*

カラオケ嬢と連夜のブンブンと添い寝(介抱付き)

37日目つづき

カラオケ嬢と一発

アテンドが終了してから、深夜まで一人でバービアへ。
カラオケ嬢の仕事が終わるまでの時間つぶしだ。

仕事終わって部屋に帰ってきたよ、と電話が入ったので、カラオケ嬢のアパートまで迎えに行く。

そのまま、近くのバーで軽く飲む。
ビリヤードを2ゲームほどしたところで、打ち止め。

腹が減ったという彼女のために、セブン-イレブンで夜食を購入。
魚の甘辛炒め弁当と、タイ風茶碗蒸し。

ボムとトンシア_156_101215_010655_AM

カラオケ嬢は、缶ビールをストローで飲みながら、弁当を食べていた。
たまに、わたしにも魚や茶碗蒸しをあ~んと食べさせてくれる。

 

食後は、もちろんブンブン開始。
今日も反応がいい21歳。
悶え方が色っぽい。苦しげに、でも気持ちよさそうに口元と目元を歪めながら、ぎゅっと枕をにぎったり、わたしに抱きついてきたりする。
我慢しきれずにこぼれる吐息と喘ぎ声がたまらない。
やっぱ、この子はええなあ。当たりだなあ。

事後、甘えてくるカラオケ嬢を抱きかかえながら眠る。
ここまでは幸せだった。

深夜の悲劇

が、深夜4時ころ、体調が急変。
ひどい下痢と寒気がする。

トイレに駆け込むと、さっき食べた弁当がほぼ未消化でそのまま出てきた。
ひょっとすると、茶碗蒸しか8番らーめんでの餃子の可能性もあるけど、たぶん、コンビニの魚弁当が原因かな。
まあ、今となっては調べようがない。

ベッドの上で悶え苦しむ。
気持ち悪い。
さっきまでの快楽が嘘のようだ。
幸せから不幸へ真っ逆さま。

しきりにトイレへ駆け込むわたしを心配してくれるカラオケ嬢。

買い置きしておいた薬を取り出して、水も用意してくれた。

下痢用薬イモジウム

これを飲めば安心、とごくりと飲む。
すると、体が拒否反応をおこして、ものすごい吐き気が襲ってきた。
トイレへ猛ダッシュ。
薬もろとも、すべて嘔吐してしまった。
カラオケ嬢が駆け寄ってきて、しばらく背中をさすってくれた。

下も上も汚い状態なのに、この子はきちんと世話してくれるんだ。
ちょっと泣けてきた。

たっぷり水を飲みさないと言われて、ペットボトルを渡される。
落ち着いてから、薬をもう一度飲む。
今度は大丈夫だった。

数時間後には、なんとか下痢はおさまった。
長い夜だった。
でも、介抱してくれる人がいると安心感があるよね。

 

昼前に、一緒に近所の薬局へ。追加の薬が必要かどうか聞きたかった。
服用している薬も持参して、カラオケ嬢にタイ語で症状を説明してもらう。薬剤師の答えは、現状の薬を飲めばオッケーとのことで、栄養剤だけ購入した。
3つで20バーツ。

栄養剤

カオラケ嬢には、チップとして1500バーツを渡しておいた。
そういえば、昨日は1000バーツしか渡していない。
元々、2発で2000バーツの約束だった。
結局、二日間のロングで2発やって、2500バーツとなった。
わたしにしては、わりと多めの出費だが、健気に介抱してくれたし、まったく問題なし。
喜んで払います。

夜になったら、また電話するから、それまでじっと寝ていなさいと言われる。
はい、おとなしくしておきます。

この状態ではローカル食堂でのタイ料理はさすがにはばかられる。
軽くサンドイッチとビタミン剤で栄養補給。
ふたたび眠りにつくのだった。

こりゃあ、しばらくは21歳カラオケ嬢から離れられないな、きっと。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

LINEスタンプ

休息の一日。カラオケ嬢と一緒の姿を19歳ゴーゴー嬢に目撃されてしまう。

38日目 食事はハンバーガーとフルーツで 日中は、ずっと睡眠を取る。 体がだるくて、動く気力は

記事を読む

ドンムアンスワンナプームローカルバス (1)

パタヤ沈没生活スタートと今回の予算

初日 ローカルバスでドンムアンからスワンナプームへ O-I認定されながらも、なんとか、ドンムアン

記事を読む

ドンムアン空港エアアジア (3)

さらばパタヤ-沈没日記最終話

58日目最終日 わたしは予定通り7時半には起床。 もちろん、カラオケ嬢はベッドで爆睡している

記事を読む

洪水後のジョムティエンビーチ (3)

ファランとタイ人と宴会。最後は19歳ゴーゴー嬢とまたしても深夜のクィティアオ。

26日目 ジョムティエンビーチの様子 この日は滞在延長申請に向かう。 ノービザ入国での滞在期限

記事を読む

アルノタイのバービア群

バイクでパタヤ散策からのブンブンコース

52日目 カラオケ嬢は、いつものごとく爆睡中。 いかんな。 さすがに変化がなさすぎる。

記事を読む

クィティアオバミーガイ

19歳ゴーゴー嬢と麺をすするラーメン深夜3時

18日目 臨時洪水速報のため、時系列が少々ずれておりますが、これは、自称19歳ゴーゴー嬢をペイ

記事を読む

ロイクラトーン1

パタヤ2ヶ月沈没生活で知り合った女性たちとのその後のやり取り

前回の2ヶ月に渡るパタヤ沈没生活。 たくさんの女性たちと知り合った。 実際にペイバーしたこともあ

記事を読む

スルメ屋台 (2)

スルメと餅菓子とビールとビリヤード。パタヤバービア沈没スタイル。

28日目 昼にケバブをかじって、腹ごしらえ。 夜。 またしても、スポーツバーで知人と合

記事を読む

夜のウォーキングストリート2015年9月

20歳のコヨーテ嬢と20歳のバービア嬢に再会。最後は体調不良でリバース。

10日目夜 20歳のコヨーテ嬢と店で会う 夜。 ウォーキングストリートへ出向くことにし

記事を読む

クィティアオ

23歳パタヤ初日のバービア嬢。最後はやっぱりゴーゴー嬢と深夜のラーメン。

21日目 カオムーワーン ソイチャイヤプーンにあるローカル食堂で食事。 どれにしようかと、壁に

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Ratchada3 より:

    先日の日記でも、コンビニ弁当でも油断ならぬ
    とおっしゃっていた矢先に・・・ですね。
    これはちょっと辛いですー。
    私は下痢は経験ありますが嘔吐まではないですねえ。
    ちなみにそのコンビニ弁当食べた彼女は問題なしだったんでしょうか?
    また8番らーめんだとすると、日本人のお友達も大変な事になってそうですもんね。

    ただそれにしても彼女はとても良い子で羨ましいです!
    困ってる時に冷たくあしらわれるか、ホスピタリティー溢れるかで、その子の評価も変わりますよね。

    パタヤ滞在後半戦も楽しく過ごせること間違いなしですね!

    • pattayan night より:

      いや、まさにその時の様子ですよ。時系列が狂っちゃいましたけどね。

      食あたり系で嘔吐は初めてかもしれません。
      同じものを食べたカラオケ嬢は平気でした。餃子を食べたのはわたしだけなんで、友人は問題なしでした。

  2. MK より:

    現地での腹痛はハンパではないですよね。
    日本の下痢の数倍の苦しさ、お察しいたします。
    いい子ですね。
    タイでは時々こういう子に出会うので日本人のおやじはマイっちゃうんですね。って自分もそうですが。

    • pattayan night より:

      今回の痛みはマシでしたね。サイクロック(イサーンのソーセージ)やソムタムプーパラ(蟹入りソムタム)に当たったときは、半端なく辛かったです。
      病気の時にやさしくされると、ころっとまいってしまいます。日本でもタイでもおんなじですけど、異国にいる時は特にそうですね。

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑