*

片道7870円。関空・バンコク間に新規就航LCCのスクートがプロモーション中。

公開日: : プチ情報・便利帳, 空港やバス関連

スクートとNOK SCOOT

日本とタイを結ぶ新規LCC路線がまた一つ増えた。

SCOOT スクート

スクート (2)

日本語HPあり。
http://www.flyscoot.com/index.php/ja/

フライトルートは、大阪・関空とバンコク・ドンムアン空港間だ。

運行開始は、2015年7月8日から。

スクートは、シンガポールを拠点にするLCC。

そのスクートと、タイのノック・エアが共同で設立したのが、「NOK SCOOT ノックスクート」となる。

少々ややこしいが、このノックスクートが、関空・バンコク間のフライトを取り扱っている。

ノックスクート (3)

http://www.nokscoot.com/en/
ホームページは、日本語なし。英語、タイ語、韓国語、中国語のみ。

実際のところは、どちらのHPからでも、まったく同じ便を同じ航空券代で予約できる。
(後述するように、カード決済手数料が少し違うくらい。)

現在、プロモーション中。
スクート、ノックスクートとも、関空・バンコク便が片道7870円だ。

ノックスクート (4)

ノックスクートの表示は、タイバーツで2300バーツだが、日本出発便は日本円決済となり、同じく7870円。

以下、ノックスクートのHPを中心に詳しく見ていく。

SPONSOR LINK

フライトスケジュール

水、金、日曜日の週3便。
関空、バンコクとも同じく、水曜日、金曜日、日曜日の出発となっている。

時刻表(タイムテーブル)

関空発17:30 バンコク着21:55
バンコク発08:25 関空着15:50

スクートHPの最新時刻表は以下のようになっているが、変更になったようだ。
スクート (3)

プロモーション

2015年7月8日から10月22日の旅行期間が適用範囲内。

7月8日出発、7月15日帰国で検索した結果がこちら

ノックスクート
ノックスクート (6)

スクート
スクート (4)

往復とも、航空運賃が7870円

諸費用が加わって、合計21309円

どちらのHPでもまったく同じ価格だ。

売り切れている日も多い。
特にお盆の時期は、かなりの高値となっている。

それ以降では、まだ空きがあるようだ。

8月21日出発、9月4日帰国で、それぞれ7870円の便あり。
ノックスクート (5)

ノック・スクートの手荷物制限

かばん一個7kgとパソコン3kgまで。

かばんは、54cm×38cm×23cmのサイズまで。

機内持ち込み荷物は追加料金を払うことで、もう1つ持ち込めるようになる。
追加料金2800円。

この追加分の手荷物の重量とサイズは、上記のものが適用されるようだ。
つまり、7キロの荷物が2つとパソコン3kgで、合計17キロまで持ち込めるようになるシステム。

預け荷物は、15キロまでなら、2800円。
20キロまでで、3200円。

座席指定料金

ノックスクート (8)

エコノミー:750円

シートピッチが31センチ

スーパー:2800円から3200円

シートピッチが35インチ

ストレッチ:6050円から6450円

各ブロックの最前列シート。いわゆるエグジットシート、スクリーンシート。足が伸ばせるのでシートピッチは関係なし。

カード決済手数料

ノックスクート (9)

支払いは、VISAかMASTERカード。

画面上では、決済手数料(Processing Fee)が0となっている。
注意事項を読むと、のちほど決済手数料がかかると書いてある。

クレジット番号を打ち込むと手数料が表示された。

ノックスクートからの予約だと、1200円。
ノックスクート (1)

スクートからの予約だと、1600円。
スクート (1)

400円ほどノックスクートのほうが安い。

以上、ノックスクートHPで予約した場合の総合計は、

追加荷物なし、座席指定なし、カード決済手数料1200円を加えると、

支払い総合計:22509円

となる。

スクートHPからだと、22909円

スクートは、日本語対応可能なんで、心配な人はスクートからの予約のほうがいいだろう。
英語でも問題なければ、ノックスクートから予約して400円節約できる。
(実際に最終的な決済までは行っておらず、絶対確実とは言えませんが。)

個人的な感想

エアアジアのビッグプロモーションと同等の価格帯で、コスト面では非常にありがたい。

ネックなのは、フライトスケジュール。
週3便は、やはり少ない。

あと、出発の時間がどちらも中途半端。

関空発17:30 バンコク着21:55
バンコク発08:25 関空着15:50

ドンムアン着が夜10時。そのまま、バンコク市内へ出て、バンコクに宿泊するなら問題なさそうだが、パタヤへ直行するには、微妙に遅い。
モーチット発パタヤ行きバスの最終が夜10時なので、ちょっと間に合いそうもない。
エカマイ発パタヤ行きの最終が夜11時まであるが、到着後1時間でエカマイまで行くのは、これまた微妙。
タクシー利用でエカマイまで飛ばせば、間に合うかも。
間に合わなかったら、エカマイやオンヌットあたりの安ホテルに泊まって、翌朝パタヤを目指すか、タクシーでそのままパタヤへ向かう。

帰国便もちょっと朝が早すぎる。
8時25分発ということは、朝7時にはドンムアン空港に着いておきたいところ。

パタヤからモーチットへのバスの始発が早朝4時半。
これに乗って、まずモーチットへ。おそらく6時半過ぎには到着するだろう。
で、ローカルバスかタクシーでドンムアンへ。なんとか7時にはドンムアンに着きそうだ。
往路と同じく、バンコク宿泊しておけば、それほど問題ないだろうけど。

ふと思ったのだが、この時間帯設定は、バンコク在住のタイ人にはとても便利かもしれない。
午前の早い時間帯に出発して日本へ。その日の夕方から観光できる。
で、帰りは夕方なので、それまではゆっくりと日本滞在可能。で、夜10時にバンコク到着して、その日のうちに自宅へ戻れる。
なるほど。日本人よりもタイ人向けのスケジュール設定だったわけか。
(単に、その時間帯しか認可が下りなかっただけかもしれないが。)

LCCのいいところは、片道で購入可能という点だ。
往路は、エアアジアの深夜便で早朝バンコク着。
帰路は、ノックスクートの午前便で、午後には日本に帰れる。

時間の有効利用という点では、この方法がベターかな。

当たり前ですが、LCCに欠航や遅延はつきもので、なおかつ、何の補償もしてくれません。
欠航があっても、自社便への変更か返金くらいしか対応はしてもらえません。
どうしても外せない仕事や用事がある人は、スケジュールに余裕をもって旅程計画を立てましょう。

何にしても、選択肢が増えるというのは、旅行者にはありがたいこと。
当面は関空バンコク路線のみだが、そのうち東京やその他の都市からのバンコク路線が増えるかもしれない。

なるべく安く日本とタイを往復したいと考えている人は、エアアジアと合わせて、ノックスクートのチェックも欠かさずにどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

エアアジア ロゴ

エアアジアのフライトを予約する際の各サイト手数料を調べてみた

少し前のエントリーでエアアジアのクレジット決済手数料値上げについて取り上げた。 一区間

記事を読む

kix-scoot-delay-3

関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安かったからである。往復で2万円。

記事を読む

contact-lens-duna-1

タイでコンタクトレンズを購入する第二弾。一ヶ月使い捨て6枚入りで550バーツ。

タイのコンタクトレンズは安い。 前回紹介したものがこちら。 DUNA Life

記事を読む

thailand-motercycle

パタヤのバイクタクシー。その台数と相場

バイクタクシーの利用法 タイのみならず、東南アジア一帯で多い交通機関といえばバイクタクシー

記事を読む

ノースパタヤバスターミナル (1)

パタヤからバンコクへバス移動する方法:2016年6月最新版。パタヤ市内のソンテウ乗り継ぎ方法も。

パタヤからバンコク市内へ移動するには、いくつか方法がある。 タクシー、バス、乗り合いバン(ロッ

記事を読む

東京タイ大使館HPビザ

タイのマルチプルエントリー観光ビザが取得できるのは日本国内だけ?

2015年11月13日から運用開始予定のタイ・マルチプルエントリー観光ビザ。 その発給要件が、

記事を読む

decolgen-3

タイの薬局で買える風邪薬、Decolgenは強力

12月に入り、夜間はめっきり気温が下がってきたタイ、パタヤ。 先日、油断してエアコンを付けっぱ

記事を読む

ear-clinic-pattaya-1

パタヤの耳鼻科クリニックで、耳の掃除と治療をしてもらった

パタヤ滞在中、どうにも耳の調子が悪くなってきた。 耳の奥で鼓膜が圧迫されているような感覚が

記事を読む

T.T.Currency Exchange in walking street (1)

ウォーキングストリートの両替所、TTカレンシーが営業開始

パタヤでは定番の両替所としてしっかり定着した感のあるT.T.Currency Exchangeが

記事を読む

ピーチ航空 (4)

ピーチ航空がプロモーション中。香港へ片道2000円。ついでにマカオとバンコクも行っちゃう?

ピーチ・アビエーション(ピーチ航空)が搭乗者1000万人を記念して、プロモーションを展開中。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 田所 より:

    初めまして、毎日貴殿のブログの愛読者デス。私は横浜で会社を経営してるもんですが、来年横浜で鳥料理のお店を開店させようと計画しております。私は会社が有るので店に出たりはしないのですが、実際に自分でカオマンガイの作り方を勉強したいと思ってます。そこでカオマンガイの美味しい店を教えていただけませんか?ブログは毎日読んでますが、お勧めの店がありましたらお手数ですが教えてもらえると助かります。宜しくお願い申し上げます。

    • pattayan night より:

      ご愛読ありがとうございます。
      パタヤのカオマンガイのおすすめの店は、以下の記事を参照してください。

      ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。
      コメント欄も参考にしてください。いろんな情報が寄せられています。

      パタヤタイ、ワットチャイ近くのカオマンガイ&クィティアオ屋台がうまかった

      パタヤやバンコクには無数のカオマンガイ屋がありますんで、食べ歩きしてみてください。

      • 田所 より:

        早速の返信ありがとうございます。次回パタヤに行った時二軒とも味比べしてみます、自分好みの店で修行の申し込みをしてみます。無給なら使ってくれますよね?屋台で働いていたらつかまりますか?無給なら手伝いってことで大丈夫ですかね?すいません質問ばかりしてしまって!宜しくお願い致します。

        • pattayan night より:

          パタヤカンの有名カオマンガイ屋も必ず行ってください。
          ビザについては詳しくありませんが、無給の手伝いなら大丈夫でしょうね、たぶん。それでもイミグレに見つかると、説明が面倒そうですが。
          本気で修行なさるお気持ちのようで、感服します。ぜひ、本場仕様のおいしいカオマンガイを日本で作ってください。

          • 田所 より:

            ありがとうございます。参考になりました、パタヤカンとはフードランドの前にある店ですよね?ネットに多数書き込みされてますよね、行ってみます。無給でも見つかれば入国禁止になるんですかね?とにかく暇をみてチャレンジしてみます。お手数かけました、ありがとうございます。

          • pattayan night より:

            そうです、フードランド前のカオマンガイ屋です。スープも忘れずに。
            労働ビザ関連は、正直、さっぱりわかりません。タイで働いた経験がないもので。
            専門家に相談されることをおすすめします。

  2. コロンゼ より:

    主さんブログの方時々拝見しています、スクートの記事参考になりましたが少々気づくのが遅くプロモには有りつけ無かったようです残念。当方ラチャダーの方に度々滞在しもっぱらGoGoとMPですがパタヤは若い人向きのイメージが有りアラフィフの私にはどうも二の足が向かず・・しかしこちらのブログの情報が有れば何とかなりそうなので次回は是非滞在したいと思いますね今後もよろしくお願いします。Tさんカオマンガイを日本でとお考えなら日本人向けの味付けが必須になってくると思われます
    すでにそういうお店は日本にも沢山有るのですが完全現地の味は「行ったこと無い人」にはやはりしつこくタレも辛く感じるので方向性はそうなってしまうのですね、サブメニューのはずのマッサマン・カレーがメインになってしまったお店も多いです(苦笑)修行の精神は大事ですがカオマンガイ自体はそう難しい料理では無いので日本人が食べるであろうものは何かという方向性から攻めるのもご一考かと思います。

    • pattayan night より:

      スクートのプロモは残り少ないみたいですね。わたしももっと早く記事を上げればよかったです。すいません。
      パタヤのほうがファランや日本人の平均年齢は高いと思いますよ。
      是非、次回はパタヤへもどうぞ。

      日本でタイ料理レストランに行ったことがないんで、よくわかりませんが、タイ現地仕様のタイ料理をそのまま提供しても、なかなか受け入れられないでしょうね。
      カオマンガイの甘辛いタレとべっちゃり油まみれのご飯は、日本の風土にはちょっと合わない気もします。タイにいれば、何の問題もないんですが。
      ただ、あの蒸し鶏は、万国共通に受けるはずなんで、あとはどう改良するかになりそうですね。

      • コロンゼ より:

        わざわざお忙しい中返信すみません
        パタヤのほうが高齢者が多い>そうなんですかこれは認識不足でしたねヤル気が出てきました是非次はー!
        カオマンガイは単体では美味いのですが毎日となるとアラフィフにはきつくラチャダー辺りのローカルになるととんでもなく美味く安いトムヤムクム100バーやパッタイ40バーに出会えます美味い店の店主は出汁ちゃんと取ってますね日本での旅館で出稼ぎ歴のある姉さん達の店(苦笑)ですこういうの日本の人にも伝えたいですね小泉首相御用達の店の10分の一ぐらいの価格です
        主さんのタイの食への追求も素晴らしいです記事が奥深いので大変参考になります、頑張ってくださいませ。

        • pattayan night より:

          リタイア組はパタヤに住んでいる印象が強いです。よって平均年齢も上がります。もちろん、若い旅行者もいますけどね。
          カオマンガイ毎日はきついです。蒸鶏だけならオッケーですけど、毎日あの油ご飯は無理ですねえ。
          日本で友人がタイ料理屋に行ってカオマンガイセットを食べたら、1300円だったそうです。まあ、しょうがないんですけど、やっぱり高いですね。

アドステア

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

Asoke noodle soup (4)
手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見

→もっと見る

PAGE TOP ↑