パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

タイの非常事態宣言と夜間外出禁止令 5月31日まで延長が正式決定。規制緩和の詳細は未定。

投稿日:

昨日提案された非常事態宣言の延長と夜間外出禁止令の延長が、本日の閣議を経て正式に決定した。
4月30日が期限としていたものが、5月31日までの延長となった。
なお、5月の祝日を延期してはどうかという提案は却下された。休日は通常通りとなる。

SPONSOR LINK

非常事態宣言と外出禁止令の延長

非常事態宣言は5月31日まで延長。外出禁止令も同様。
外出禁止時間は、引き続き午後10時から午前4時まで。
陸路、海路、空路の国境は厳しく制限する。
国際線の乗り入れは5月31日まで禁止。
不要不急の県をまたいだ移動は中止ないし延期すべき。
また、人が集まるような行為は禁止。

以上が政府の基本方針。
あとはその方針に従い、各自治体が独自の規制を決定していくことになる。

ソース:Bangkok Post

在タイ日本国大使館からもお知らせが発表されている。

以下引用

プラユット首相による非常事態令及び夜間外出禁止令の延長の発表

4月28日午後,プラユット首相は会見を行い,4月30日まで国内全土に適用されている非常事態令及び夜間外出禁止令を5月31日まで延長することを発表しました。概要は以下のとおりです。
具体的措置については,原則的にこれまでの内容が踏襲され,閉鎖中の営業施設などの営業規制緩和等については引き続き政府部内で検討中であり,今週中を目処に改めて発表されるとのことです。
今後の発表等により変更等の可能性もありますので,最新の情報収集に努めてください。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のタイ国内の状況改善のために,「仏暦2548年の非常事態における統治に関する勅令」(非常事態令)に基づき,タイ王国全土を対象にした非常事態宣言を,一ヶ月間(5月31日まで)延長することを閣議決定した。
非常事態宣言の具体的な措置の一環であるタイ王国全土を対象とした夜間外出禁止令の適用を一ヶ月間(5月31日まで)延長する旨も閣議決定した。夜間外出禁止令の対象時間は,これまで同様午後10時から翌朝4時である。
非常事態宣言下での具体的措置については,原則的にこれまでの内容を踏襲するが,閉鎖中の営業施設などの営業規制緩和等,引き続き政府部内で検討中であり,今週中を目処に改めて発表する。

引用元⇒https://www.th.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_20200428.html

規制緩和は?

現在のところ、政府による具体的な規制緩和の内容は発表されていない。
おって公式発表される予定。

バンコクでは知事が規制緩和される予定の業種について声明を発表している。

レストラン、市場、運動施設、公園、理髪店、クリニック、ペット病院、ゴルフ場ならびに打ちっぱなし。
以上の8業種の5月1日再開を検討しているとのこと。
まだ正式決定ではなく、明日水曜日に決定が下される予定。

店舗の営業再開には条件がある。
たとえば、レストランでは隣の客との距離は1.5メートルを確保し、アルコールの提供は禁止など。
市場では日用品の販売はオッケー。
運動施設では、ウォーキングやテニスなど人が密集する必要のない活動はオッケーだが、サッカーやバスケットボールなので接触プレイが多い活動は不可。
公園はグループでの訪問は不可。
理髪店や美容室は、カットとシャンプーとドライヤーのみ。2時間毎に消毒。客が店内で順番待ちするのは禁止。
ペット病院やグルーミングショップは、一度に利用できるのはペット1匹だけ。2時間毎に店内を消毒。
美容クリニックは引き続き閉鎖。

営業再開は5月1日を予定しているが、まだ正式決定ではない。
また、アルコール類販売禁止は4月30日までとなっているが、規制を解除するかどうかはまで決まっていない。

ソース⇒Bangkok Post

この規制緩和案はバンコクでのこと。
パタヤを含むとチョンブリ県では、まだ具体的な規制緩和についての発表は無し。
パタヤは検問所を設けてロックダウンしているが、5月1日以降どうするかはまだ決定していない。

アルコール販売禁止措置は現在タイ全土で施行中だが、これがどうなるかははっきりしない。

政府により詳しい規制方針の決定があってから、各自治体が具体的な規制を決めていくこととなる。

感想

非常事態宣言と外出禁止令の継続は予想されていたとおりで、まあそんなものだろうと。
あとは規制緩和がどこまで拡がるかだ。
これまでの流れでは、バンコクの規制措置にチョンブリ・パタヤも追随することが多かった。
パタヤロックダウンは独自のものだが、あとは概ねバンコクと似たような規制となっている。
バンコクのレストランが店内飲食営業再開できるなら、パタヤのレストランも営業再開できそうな気もする。
明日にも正式発表がありそうだ。
バーやクラブの再開はまずありえないと思われるが、まずは正式発表を待ちたい。

個人的には、アルコール販売の再開を願う。店内でのアルコール提供は禁止のままでいいから、持ち帰りのみで売ってくれればそれでいい。
部屋での一人飲みくらいは許してほしい。

SPONSOR LINK

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.