パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

日本食

パタヤのペッパーランチでデリバリーしてみてわかったこと

投稿日:

普段はタイでは食べないけれど、こんな非常時だからこそ、デリバリーで安くオーダーして食べてしまおう企画。
タイ料理は普段でもよく食べるし、洋食もよく食べる。
でも、日本系列の店はあまり食べない。
日本食を食べるにしてもローカル店が多い。
日本のチェーン店の利用は本当に少ない。
でも、今は非常事態。レストランは店内飲食不可。
デリバリーサービス隆盛となっている。
各店舗とも独自のプロモーションを展開していて、大幅割引も珍しくない。
これは逆にチャンス。
普段はまず訪れないような店のものを食べるいい機会だ。

SPONSOR LINK

ペッパーランチ

各デリバリーサービスアプリを眺めていて、目についたのがペッパーランチである。
日本のチェーン店ですな。
パタヤには、センタンとターミナル21に店舗がある。

ターミナル21パタヤ (37)
(ターミナル21パタヤ店)

実は日本でもペッパーランチを利用したことがない。
タイでは一度だけある。
パタヤのセンタン店だ。
おそらくセンタンができて間もない頃だったと思う。2009年だったような。
当時のセンタンには、ペッパーランチのほかに、CoCo壱番屋とモスバーガーも入っていた。でも今残っているのはペッパーランチだけ。不思議と生き残っている。
味はまったく覚えていない。
なんか鉄板の上にご飯と肉が乗っていて、ソースかけるといい音がするくらいの思い出。
たしか跳ねを防止するために丸い紙を鉄板にまわりに立てていたような。

デリバリーではどうなるか。

フードパンダではサマープロモーション中。
今のタイは絶賛夏なのである。

ペッパーランチパタヤのビーフペッパーライス (6)

ビーフペッパーライスが170バーツのところ119バーツ。
ポークが134バーツのところ93.8バーツ
チキンが104バーツのところ72.8バーツ。

3割引のようだ。
これなら全然あり。
ビーフペッパーライスをオーダー。

ペッパーランチパタヤのビーフペッパーライス (7)

フードパンダのキャンペーンで配達料は無料だった。
合計支払額119バーツ。

配達まで45分とあったが、実際は30分もかからずに到着。

ペッパーランチパタヤのビーフペッパーライス (1)

ビーフペッパーライス

ペッパーランチパタヤのビーフペッパーライス (2)

もちろん、熱々の鉄板のままデリバリーされてくるわけもなく、普通のプラ容器だった。
タレは別容器。

ペッパーランチパタヤのビーフペッパーライス (3)

ご飯と肉が少々混ざった状態となっている。
見本写真とは、かなり違うなあ。いや、全然違う。

肉を中心にタレをかけて、さらに混ぜ合わせる。

ペッパーランチパタヤのビーフペッパーライス (4)

ご飯の味付けが濃い。
店名とメニュー通りの胡椒味!
胡椒強めに、ガーリック風味もたっぷり。
胡椒とにんにくの香りが鼻につんと来るが、この味は好みだ。

牛肉は決して上等なものではないのだろうけど、ちゃんとした肉。
これまた少し濃い目のタレは、日本系の焼き肉のタレといったところか。
ちょっと固めの牛肉とよく合う。

ペッパーランチパタヤのビーフペッパーライス (5)

ペッパーライスと肉とタレ、全部が濃い。
そんな中、コーンがいい味を出している。

がつがつ食べられる。
胡椒とにんにくが効いていれば、スプーンは止まらない。
量は少なめ。一気に完食。

まあなんというんでしょうか、日本のB級グルメ系全開といった塩梅ですな。

ペッパーランチってこんな味だったのか。
今さらながらに思い知った。

感想

CoCo壱番屋やモスバーガーがパタヤのセンタンから撤退しても、ペッパーランチは生き残っている。
しかもターミナル21に支店が増えている。

おそらくタイ人受けはいいのだろう。
侘び寂び的な日本の味付けとはまったく無縁。
別にタイ人の舌を馬鹿にするわけではないが、この味付けはタイ人には受けそう。第一、わたしもこの味付けはすごく好み。
店で食べる時は、鉄板の上でジュージュー焼いてかき混ぜるというアトラクション付きで視覚的にも聴覚的にも訴えかける。受ける。

なるほど。
いろいろとわかった。
わかった気分になった。

ビーフペッパーライスはうまかった。
正直、普通においしいと思えた。
でも、店で食べると170バーツ。さらにドリンク代を含めると200バーツはする。
熱々の鉄板は魅力的だけど、さすがにちょっと高すぎるかなと。
それでもタイ人客を中心にタイ各地に店舗があるのだから、やはり魅力的なのだろう。

ペッパーライスは癖になる味。
食べ終わって、さっそくネットでレシピをチェックしたほど。
これなら自分でも作れそう。
今度チャレンジしてみる。
フライパンで炒めてそのまま食べれば熱々ジュージューも可能だ。
いい勉強になった。

SPONSOR LINK

-日本食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.