*

エアアジアのパタヤ・クアラルンプール便就航。ウタパオ空港発着便について。

エアアジアの新路線

クアラルンプールとパタヤ・ウタパオ空港を結ぶエアアジアのフライトが就航になった。

週4便
月・水・金・日
クアラルンプール発14:30 ウタパオ着15:25
ウタパオ発15:55 クアラルンプール着19:00

エアアジアウタパオ時刻表

パタヤと表記してあるが、ウタパオ空港があるの隣県のラヨーンだ。

ためしに、料金をチェックしてみた。

エアアジアウタパオ

往路復路とも片道で4500円ほど。
けっこう安い。

マレーシアあたりに住んでいる人には利用価値がありそうだ。
でも、日本からエアアジアを利用するなら、バンコクへの直行便を利用してから陸路でパタヤへ移動したほうがよさそう。わざわざクアラルンプールを経由する意味はあまりない。

パタヤに滞在してからクアラルンプール経由で他の目的地へ向かうのなら、多少は使えそうなイメージ。

アセアンパス (1)

エアアジアが新しく始めた「アセアンパス」のパス利用可能路線に、ウタパオは含まれていないようだ。

アセアンパス (2)

新路線なので更新が間に合ってないだけかもしれない。
もし、アセアンパスが利用できるなら、パタヤ発で東南アジアを周遊することも可能だ。
もうちょっと様子をみよう。

SPONSOR LINK

パタヤ~ウタパオ空港間のバス移動

わたしは、5年ほど前にサムイ島からウタパオ空港行きバンコクエアウェイズのフライトを利用したことがある。
ウタパオからパタヤ市内までは、乗合ミニバスを使って移動した。
空港ロビーにチケット売り場があって、簡単に購入できる。
この時の料金が200バーツ。
ウタパオからパタヤまでは、1時間弱。意外と時間がかかった覚えがある。
ただ、客を順番に各々のホテルまで送ってくれた。

ウタパオ空港HPの写真では250バーツとの表示。

ウタパオ空港HP (1)

http://www.utapao.com/shop.html

ただ、このページは更新されていないようなので、詳細は不明。

パタヤの旅行代理店の料金表では300バーツ。

パタヤ旅行代理店バス料金

これは先月に撮影したもの。ただし値上がりしている可能性あり。

300バーツとしても、距離を考えるとちょっと高いかな。
スワンナプームからのパタヤのホテルまで送ってくれるベルトラベルが250バーツくらいなんで、やっぱり高い。

ウタパオを本格的に国際空港にするには、安価な移動手段がもっと必要だと思う。

ウタパオ空港発着のフライト

ウタパオ空港HP (3)

http://www.utapao.com/index.html

現在、ウタパオ空港を発着しているフライトは以下のとおり。

ウタパオ空港HP (2)

国際線は、エアアジア以外では、ロシア2都市と中国の武漢のみ。
定期便か臨時チャーター便かは不明。

国内線は、バンコクエアウェイズのプーケットとサムイの2路線のようだ。

ウタパオ空港HP (4)

Kan Airlines カン航空

過日、パタヤの旅行代理店の店先でこんな看板を見かけた。

カン航空 (1)

ウタパオ発、チェンマイ・コンケーン・ウドンタニー・ウボンラチャタニー行フライトのお知らせ。

カン航空 (2)

おっ、パタヤからウドンタニーへ行けるじゃん。最高。

と思って、HPを調べてみた。

カン航空

http://www.kanairlines.com

が、どこを探しても、ウタパオからのフライトが見つからない。

過去のニュース発表を調べてみると、2015年4月から運行開始と出てきたけれど、カン航空のHPには記載なし。

期待して損した。
もしウタパオからウドンタニーまで飛べれば、ラオスへビザを取りに行くのが非常に楽になると思ったのに。

ちなみに、このカン航空は、チェンマイが本拠地でタイ北部路線に強いようだ。
チェンマイからは、フアヒン、コンケーン、メーホンソーン、ナーン、パーイ、ピッサヌローク、ウボンラチャタニーへの各フライトがある。
ん? チェンマイからパーイなんて、大した距離じゃないはず。
調べてみると、飛行時間は、なんと25分。
まあ、山間のエリアなんで、バスよりはマシか。

ドンムアン空港からは、メーソートのみ。

というわけで、パタヤからウドンタニーへのフライトは幻と消えた。

まとめ

ウタパオ空港は、パタヤからは微妙に距離が離れている。
でも、ドンムアン空港まで移動することを思えば、はるかに近い。
パタヤを中心に考えているわたしのような節約旅行者には、この先、ウタパオ空港の路線がもっと増えてくれることは実に望ましい。

エアアジアには、ASEANパスにウタパオを含めてほしい。
そして、カン航空よ、早く就航してくれ。

SPONSOR LINK

関連記事

スクリーンショット_012316_030457_PM

【パタヤ近況】タイにも寒波襲来?パタヤの夜は肌寒い

ただいま、タイ時間1月25日の深夜4時ころ。 部屋の中では短パン半袖で大丈夫ですが、その格好で

記事を読む

パタヤのエアアジア窓口 (3)

エアアジアなどのLCC航空券は、直接予約よりHISのほうが安いことがある

次回のタイ訪問へ向けて航空券を探していると、エアアジアもスクートもすでに安いチケットが見当たらな

記事を読む

thailand-motercycle

パタヤのバイクタクシー。その台数と相場

バイクタクシーの利用法 タイのみならず、東南アジア一帯で多い交通機関といえばバイクタクシー

記事を読む

パタヤタイのムーデーン屋台

山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデーン屋台。

今回紹介するのは、屋台グルメ好きのブログ読者さんから情報をいただいたお店。 なんでもカオムーデ

記事を読む

タイ航空TGスーパーディール (3)

タイ航空がTGスーパーディールプロモーション中。バンコク往復29000円。10月7日まで。

タイ国際航空(TG)が、プロモーションを展開中。 成田・関空・名古屋・福岡⇒バンコクの

記事を読む

移動式日本式やきそば屋台

パタヤにある日本式焼きそば屋台

読者さんから質問をいただきました。 「日本の焼きそばのバイク屋台を見かけたのですが、何かご

記事を読む

T.T.Currency Exchange in walking street (1)

ウォーキングストリートの両替所、TTカレンシーが営業開始

パタヤでは定番の両替所としてしっかり定着した感のあるT.T.Currency Exchangeが

記事を読む

ビエンチャンタラートサオバスターミナル (1)

ビエンチャン・タラートサオバスターミナルの場所が少し移転。タイ行き国際バス乗り場と売り場も変更に。2016年1月情報。

2016年1月、ビエンチャンを訪れてみると、タラートサオ・バスターミナルが移転していた。

記事を読む

ぶっかけ飯屋1

長期貧乏滞在者の強い味方。ブッカオ市場のぶっかけ飯屋。

【ブッカオの市場】 タイ語で市場はタラートという。 ソイブッカオには大きな市場が2つある

記事を読む

decolgen-3

タイの薬局で買える風邪薬、Decolgenは強力

12月に入り、夜間はめっきり気温が下がってきたタイ、パタヤ。 先日、油断してエアコンを付けっぱ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 芽きゃべつ より:

    ウタパオ空港 使い道が悪そうだし、ミニバスしか足が無いのではスーツケース持込みには2人分の料金を取られそうですね、ドンムアンやスワンナプーの方がやはり使い勝手が良さそうです、今後国内線が充実してくると見方も変わって来るでしょう。

    • pattayan night より:

      ミニバスは、大きなスーツケース持ち込み可でした。ロットゥーより座席は少ないみたいで、荷台スペースがありました。
      ウタパオ空港のターミナルビルの拡張工事も予定しているみたいですが、いつのことになるやら。

  2. AIRBORNE より:

    旅行代理店の料金表のお店の場所、良かったら教えていただけませんか?
    来月Koh samedへ行こうと考えています。
    よろしくお願いします。

    • pattayan night より:

      あれは、たしかパタヤカン沿いです。フットサル場の向かい側あたりです。
      パタヤカンには、旅行代理店が集中していて便利です。
      でも、サメット島行きのミニバスとフェリーのジョイントチケットは、どこの旅行代理店で購入しても値段はほとんど一緒ですよ。
      元締めがマリブツアーとか数社しかないんで、結局、同じなんですよ。ホテルの近所の代理店で充分だと思います。
      わたしは3回サメット島に行ってます。
      過去記事も参照してください。
      パタヤからサメット島へ。昼はアオパイビーチ、夜はサイケオビーチ。

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑