パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ジェントルマンズクラブ

パタヤタイのジェントルマンズクラブ、Double Kiss Lounge訪問レポート

投稿日:

パタヤタイからソイコーパイへ抜けるソイにジェントルマンズクラブがあった。
Double Kiss Lounge(ダブルキスラウンジ)という名称。
どうやら昨年末にはグランドオープンしていたようだが、まったく知らなかった。
店の前を通りかかると、色っぽいお姉さんたちに声をかけられたので、ほいほいと入店してみた。

Double Kiss Lounge

ダブルキスラウンジ Double Kiss Lounge (2)

表側にテラス席。

ダブルキスラウンジ Double Kiss Lounge (1)

ドアには鍵がかかっておらず、そのまま店内へ。

店内は広い。そして豪奢。
ソファー席がたくさん。
まさにラウンジという呼び名がしっくりくる。
びっくりするほどの豪華さ。

でも、訪れた時間帯が早いせいか、出勤嬢は4人。ママさんとキャッシャーも含めての数なので、実際は二人だけ。
全部で10人ほど在籍しているそうだ。

コーラ60バーツ。

店内禁煙とのこと。
喫煙は外のテラス席で。

店の名前からすると、ただのブロージョブ系バーかと思いきや、いちおうジェントルマンズクラブとのこと。
たしかに口だけのサービスでもいいが、基本はフルサービス。

営業はかなり積極的。
二人とも横に座ってきて、両隣からがんがんと股間を刺激してくる。
まとめて二人ともペイバーしろと煽ってくる。
サービスには大変期待が持てますな。
これぞジェントルマンズクラブである。

ソファー席は多いけれど、カーテンのしきりはなし。
上階に部屋があるみたい。

部屋代というバーファインが350。

口だけのサービス:500
フルサービス:1000

パタヤの鉄板価格を維持。

今回は出勤嬢が少なすぎた。
次回は10人が揃うところを見てみたい。

営業時間は昼12時から午後10時まで。
夕方くらいに行くのが良さそう。

地図

Soi Rungland Villageにある。
パタヤタイとサードロードの交差点をスクンビット方面へほんのちょっとだけ進み、右に入っていく。

パタヤタイ RUNGLAND VILLAGE

このソイには、ローカルな飯屋やパブや安ホテルが雑多に並んでおり、一風変わった通りになっている。

以前紹介したカオマンガイ屋が隣にある。

関連記事:パタヤタイ、RUNGLAND VILLAGEのカオマンガイ屋

ダブルキスラウンジの上階は、イエスブティックプレイス(YES BOUTIQUE PLACE)というホテルになっている。
入り口はすぐ隣だ。

イエスブティックプレイス (1)

マンスリーが激安で、6000から7000バーツ。

イエスブティックプレイス (2)

アゴダでも取り扱いあり。が、最近や予約を受け付けていない様子。

イエス ブティック ホテル (Yes Boutique Hotel)

まとめ

周囲に遊ぶところは特にない。
ローカル向けのパブやカラオケなんかはあるが、外国人旅行者が単身で遊ぶには厳しい。

バイクがなくても訪問は可能。
バイクがあるなら、ガソリンスタンドへ行くついでに寄り道するのがいいかも。
店内は豪華だけど、女性陣のラインナップには期待厳禁。

パタヤのジェントルマンズクラブまとめ記事に追加しておく。
ジェントルマンズクラブめぐりをしたいと考えている人は参考までに。

パタヤのジェントルマンズクラブ Gentlemen's Club まとめ。遊び方、料金、地図などなど。

パタヤで綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2019年(5月2日更新)


-ジェントルマンズクラブ

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.