*

クイチャーイは揚げニラ饅頭。他の味もあるよ。タイの変わった屋台お菓子シリーズ。

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 グルメレポート, スイーツ・菓子


少し変わった屋台を発見した。

クイチャーイ屋台(1)

ガラスケース内に、饅頭のようなものが陳列してある。大きな焼売に見えなくもない。
この時は3種類しか見当たらないが、スペースから考えると、他にも種類はあるようだ。

一緒にいたタイ人に聞いてみると、「クイチャーイ」だと言う。クイシャーイとも聞こえる。

クイチャーイ屋台 (4)

よくわからんが、とにかく注文してみる。
3つで30バーツとのことだ。

そのまま食べるかと思いきや、油で揚げはじめる。
煮立った油の中へ、饅頭を投入した。

クイチャーイ屋台 (2)

軽く包丁で切れ目を入れて、出来上がり。

クイチャーイ屋台(3)

ほどよく焦げ目がついて、おいしそうだ。

クイチャーイ (3)

横からも見てみる。

クイチャーイ (1)

野菜らしきものが垣間見えるが、中身はよくわからない。
さらに、切れ目を大きくしてみる。

ご開帳

クイチャーイ (2)

真ん中の揚げ饅頭は、見るからにニラだ。
食べてみると、やっぱりニラだった。いや、それほどニラの臭みはないんで、ニラに似たネギの一種かもしれない。
周囲の皮は、もちもちしており、饅頭のようだ。焼売の皮を分厚くしたような感じにも思える。
トータルでは、やっぱり、ニラ饅頭としか表現できない。揚げてあるので、揚げニラ饅頭か。

これだけで食べても、そこそこおいしい。

でも、タイ人は、付属の真っ黒のタレをつけて食べていた。
このタレが正体不明。
中華っぽい雰囲気なのだが、醤油でもなく黒酢でもなくオイスターソースでもなく、かといって甘いわけでも辛いわけでもない。
なんとも表現しづらい味。
でも、このタレをつけて食べると、たしかに風味は増す。特にニラにはよく合うかな。
タイ人は、べちょべちょになるほどタレに浸していた。

右側の揚げ饅頭の中身は、豚にひき肉と玉ねぎとニンジン。塩コショウで炒めてある。
そのまんま、ひき肉入りオムレツの中身と同じ味。
外側が卵のかわりに、饅頭になっている。いや、これも日本の饅頭生地とは違うし、真ん中のニラ饅頭の生地とも少し異なっている。さらにかりっと揚げてあるんで、ただの饅頭とは、かなり風合いが異なる。
日本で売っているピロシキに近いかも。でも、やっぱりモチモチしているんだけど。
ちょっと不思議な食べ物。
これが、一番好きかも。

左側の揚げ饅頭は、よくわからない。
色からするとかぼちゃだけど、食べてみても、それほどかぼちゃの濃厚な味がしない。
やや甘みがあるんで、芋かもしれないなあ。
この3種類の中では、一番はっきりしない味。
でも一番おやつっぽいかな。

一つ一つがけっこう大きんで、3つを二人で食べると、けっこうお腹がふくれるほどだ。
これで30バーツはお得じゃないでしょうかね。
バンコク出身のタイ人に聞くと、バンコクではよく見かけるそうで、3つで20バーツが一般的とか。

 

クイチャーイを調べてみると、タイ語で「ニラ」のことを指すようだ。
やっぱり、これはニラ饅頭なのね。
でも、ネギもクイチャーイというようで、どうにもはっきりしない。
ひき肉入りのやつも、クイシャーイと呼ぶのかな。
細かい種類の呼び名もわからないまま。
もうあきらめた。

話によると、揚げてない蒸しクイチャーイもあるようで、サイズもいろいろらしい。

街中の屋台で、白い饅頭を見かけたら、クイチャーイとご注文ください。
たぶん、揚げニラ饅頭が食べられます。
夜のパタヤ中心部ではあまりお菓子屋台が出ないんで、ちょっとローカルなエリアの昼間なら出会えるかもね。

SPONSOR LINK

関連記事

Sala daeng khao soi (1)

サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと。 朝飯を求めて近所を散策し

記事を読む

ボンコットのクィティアオ屋 (2)

ソイボンコットにあるオススメのクィティアオ屋。ナムトックのスープが絶品なり。

ソイボンコット(SOI BONGKOCH)にあるクィティアオ屋がとてもおいしかったのでおすすめし

記事を読む

バーンイサーンムアンヨットのチムチュム

プロンポン近くのイサーン料理レストラン、バーンイサーンムアンヨット

バンコク在住の友人に連れて行ってもらったイサーン料理レストランがこちら。 バーンイ

記事を読む

ハーバーパタヤ (27)

ハーバーパタヤは、パタヤの新ショッピングモール。マックスバリュもあるよ。

パタヤカン沿いに新しくオープンした大型ショッピングモール、ハーバーパタヤを訪問してきた。 地下

記事を読む

ソイレンキー入り口のカオマンガイ屋のヤムガイ

カオヤムガイセーブは、唐揚げ辛口サラダ載せご飯。ソイレンキー入り口屋台食堂でどうぞ。

ソイレンキー入り口にあるカオマンガイ屋台は、以前に紹介した。 カオマンガイとカイマ

記事を読む

chiangmai-restaurant-pattaya-8

パタヤのチェンマイ料理レストランでカオソーイを食べる。あと、深夜食堂とたこ焼き情報。【追記あり】

パタヤでカオソーイを食べるシリーズ第3段。 今回は正統派のチェンマイ料理レストランへ。

記事を読む

mofai-1

サードロードの巨大モーファイと日本食屋台のラーメン

少し前のこと、バンコク在住の友人がパタヤに遊びに来た。 2泊3日だが、パタヤに特定の相手がいる

記事を読む

cool-house-kaosoi-4

パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

パタヤでカオソーイを食べよう企画の第2段です。 前回は、サードロードにある紫の看板の食堂で

記事を読む

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

ヤムネーム (5)

ヤムネーム。焼きおにぎりは、激辛サラダと化す。

たまに、屋台や市場で見かける謎の食材がある。 見た目は、焼きおにぎり。 焦げ

記事を読む

アドステア

アドステア

サイアムビューレジデンス Siam View Residence (7)
サイアム ビュー レジデンス (Siam View Residence)宿泊レポート

パタヤカンのソイ12にあるサイアムビューレジデンスに泊まってみた。

TANTRA タントラ
Tantraレベルアップ、Iron Club再開、Super Girl変わりなし、Windmill復活

8月18日、昨晩のウォーキングストリートの様子をレポート。

ソイユメのカオマンガイ屋 (1)
ノースパタヤバスターミナル近くのおいしいカオマンガイ屋さん@ソイユメ

ソイユメとパタヤヌア(ノースパタヤ)通りの交差点近くにカオマンガイ

バチェラー4周年 Bachelor (1)
オフィス7周年パーティとバチェラー4周年パーティ

8月16日のLKメトロの様子です。 時刻は深夜0時過ぎ。

Pangpond cafeのカイガタ (1)
サードロードのちょいおしゃれカフェでアラビカ種コーヒーとカイガタ

サードロードとパタヤカンの交差点近くに新しいカフェができている。

→もっと見る


PAGE TOP ↑