*

セントラルのKFCとFUJIレストラン。日本から友人がやって来る。

9日目

コヨーテ嬢と昼12時過ぎまで熟睡。
夜の女性に合わせていると、どうしても生活サイクルが乱れてしまう。

一足先に起床して、パンとコーヒーで朝食。
ほどなくコヨーテ嬢も起きてくる。

セントラルフェスティバルのKFC

昼食は、タイ人が大好きなKFCへ。ケンタッキーフライドチキン。
タイではみんなKFC(ケーエフシー)と呼ぶ。

でも、チキンバーガーのことを「バーガーガイ」と呼ぶのはやめてくれ。
日本語では「鶏肉バーガー」となり、間違ってないんだけど、すごく違和感がある。

セントラルフェスティバル

セントラルフェスティバルパタヤにはKFCが2軒ある。
一軒は地下一階セカンドロード側。わかりやすい立地。
もう一軒が、5階のビーチロード側端っこにある。

KFCセントラル店 (4)

店がガラス張りになっていて、店内からパタヤ湾が一望できる。
バルコニー席もあって、実に開放的だ。
どうせKFCで食べるなら、こっちの店がおすすめ。

KFCセントラル店 (2)

KFCセントラル店 (3)

チキンバーガーセット(Combo 1)が169バーツ。
いつの間にか、思いっきり値上がりしている。
つい2年前までは120バーツくらいだったはずで、ひどいインフレだ。
二人分で338バーツ。
痛い出費である。

KFCセントラル店 (5)

値上がりはしたが、ポテトの量は増えているなあ。
二人前のポテトの山ができた。
味のレポートは必要なし。
日本のケンタッキーと同じです。普通においしいです。

KFCセントラル店 (1)

ポテトの山と格闘していると、日本の友人から電話がかかってきた。
さっきパタヤに着いたそうな。

夜の食事会とゴーゴーバー案内のお誘い。
もちろんオッケーする。

FUJIレストランのカツカレー

コヨーテ嬢を仕事に送り出してから、ふたたびセントラルフェスティバルへ。
日本人の友人3人。うち2人はとっくに定年を迎えており、年齢層は高め。
辛いタイ料理が苦手なため、どうしても食事は日本料理になってしまいがち。
今回は、FUJIレストランとなった。

午後6時過ぎ、店内はすでに満席に近い。
人気あるなあ。

わたしはさっきのKFC山盛りポテトのダメージが効いており、あまり食欲がない。
カツカレーを選択。

FUJIのカツカレー

FUJIのカレーは初めて食べる。
うーん、辛さがない。うまみがない。コクがない。ルーはシャバシャバでとろみ無し。
カレーの王子さまのようなお子様向けのカレーの味だ。いや、それ以下か。
決して食べられない味ではないけれど、決して美味しくはない。
これを日本式のカレーとは呼びたくない。
カツも薄い。豚肉の味がしない。
付け合せのサラダも新鮮さが感じられない。
これで180バーツかあ。しかも税別。

 

友人たちは定食ものを頼んでいたが、味噌汁から変な味がしたそうな。
明らかに味が落ちたと嘆いていた。

バンコクにある大戸屋は、ほぼ日本と変わらない味で、まったく問題ないそうな。
パタヤにも出店すればいいのに。

 

というわけで、本日のパタヤ食は、タイ料理度ゼロ。
たまにはこんな日もある。

FUJIでの食事を終え、一行はウォーキングストリートへ向かうことにした。
友人がペイバーしたいと言うのだ。

(つづく)

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

2階建てバービア

ソイブッカオのバービアはどこもニアップニアップ

3日目 昼飯カオパット ソイエキサイト脇道にある食堂へ。 ここは日本語メニューが置いて

記事を読む

焼き鳥バーベキュー

読者さんとスレスレ談義で語り合うバービアの夜

12日目 昼飯はガパオムーサップカイダーオ 宿の近くに新しい炒めもの屋台が出現していた。 もの

記事を読む

ぶっかけ飯レッドカレー

バービアでケンカはやめて。酔っ払いファランとタイ人男たち。

6日目つづき夜の部 散髪 コヨーテ嬢を見送ってから、一人で散髪へ。 いつもの散髪屋。 もう顔

記事を読む

ソイチャイヤプーン入り口のカオカームー屋台2

本日の食費は70バーツ。ブッカオ市場のぶっかけ飯と屋台のカオカームー。

10日目 最後までパタヤに残っていた友人も無事に帰国への途についた。 これで、またパ

記事を読む

ソイチャイヤプーン入り口の屋台

キーキアットなパタヤの日常。食っちゃ寝していると豚になるぞ。

24日目 アーハン・キーキアット コヨーテさんの起床時間がさらに遅くなった。 もう午後3時を過

記事を読む

ソムタムタイガイヤーンカノムジン

前半戦終了。タイガールと食べるソムタムとガイヤーンとカノムジンがたまらなく美味い。

15日目 パタヤ滞在も15日目となる。 これで予定の半分が経過したことになる。 今のと

記事を読む

ソイ3バービア嬢

ソイ6のパーティとソイ3バービアで遊ぶ。ちょろっとだけバービア遊び方入門。

17日目 ブッカオ市場でお買い物 泊まりに来ていたコヨーテさんが、新しい洋服をご所望。 しょう

記事を読む

名無し食堂のラートナー (1)

コヨーテ嬢とラートナー。ぶっかけ三昧の昼下がりの情事。

(注意。当記事にはダジャレと暗喩に擬した大人向けの表現が含まれております。タイ料理を検索して訪問され

記事を読む

シーシャ

パタヤ到着後、コヨーテ嬢を呼び出しブンブンへ。夜はいつものバービアめぐり。

1日目 パタヤに午前中到着。 連絡しておいた定宿にチェックイン。部屋を用意してくれていた。

記事を読む

ソイ6

ソイ6、ノースパタヤとナックルアのバービア捜索。最後はコヨーテ嬢が部屋へ。

5日目夜の部 ソイ6 パタヤカンでの食事後、ソイ6へ。 一人でソイ6を調査する。 時刻は

記事を読む

アドステア

Comment

  1. マイク より:

    Fujiのカレーはカレーじゃないですよねぇ。
    個人的にはYayoi軒の方がお勧めです。
    ドリンキングストリート近く(姉御と同じ所)にラーメン屋が昨日オープンしてました。
    今週は50%offとの事なので試す価値は有りです。

    • pattayan night より:

      あのカレーはダメですね。
      ラーメン屋情報ありがとうございます。
      50%オフなら試してみようかな。でも、40バーツでおいしいバミー屋がたくさんあるんで、わざわざ行かなくてもと思ってしまいます。
      日本式ラーメンよりおいしい焼き餃子が食べたいです。

  2. より:

    リピーター日本人で、
    タイが、いやパタヤが大好きな癖に、
    辛いタイ料理が苦手な日本人と聞くと腹立ってきます。「じゃあ、辛くない焼飯ばかり食ってろ」と言いたくなりませんか?
    そのいまいちのFU○Iというレストランで、自分は食べたくないと思いました。
    その情報を得ただけでも価値がありました。
    私はバンコクのMBK隣の田ご○で食事して、腹を壊したことがあります。

    • pattayan night より:

      うーん、腹は立ちませんが、せっかくタイに来ているのに、もったいないなあと思います。
      辛くなくておいしいタイ料理もたくさんあるんですけどねえ。
      ついつい楽な日本料理屋に行ってしまう傾向が強いみたいです。

  3. 芽きゃべつ より:

    日本的カレーを食べるなら 近場ではBIG-Cヌアの北側のソイに在る<金沢カレー>(今度試してみたい)、シラーチャのココイチ(ここは実食済み、日本と同等品)・・・・あとはナンチャッテカレーの様でタイカレーの方が美味しいです。

    • pattayan night より:

      金沢カレーは、読者”マイクさん”の情報によると、おいしいみたいですよ。気が向いたら食べてみたいです。カツもおいしければいいんですが。
      ココ壱は、かつてパタヤのセンターン内にありました。その頃、一度食べています。ちょっと量が少ないくらいで、あとは日本と同じ味でした。
      まあ、値段を考えれば、種類も豊富なタイカレーを食べるほうがいいんですけどね。ぶっかけ飯屋のカレーなら30バーツで食べられますし。

アドステア

スクリーンショット_032317_055159_PM
GWにも年末年始にも。サプライス(Surprice)の5000円割引きクーポン配布中。

格安航空券販売のSurprice(サプライス)が、恒例の割引きクー

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

Navin mansion2 (12)
パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。

Book of Philipin pub (2)
おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入

Yak statue
パタヤ復帰後はカラオケ嬢と付かず離れずで。ノーブンブンライフも悪くない。

沈没日記11 (10からの続き) バンコクからパタヤへ シーロム

→もっと見る

PAGE TOP ↑