*

自称19歳ゴーゴー嬢をペイバー。ショート1500Bで大満足の夜。

17日目

終わりなきノーブンブンライフについに終止符が打たれる時がやってきた。
実に9日間。
長かった。実に長かった。
無駄なだらだらした日記が続いて、書き手としても申し訳ない気持ちでいっぱいだったが、わたしの下半身のタンクはそれ以上にいっぱいいっぱいだった。

20歳の新人バービア嬢とのやり取り

さて、20歳のバービア嬢は生理が終わっていた。
これでペイバーすれば、すべてがうまく収まる。

パッタイ屋台

食事がまだだったので、屋台のパッタイを注文。
彼女のぶんもオーダー。二人分で100バーツ。

レディドリンクも奢って、パッタイをつつきながら、酒を飲む。
ついでに彼女のスレンダーな体もつつく。
ビリヤードで球もつく。
今夜は下半身のキューで彼女のホイをつきまくる。
勝利は近い。

うふふ、期待が高まってきた。

よし、そろそろペイバーだ。
じゃあ、行こうか?

が、「マイサバイ」だからと、まさかのペイバー拒否。

おいおい、勘弁してくれよ~

単にペイバーされたくないだけなのか、それとも本当に体調が悪いのかはわからない。
ビリヤードもしていたんじゃんかよ。
油と砂糖まみれのパッタイを完食するくらいなら、胃腸も大丈夫だろうに。

よくわからん。
よくわからんが、無理なことはわかった。
じゃあ、バイバイ。

意気消沈してブッカオをうろうろ。最近こんなのばっかり。
ソイダイアナやソイハニーインあたりを、意味もなく、ぐるぐる周遊する。
手はひっぱられるものの、食指は動かない。
ソイ7まで出向くのも面倒になってきた。

LKメトロのゴーゴーバーへ

ソイLKメトロ

どうでもいいやと、ソイLKメトロにある一軒のゴーゴーバーに入ってみる。

ゴーゴーバーだけに、そこそこのルックスのダンサーがいる。
でもどうせ、バーファイン800バーツとか1000とかかかって、ショート2000とか2500、ロングが4000とか5000とか言われたあげく、性格も擦れていて、サービスも良くないときたら、わざわざ大金を払ってペイバーする気にもなれず、ただ黙って安いドラフトビールをちびちび啜るだけの、みみっちい遊びしかできない。気分転換がてら入ってみただけだ。

チップ目当てで安易に言い寄ってくるダンサーやウェイトレスはシャットダウン。

と、一人の童顔のダンサーがしれっと隣にすわってきた。
ちょっと化粧がヘタな感じもするが、雰囲気は悪くない。
レディドリンクを奢っていないのに、積極的に会話してくれた。

年齢は19歳とのこと。
パタヤ歴は数ヶ月。以前はウォーキングストリートで働いていたらしい。
店の名前を聞くと、人気上位にランクするゴーゴーバーである。
日本人韓国人に人気があったと自分で言っていた。若さあふれるルックスと明るい性格も顧慮すれば、さもありなん。
ショート3000、ロング5000もらっていたそうだ。まあ、たいそうな儲けぶりでうらやましい。
でも、今はLKのゴーゴーなんで、ショートが2000、ロングが4000の言い値でやっているとか。
じゃあなぜLKメトロに移籍したかというと、自称19歳だが実は…というやつで、ごにょごにょ制限にひっかかるとか何とか、やんごとなき事情により、店を移らざるを得なかったとか何とか、あまり詳しくは書けないわけで、歯切れの悪い文体ともども、そのあたりの事情はごにょごにょと察してもらいたい。

ローシーズンのLKメトロということもあり、客が少なくて苦労しているらしい。
案の定、ペイバーしてとお願いされた。
ショート2000バーツでしょ、だめだめと断る。

1500バーツではどう?」とダメ元で提案してみた。

一瞬考えた後に、「1500でもいいよ」と19歳。
タイ語では、「パンハーコダーイ」。

あれま、まじですか。

このレベルでも1500バーツを受けて入れてくれるんだ。
ちょっと驚き。
ウォーキングなら3000クラスなのにね。

それでも、バーファイが800にショート1500を足すと、2300バーツ。
うーん、けっこうな額だな。バービアなら余裕でロングで連れて帰れる額面だ。

でも、1万円=3000Bの時に両替しておいたぶんがあるな。

それに、もう9日もブンブンしていない。

直感では、この子はいける。サービスも良さそうだ。性格もいい。
楽しめること間違いなし。

ええい、ペイバーしちゃえ。

まともにゴーゴバーでペイバーするなんて、何年ぶりだろうか。
もちろん、前回のパタヤ沈没時のように、懇意にしている女性の仕事を休ませるためにペイバーしたことはある。でも、店の中で知り合ったダンサーを、チップ額も決めた上で正規にペイバーするなんて行為は、もう何年もしていない。

わたしにしては大英断である。

半ば勢いでペイバーしてしまった。
19歳も満面の笑顔。いい子だね。

19歳ゴーゴー嬢

部屋に連れて帰って、さっそくベッドに押し倒す。
もう待てねえ。
シャワーを浴びずに、即ブンブンだ。
彼女も積極的に応じてくれた。

自称19歳、でも実は…という若い体を堪能した。
シャワーを浴びてないせいかオムは拒否されたけど、あとはオッケー。
いやあ、よかったわ。

もやもやがすべて晴れた。下半身のタンクも一瞬にして空になった。
先端のたまりを見せながら、「アスチ ユゥユゥ」と言うと、きゃははと笑ってくれた。

終わってからも、すぐにシャワーを浴びず、じっと甘えるようにしてもたれかかってくる19歳。
わたしの胸に手を当てて、その細い指先で愛おしむように撫でてくるのだ。

まあ営業戦略の一環なんだろうけど、この態度は男ごころを絶妙にくすぐる。
おそるべき、自称19歳、実は…である。

高値になってしまい、スレ嬢の増えたゴーゴーバーをかなり敬遠してきたけど、まだまだ探せばいけるんじゃないの。
ゴーゴーバー並びにゴーゴー嬢にちょっと偏見を抱いていたかもしれない自分を責める。
言い値がショート2000以上になってからは、本気で交渉することすらしなくなっていた。
これからは、ゴーゴーバーも積極的に攻めてみようかな。

まあ、たまたまなのはわかっている。たまたま客が少ない時期で、たまたまお互いの波長やらルックスの好みが合致して、たまたま出会いのタイミングがよかった。それだけのことだろう。

タイ語の話せない短期旅行者でもなんとかなると思う。
今回の会話はすべてタイ語だけど、別にタイ語が話せなくても、大丈夫じゃなかろうか。
言葉なんかより、タイミングノリのほうが大事だよ。

久しぶりに気持ちのいい夜となった。
満足満足。

できればショートではなくて、ロングがよかったが、次回以降は格安料金でもロングに応じてくれそうだ。
次回へ繋げられる、いいペイバーだった。

さらば、ノーブンブンライフ。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

屋台のガパオムラームック (2)

コンビニ日本飯、屋台タイ飯、虫料理。テキーラと袖の下ペイバーの夜。

19日目 豚カツバーガーとおにぎり ちょっとだけ日本食が恋しくなってきた。 ファミリーマートの

記事を読む

エカマイ・バスターミナル (4)

久々のバンコクヘ。パタヤ・スワンナプーム見送り日帰り弾丸ツアー。

6日目 今回、パタヤを訪れている友人は3人。往路便はみな同じだったが、帰国はバラバラ。 その

記事を読む

アルノタイのバービア群

バイクでパタヤ散策からのブンブンコース

52日目 カラオケ嬢は、いつものごとく爆睡中。 いかんな。 さすがに変化がなさすぎる。

記事を読む

ギンザゴーゴー

IDカード持たないゴーゴー嬢と、深夜の熟女バービア嬢トーク

6日目続き ギンザとショーガールズ 初心者の友人をスワンナプームまで送ってからパタヤに戻ったのが

記事を読む

ブッカオの怪しいマッサージ屋

ブッカオの新しくも怪しいマッサージ屋。ゴーゴーのPRをからかって遊ぶ。

13日目 ノーブンブン5日目。 そろそろ新規の相手を見つけないと。 元バービア嬢と飲む

記事を読む

ワットチャイモンコンのタンブン (4)

ブンブンからのタンブンはタイ夜遊びのよくあるパターン

55日目 朝のブンブン パタヤ滞在は残り3日。 いよいよ、終わりが近づいてきた。 昨晩は

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム

まだまだ続くノーブンブン。めぐり合わせが悪い時は何をやってもダメな時。

15日目 ムーガティアム ソイエキサイト脇道にある日本語メニュー付き食堂へ。 ここは、ムーガテ

記事を読む

タイ解熱剤

タイ滞在時には、食あたりと下痢に気をつけろ。日本食やコンビニ弁当でも油断できないぞ。

ひさびさに下痢になりました。 おかげで、丸1日以上寝込んでしまった。 その前は日本からの

記事を読む

夜のウォーキングストリート2015年9月

20歳のコヨーテ嬢と20歳のバービア嬢に再会。最後は体調不良でリバース。

10日目夜 20歳のコヨーテ嬢と店で会う 夜。 ウォーキングストリートへ出向くことにし

記事を読む

カオパットタレー

女子大生か、妖艶シンガーバービア嬢か?

22日目 不本意な食事会 20歳のバービア嬢から電話がかかってきて、一緒に昼食を食べることになっ

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑