パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ネット通信関連

グーグル翻訳アプリが進化。カメラ入力でタイ語から日本語へリアルタイム翻訳表示可能に。

投稿日:

グーグル翻訳はとても便利。
スマホにアプリを入れておくと、とにかく役に立つ。

以前、カメラ入力機能については紹介した。

関連記事:タイ人とタイ語でメッセージのやり取りするためのグーグル翻訳活用術

タイ文字にカメラを向けると、文字を読み取って翻訳してくれるすぐれものだ。
そのカメラ入力機能がさらに進化を遂げているので紹介したい。

SPONSOR LINK



グーグル翻訳カメラ入力リアルタイム翻訳

正式名称は知らないが、とりあえずリアルタイム翻訳としておく。
どういう機能かと言うと、カメラに写したタイ語の文字がリアルタイムに翻訳されて、そのまま画面に表示されるというものだ。

百聞は一見にしかず。

このロットゥーはタイ語表記のみとなっている。

パタヤ発ドンムアン行きロットゥー (3)

何が書いてあるのだろう?

スマホでグーグル翻訳を起動させる。
言語は元をタイ語に、翻訳先は英語でも日本語でもお好きなものに。

グーグル翻訳アプリ

カメラ入力をタップ。

カメラが自動的に起動する。
読みたい文字にカメラを向ける。
すると、画面上のタイ文字が自動翻訳されて、タイ文字が日本語に切り替わったではないか。

グーグル翻訳アプリスクリーンショット (1)

すげえ。

ちょっと怪しい部分もあるが、バンコク、サッタヒープ、ランシットといったほしい情報はばっちりだ。
このロットゥーは、バンコクとサタヒップを結んでいると理解できる。(実際はパタヤ発ランシット行きのロットゥー)

食堂なんかのタイ語の看板も読めてしまう。

Mr Duckのカオナーペットとクイティアオペット (5)

英語へ
グーグル翻訳アプリスクリーンショット (5)

場合によっては、タイ語読みをそのままアルファベット表記にすることもある。

グーグル翻訳アプリスクリーンショット (4)

料理名のタイ語がわかっているならこちらのほうがいいかも。

日本語へ
グーグル翻訳アプリスクリーンショット (6)

なんかシュールな気もするが、ITの進化ってすごいね。

カメラがぶれると、翻訳もぶれる。
カメラがぶれるたびに、翻訳がころころ変わっていくことがあり、その時は翻訳の一時停止を押す。
すると翻訳が固定されたまま表示される。

また、従来のテキストスキャンも健在。
スキャンに切り替えて、文字にピントを合わせてからシャッターボタンを押せばいい。

グーグル翻訳アプリスクリーンショット (2)

読み取りたい部分をタップすると部分翻訳可能。

グーグル翻訳アプリスクリーンショット (3)

すべて選択にすると、全文が表示される。

長い文章なら、スキャンのほうがいいだろう。
元々のタイ語も表示されるため、音声読み上げ機能を使えば、タイ文字が苦手でも意味を取りやすい。

タイ語の崩したフォントだと読み取り精度は格段に落ちてしまうが、そのあたりはしょうがないかなと。
きっちりしたフォントならけっこう読み取ってくれる。

まとめ

タイ語表記のみのバスや食堂なんかでは役に立ちそうな気がする。
さっとカメラを向けて、その場で翻訳。
行き先も料理名もばっちり。
ある程度のタイ語が話せるなら近くにいるタイ人に聞くのが手っ取り早いのだが、まったく苦手な人には有益な機能だと思う。
もちろん英語やタイ語だけでなく、他の言語にも対応している。
旅先でお試しあれ。

SPONSOR LINK

-ネット通信関連

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.