パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

日本食

SKY LUCK(スカイラック)が日本式カレーをはじめる。カツカレー65バーツ。

投稿日:2019年9月26日 更新日:

タイの日本食チェーン、SKY LUCK(スカイラック)。
すかいらーくではない。すかいらっくである。

Sky Luck スカイラックの日本式カレー (7)

元々は日本のすかいらーくグループとタイ地元企業が合同でSKY LARK(すかいらーく)として営業していたようだが、日本側がタイより撤退。
その後、名称をSKY LUCKと改めて、タイ企業のみで営業を続けている。
いまだにすかいらーくだと言っている人がいるが、現在はスカイラックが正しいようだ。

ま、そんな些末的なことは置いておいて、スカイラックは手頃な日本食チェーン店として、主にフードコート内でがんばっている。
カツ丼やら焼きそばやら餃子やら、あとはステーキが多く、はては韓国ステーキがあったりと、純然たる日本食かと言われたらけっこう微妙なところだが、ローカル向けのローカルプライスでやっており、外野の日本人がどうのこうの言うのは野暮ってものだろう。

SPONSOR LINK



スカイラックの日本式カレー

パタヤにもスカイラックは数店舗ある。

パタヤカンのビッグCエクストラ内のフードコートにも支店あり。

ビッグCエクストラ

以前は現金払いだったが、現在はプリペイドカードでの支払いとなっている。

Sky Luck スカイラックの日本式カレー (9)

ひさしぶりに訪れてみると、メニューが増えていた。

Sky Luck スカイラックの日本式カレー (2)

ずばり、日本のカレーと書いてある。KARE'YA(カレー屋)だ。
英語では、JAPANESE CURYYと説明書き。

カツカレーが65バーツ。
他にもトリカツ、ハンバーグ、唐揚げ、魚フライなど。

トッピングとして、目玉焼きが10バーツ。ルー追加は15バーツ。
現在はプロモーション中のようで、無料でキムチがついてくる。

カツカレー

Sky Luck スカイラックの日本式カレー (3)

メニューには日本語でカツカレーと書いてある。
カレーメニューは店員さんもまだ慣れていないのか、口頭では伝えにくい。
別途、パウチされたメニューを店員さんが出してくれるので、指差しでオーダーするのがベター。

カレールーは炊飯ジャーのような保温器に入っていて、すくって皿に入れるだけ。
カツは注文のたびに揚げてくれる。

すぐに完成。

Sky Luck スカイラックの日本式カレー (6)

見た目は、いたって普通のカツカレーである。できれば、カツはご飯の上に乗せてほしかったがまあいい。
無料のキムチも付いてくる。

期待はまったくしていなかったが、カレールーは間違いなく日本の味で、うれしい驚き。
粘度強めでどろどろ感あり。
タイのローカル向け日本カレーは無駄に甘いことが多いが、ここは辛さもある。日本のレトルトカレーで言うところの小辛くらいだけど、辛さは感じられる。
おまけのキムチは甘い。そのキムチよりはカレーのほうが辛い。いいね。
ルーにはじゃがいもや人参などの具合は見当たらない。ルーのみ。

カツの肉は薄めで、衣のまぶしかたも荒いけれど、れっきとしたトンカツ。

ルーの量が少ないのが残念。
ご飯が余ってしまう。
ご飯自体は日本米のようだが、そのまま食べたいほどの味ではない。
ルーがないと厳しい。
15バーツでルーを増量できるようなので、余裕があるなら、ルー追加がベター。

れっきとした日本式カツカレーが65バーツである。
これ以上何も言うまい。
カツカレーを食べたいという欲求を満たすには充分でしょう。

SPONSOR LINK

白身魚フライ&唐揚げカレー

お次は、Fried Fish & Karaage Kareを。
白身魚フライと唐揚げの豪華2種盛りカレーである。85バーツ。

Sky Luck スカイラックの日本式カレー (8)

魚は身が薄いうえに、脂っぽい、ちょっと残念だが、しょうがない。
唐揚げは3個。いかにも冷凍食品っぽい唐揚げだが、これはこれでオッケー。日本のカレーチェーン店の唐揚げもこんなものである。
カレーにはこのタイプの唐揚げがよく合う。
正統派の唐揚げカレーといえる。

おまけの甘ったるいキムチはどうでもよくなってきた。
やはりルーは少なめ。
ご飯が余るが、トッピングの具が多いので普通におかずとご飯で食べられる。

なお、期間限定ながら、サーモンフェスティバルを開催中。

Sky Luck スカイラックの日本式カレー (5)

サーモンとトンカツと唐揚げとカレーとご飯とサラダのセットが90バーツ。
鮭とカレーが合うかは甚だ疑問だが、お得なセットには違いない。

まとめ

パタヤのスカイラックは、ビッグCエクストラ以外にも、ノースパタヤのテスコロータス、テパシットのテスコロータス、サウスパタヤのビッグC、ターミナル21パタヤなどにある。
すべての店舗で日本カレーを扱っているかは不明。
ホームページを見てみると、ハヤシライスを扱っている店もあるようだ。
ちなみに、ビッグCエクストラ店ではルーの到着が遅れることもあって、正午過ぎに訪問するとまだルーが来てないから提供できないと言われたことがある。

個人的には、スカイラックの日本カレーは大アリ。
カツカレーが65バーツで食べられる。
日系レストランと比べると、半値以下だ。へたすると3分1以下。
実にありがたい。
パタヤでふいにカレーが食べたくなったら、真っ先にスカイラックのカレーを思い出すだろう。

SPONSOR LINK

-日本食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.