*

前半戦終了。タイガールと食べるソムタムとガイヤーンとカノムジンがたまらなく美味い。

15日目

パタヤ滞在も15日目となる。
これで予定の半分が経過したことになる。

今のところ、予算的には特に問題なし。
相手をしているのがコヨーテ嬢一人だけで、バーファイン代はゼロだし、チップは最低限の額しか渡していない。
一緒に食事に行ったり、バイタクに乗ったり、ちょっとした買い物をしてあげたりと、微妙に出費がかさんでいくが、まともにコヨーテを毎日ペイバーしていたら、あっというまに破産していただろう。

とはいえ、節約は欠かせない。
特に一人での食事の際は、なるべくローコストで済ませたい。

昼食は市場のぶっかけ飯

そんなわけで、一人での昼食は、当たり前のように市場のぶっかけ飯となる。
ブッカオの常設市場へ。

食欲をそそる料理が勢揃いだ。

ブッカオ市場のぶっかけ飯 (3)

ブッカオ市場のぶっかけ飯 (1)

豚バラ肉と野菜のレッドカレー風のものと、あさり炒めのダブル載せで。

ブッカオ市場のぶっかけ飯 (2)

料理名は不明。
あさり炒めは、パットペットホイラーイとか何とかだと思います。

指差しでオッケーなんで、あまり気にしない。

豚バラ肉うまし。
ホイうまし。
でも、あさりの貝殻だけで中身がなかったりするのは悲しい。

40バーツ。

ちょっと物足りなかったので、唐揚げ串を追加。
ブッカオ市場の唐揚げ

10バーツ。
これまた、うまし。

関連記事:長期貧乏滞在者の強い味方。ブッカオ市場のぶっかけ飯屋。

コヨーテ嬢とソムタム、ガイヤーン、カノムジン

食事をしていると、コヨーテさんから連絡が入る。
おはようコール。
ようやく目を覚ましたようだ。
長い睡眠ですな。
あとで部屋に遊びに来るとのこと。

で、実際にやって来て、部屋でだらだら。

夕方、コヨーテさんがソムタムとガイヤーンを食べたいという。
ご要望にお応えして、わたしが一人で屋台へ買い出しに。

ソムタムに関しても好みがあるようで、細かく指定された。
一気にカタカナで書くとこうなる。

タムタイプリアオワーンマイペットマーク

ソムタムタイ、酸っぱくて甘い味付けで、辛すぎないようにしてね~

ということになる。
字面で暗記するのは無理があるので、意味で覚えるようにしましょう。
自分好みのソムタムを注文できるようになるかな。

プリアオ=酸っぱい
ワーン=甘い
ペット=辛い
ケム=塩からい

基本的な味の表現はマストで覚えましょう。

マイサイナムターン(砂糖入れないで)」
サイプリックヌン(唐辛子一本入れて)」

といったように具体的な調味料の有無や量を指定したりもする。

おばちゃんが客の好みに合わせて、さくっと作ってくれる。
見よ、カメラがぶれるほどの高速の手さばきを。

ソムタム作り

ガイヤーンは屋台からテキトウに選んで網の上に乗せるだけ。
ソムタム作りに忙しいおばちゃんのかわりに、自分で裏返して焼き加減を調整しましょう。

ガイヤーン

ソムタム、ガイヤーンときたら、あとはカオニャオが定番だけど、今回のリクエストは「カノムジン」だった。
ややこしいことに、カノムジンは、ソムタムと混ぜることがある。
今回は別々に食べたい。

別々にする時は、「イェー」。
英語で「セパレート」と同じ意味だと教えてもらった。
バーでビル(請求書)を別々にする時は、「イェー」もしくは「ダンハー(ク)」と言えばいいらしい。
英語のセパレートで通じるんで、別に無理してタイ語を使わなくてもいいと思うけど。わたしも実際に使ったことがないし。よほどのローカル屋台で注文する時はどうぞ。

ソムタムタイ、ガイヤーン、カノムヂンの3点セットの出来上がり。
全部で90バーツ。

ソムタムタイガイヤーンカノムジン

おお、ここのソムタムとガイヤーンおいしいぞ。
カノムジンとの相性も抜群だ。

タイガールと向かい合わせになって床にあぐらをかきながら、ソムタムとガイヤーンを食べていると、なぜかすごくハッピーな気持ちになってきた。
心がほんわかするというか、幸せを噛みしめるというか、なんだか不思議な気分。
たぶん、ソムタムとガイヤーンがうますぎるせいだ。

心も腹も満たされ、まあ、流れでベッドへ。
下半身も満たされた。

前半戦最後の夜

コヨーテさんの職場までお見送り。

ゴーゴーバーには目もくれず、部屋に戻る。
夜遊びをしなくなってしまった。
これではダメだ。いや、これでいいのか。

夜遅くなってから、なじみのバービアでビールとビリヤード。
女を求めてさまよい歩くよりも、知り合いのファランやおばちゃんバービア嬢と仲良くビリヤードしたり冗談言い合っているほうが楽しくなってきてしまった。
はてして、これでいいのか。

いい感じに酔っ払って帰宅。
で、深夜に仕事終わりのコヨーテさんが部屋にやってくる。

腹が減ったというので、コンビニでチキンバーガーを買ってあげる。
セブンイレブンのスパイシーチキンバーガー。

コンビニのチキンバーガー

日本語表記なんでわかりやすい。
マヨネーズがうまいよね。それ以外は、まあコンビニレベルの味。
むしゃむしゃと二人でバーガーをかじる。

食後、抱き合って眠る。

こんなパタヤ生活してていいんだろうかと自問しつつ、楽しいからまあいいかと自答してしまう前半戦終了の夜であった。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ソイチャイヤプーン入り口の屋台

キーキアットなパタヤの日常。食っちゃ寝していると豚になるぞ。

24日目 アーハン・キーキアット コヨーテさんの起床時間がさらに遅くなった。 もう午後3時を過

記事を読む

エレクトリックブルー1

サードロード捜索からウォーキングへ。エレクトリックブルー初入店。新店情報あれこれ。

11日目 サードロードの出会い系酒場? 夜10時ころ、ようやく外出。 サードロードをひたすら歩

記事を読む

ペパーミントゴーゴー

ペパーミントで友人のペイバーを手伝う。ボーイズタウン内のホテルはとってもマッチョな雰囲気。

9日目つづき。夜の部。 ウォーキングストリートへ 食後、ウォーキングストリートへ。 友人のうち

記事を読む

センターン映画館

コヨーテ嬢とセンターンで映画デート。結末やいかに。

20日目 起床は昼過ぎ。 酷暑期のパタヤにしては珍しく、しとしとと雨が降っている。 昨

記事を読む

スワンナプーム空港バスターミナル

またしてもパタヤ沈没はじまる

パタヤ沈没日記2015年5月~6月はじめに 約2ヶ月のインターバルを置いて、またもやパタヤ沈没がや

記事を読む

たこ焼きお好み焼き

ノースパタヤの日本人向けラーメン屋とたこ焼き屋とサラリーマン

(17日目つづき) ソイ3のバービアを出てから、ノースパタヤをセカンドロード沿いにさらに北上。

記事を読む

食事

滞在ラスト2日前に最後のブンブン。あとは最後の挨拶まわり。

28日目 一人の朝食 起床。 パタヤ滞在残り2日。 あさっての午前中にはパタヤからドンムアン

記事を読む

シーシャ

パタヤ到着後、コヨーテ嬢を呼び出しブンブンへ。夜はいつものバービアめぐり。

1日目 パタヤに午前中到着。 連絡しておいた定宿にチェックイン。部屋を用意してくれていた。

記事を読む

ガイトート屋台 (1)

コヨーテ嬢のアパートへ遊びに行ってブンブン。最後はファランと遊ぶ。

4日目 昼食はガイトート ガイトート。発音は、ガイトーッ(ト)みたいな感じで。 鶏のか

記事を読む

パタヤの青空

晴れた日には洗濯とアオカンを。19歳の新人バービア嬢を涙ながらに放流。

27日目 晴れた日には洗濯を 起床は正午前。 一人で寝ると、睡眠の深さが違う。 7時間も寝れ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    ソムタム辛そうですねぇ@@;
    ビールじゃんじゃんいきそうですw
    美味しいもの食べてる時って確かに幸せw
    羨ましいです><

    • pattayan night より:

      いや、見た目は真っ赤で毒々しいですが、意外と辛くないですよ。
      日本料理では味わえないレベルの辛さに変わりはありませんが。
      おいしいです。

  2. より:

    6/11、楽しみにしている更新が今日はない。
    何かトラブルがあったのだろうか? ちょっと心配。

    • pattayan night より:

      何もないですよ。今、ちょうど更新中です。あとすこしお待ちを。

アドステア

Pattaya soi7
スレてない新人バービア嬢を探せ。19歳初日宿無しと遭遇。

沈没日記6 パタヤのバービアめぐりの醍醐味の一つが、田舎から出て

Pattaya klang karaoke street
パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集す

Steak Surprise (10)
リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー

BBQポークリブのおいしい店として紹介したことのあるSURPRIS

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店?と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑