*

クイチャーイは揚げニラ饅頭。他の味もあるよ。タイの変わった屋台お菓子シリーズ。

公開日: : グルメレポート


少し変わった屋台を発見した。

クイチャーイ屋台(1)

ガラスケース内に、饅頭のようなものが陳列してある。大きな焼売に見えなくもない。
この時は3種類しか見当たらないが、スペースから考えると、他にも種類はあるようだ。

一緒にいたタイ人に聞いてみると、「クイチャーイ」だと言う。クイシャーイとも聞こえる。

クイチャーイ屋台 (4)

よくわからんが、とにかく注文してみる。
3つで30バーツとのことだ。

そのまま食べるかと思いきや、油で揚げはじめる。
煮立った油の中へ、饅頭を投入した。

クイチャーイ屋台 (2)

軽く包丁で切れ目を入れて、出来上がり。

クイチャーイ屋台(3)

ほどよく焦げ目がついて、おいしそうだ。

クイチャーイ (3)

横からも見てみる。

クイチャーイ (1)

野菜らしきものが垣間見えるが、中身はよくわからない。
さらに、切れ目を大きくしてみる。

ご開帳

クイチャーイ (2)

真ん中の揚げ饅頭は、見るからにニラだ。
食べてみると、やっぱりニラだった。いや、それほどニラの臭みはないんで、ニラに似たネギの一種かもしれない。
周囲の皮は、もちもちしており、饅頭のようだ。焼売の皮を分厚くしたような感じにも思える。
トータルでは、やっぱり、ニラ饅頭としか表現できない。揚げてあるので、揚げニラ饅頭か。

これだけで食べても、そこそこおいしい。

でも、タイ人は、付属の真っ黒のタレをつけて食べていた。
このタレが正体不明。
中華っぽい雰囲気なのだが、醤油でもなく黒酢でもなくオイスターソースでもなく、かといって甘いわけでも辛いわけでもない。
なんとも表現しづらい味。
でも、このタレをつけて食べると、たしかに風味は増す。特にニラにはよく合うかな。
タイ人は、べちょべちょになるほどタレに浸していた。

右側の揚げ饅頭の中身は、豚にひき肉と玉ねぎとニンジン。塩コショウで炒めてある。
そのまんま、ひき肉入りオムレツの中身と同じ味。
外側が卵のかわりに、饅頭になっている。いや、これも日本の饅頭生地とは違うし、真ん中のニラ饅頭の生地とも少し異なっている。さらにかりっと揚げてあるんで、ただの饅頭とは、かなり風合いが異なる。
日本で売っているピロシキに近いかも。でも、やっぱりモチモチしているんだけど。
ちょっと不思議な食べ物。
これが、一番好きかも。

左側の揚げ饅頭は、よくわからない。
色からするとかぼちゃだけど、食べてみても、それほどかぼちゃの濃厚な味がしない。
やや甘みがあるんで、芋かもしれないなあ。
この3種類の中では、一番はっきりしない味。
でも一番おやつっぽいかな。

一つ一つがけっこう大きんで、3つを二人で食べると、けっこうお腹がふくれるほどだ。
これで30バーツはお得じゃないでしょうかね。
バンコク出身のタイ人に聞くと、バンコクではよく見かけるそうで、3つで20バーツが一般的とか。

 

クイチャーイを調べてみると、タイ語で「ニラ」のことを指すようだ。
やっぱり、これはニラ饅頭なのね。
でも、ネギもクイチャーイというようで、どうにもはっきりしない。
ひき肉入りのやつも、クイシャーイと呼ぶのかな。
細かい種類の呼び名もわからないまま。
もうあきらめた。

話によると、揚げてない蒸しクイチャーイもあるようで、サイズもいろいろらしい。

街中の屋台で、白い饅頭を見かけたら、クイチャーイとご注文ください。
たぶん、揚げニラ饅頭が食べられます。
夜のパタヤ中心部ではあまりお菓子屋台が出ないんで、ちょっとローカルなエリアの昼間なら出会えるかもね。

SPONSOR LINK

関連記事

hopfビール (1)

HOPF。パタヤで自家製ビールがうまいビアレストラン。ピザとソーセージもおすすめ。

エアコンの効いた店内で、生バンドの演奏がありつつ、おいしい酒と料理が楽しめる店を紹介してくれと、

記事を読む

ベイクンブルーテラス席 (1)

ソイエキサイトのBake n’ Brew。テラス席が気持ちいいカフェベーカリー。

以前から気になっていたカフェがある。 Bake n' Brew おそらく2015年く

記事を読む

ムーヤーン (2)

パタヤカンソイ12イサーン屋台のナムトックムー(ムーヤーン)がうまい

パタヤカンのイサーン屋台 パタヤカンのソイ12入り口にイサーン料理屋台がある。 昔、この近所

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

暑季まっさかりのタイ王国。 パタヤももちろん暑い。 とにかく暑い。ひたすら暑い。 日中は拷

記事を読む

pattaya-3rd-road-restaurant-omelet-2

サードロードのタイ飯食堂は、上品な味付けでおすすめ。ガパオがうまい。

ふと立ち寄ったサードロードの食堂。 ローカル食堂なんだろうけど、雰囲気は明るくて、どこかおしゃ

記事を読む

アンヘレスウォークアバウトホテル前ホットドッグ屋 (2)

【アンヘレスのグルメ】ウォークアバウトホテル前のホットドッグ&ハンバーガー屋

軽い朝食を求めて、ウォーキングストリート内をうろうろして見つけたのが、この屋台。

記事を読む

セイラーレストランのブレックファースト (4)

【パタヤのファランな朝食】セイラーバーレストランのアメリカンブレックファーストは70バーツへプチ値上がりしたけど、満足度は高し

ビーチロードのソイ8のビーチ近くにある老舗のバー&レストラン、SAILOR(セイラー)。 ステ

記事を読む

ソイボンコットのコームーステーキ (1)

ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。

以前取り上げた、ソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 値段のわりにボリュームもあ

記事を読む

walkingstreet-soi15-food-5

【悲報】ウォーキングストリートソイ15の屋台群が撤去される。あのカオマンガイ屋はいずこへ?

ウォーキングストリートのソイ15は、物価の高いエリアにあって格安で提供してくれる屋台がいくつも並

記事を読む

ジョーク屋台 (3)

飲み疲れの夜と二日酔いの朝には、ジョークを食べよう。タイのおかゆ。

酒や油っこい料理で疲弊した胃袋にやさしいものといえば、おかゆ。 タイ料理なら、ジョークである。

記事を読む

アドステア

アドステア

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

airport-ais-shop
【タイのスマホ】同じ携帯電話番号を維持しつつ、タイ到着と同時にネットを使う方法。AIS・12CALL、TRUE、DTAC。

タイ訪問時に毎回空港でSIMカードを求めて並んでませんか?

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

→もっと見る

PAGE TOP ↑