7とソイ8の間のセカンドロード沿いにオーストリア料理レストラン、DOMICILがある。

記事を読む

thai-sweets-pak-mo-5

【タイのスイーツ】カオグリヤップパックモーとサークーサイムー

ちょっとおもしろいタイのスイーツ屋台を見かけたのでご紹介。 なにやら、鍋の蒸気でク

記事を読む

The haven breakfast the works (3)

パタヤ最強かも。THE HAVENのブレックファースト100バーツ。

パタヤのブレックファーストシリーズはまだまだ続く。 いったい、パタヤにはいくつものファラン向け

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

ヤムルークチンつみれサラダ (6)

生乳入り豚つみれサラダ、ヤムルークチン

その屋台は、遠目には、おでんに見えた。 串にささったネタが、ずらりと勢揃い。 ま

記事を読む

ドリーステーキフィッシュステーキ (1)

(閉店)ソイユメの新しいステーキ屋でドリーフィッシュステーキを食べる。79バーツ。

ここしばらくマイブームとなっているパタヤのローカルステーキ屋探し。 いやあ、60バーツほどでス

記事を読む

ムーヤーン (2)

パタヤカンソイ12イサーン屋台のナムトックムー(ムーヤーン)がうまい

パタヤカンのイサーン屋台 パタヤカンのソイ12入り口にイサーン料理屋台がある。

記事を読む

ブッカオ常設市場のケバブ屋 (8)

炙りチーズ入りのケバブがうまいドネルケバブ屋@ブッカオ常設市場

ブッカオ常設市場といえば、ぶっかけ飯とローカル屋台がメイン。 洋食系はスルーしてい

記事を読む

moo-pin-3

夜間営業のムーピン屋台@ソイチャイヤプーン入り口

ムーピンとは、タレに漬けた豚肉を串焼きにしたもの。 甘辛いタレと柔らかい豚肉の相性

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑