*

ソイブッカオのバービアはどこもニアップニアップ

3日目

昼飯カオパット

ソイエキサイト脇道食堂 (6)

ソイエキサイト脇道にある食堂へ。
ここは日本語メニューが置いてあり、非常に使い勝手のよい食堂だ。

昼食の時間帯を過ぎていたせいか、客はゼロ。
猫が暇そうに寝ていた。

ソイエキサイト脇道食堂の猫

今回は定番のカオパット(焼き飯)を注文。具は豚(ムー)で。

すぐさま調理を開始してくれる。
待ち時間がかからないのがうれしい。

カオパットは意外と当たり外れの多い料理だ。
ごはんの炒め方で食感と味が大いに左右される。

ソイエキサイト脇道食堂のカオパット

ここのカオパットは当たりだった。
パラっとした絶妙の炒め加減。味付けもくどくもなく、あっさりしすぎてもいない。
マナオ(ライム)をしぼって、ナンプラーを軽くふりかければ、さらに風味が増す。

けっこううまい。
少なくとも表にあるブッカオ名無し食堂のべちゃべちゃカオパットよりは、格段にうまい。
そりゃあもちろん、他の値が張るレストランに比べれば味は落ちるかもしれない。
でも50バーツでこの味と量を提供されたら文句は言えない。
しかも待ち時間はほぼゼロ。

混んだら困るけど潰れても困る。
ほどほどにがんばってほしい食堂である。

関連記事:ソイエキサイト脇道の食堂は日本語メニューあり。味は普通だけど使い勝手は良し。

晩飯はバミーナム

夜になり、再度外出。
今夜は、ブッカオ南側のバービアを回る予定。
その前に腹を満たさねば。

よく利用するファミリーマート前の屋台食堂へ。
クィッティアオとカオマンガイがメイン。カオムーデーン(焼き豚丼)も置いてある。
営業は夕方から。

ブッカオ屋台1

今回は無難にバミーナムを注文。
約2ヶ月ぶりの訪タイなので、とりあえず定番メニューを1つずつ味わっているところ。

ブッカオ南側のバミー

ここのバミーは、まずまずおいしい。
決して特上の味ではないけれど、バービアめぐり前後に味わうにはまったく問題ない。
もうちょっとスープが熱かったらなあ。

関連記事:ブッカオのおすすめバミー屋台

ブッカオ南側のバービア捜索

腹も満たされたところで、ソイブッカオ南側のバービア捜索開始。
火・金市場付近からブッカオ沿いにあるバービアをしらみつぶしにのぞいていく。

バービアめぐりは、足でかせぐ。これが基本である。
バイクで移動すると楽でいいが、細かいところを見落としてしまう。
まだ不慣れな新人バービア嬢は、あまり声をかけてこず、ベテランバービア嬢の中で埋もれていることが多い。
そこを見落とさないための徒歩移動なのである。
これが面倒だと思う人は、バービアめぐりには向いていない。少なくとも新人嬢探しは難しい。
まあ、たまたま入ったバーで思わぬ拾い物が見つかったりすることもあり、出会いは気まぐれだけど。

が、ローシーズンまっただ中のパタヤ。
どこも閑古鳥が鳴いている。盛大に鳴いている。まさに大合唱だ。
とにかく客がいない。
たまに見かけるのは長期滞在と思しき沈没系ファランのみ。
もともとブッカオ南側のバービアには沈没系ファランが多いけれど、さらに拍車がかかっている。

アクションストリート

アクションストリート

バーは開いているけど、ほとんどのバーで客はゼロか一人だけ。
入り口右手すぐのバービアだけは、バービア嬢も客もそこそこいて賑わっていた。
あとはガトゥーイ専門バーくらいかな。

2階建てバービア群、ブルーラートゥリー

2階建てバービア

ほぼ壊滅状態。
2階につづいて、1階までやばいことになっている。全部で3店舗くらいしかオープンしていない。
もうのぞく価値なし。
けっこう好きだったんだけどなあ、ここ。
ハイシーズンでの復活を期待しよう。

 

結局、ブッカオにある知り合いのバービアへ。
ママさんに捕獲されてしまった。

ママさんもバービア嬢も、とにかく口を開けば「ニアップ ニアップ」と繰り返す。
客がいなくて静かなことをニアップという。

ニアップ マーク
ニアップ マークマーク
ニアップ マークルーイ

語尾で強調させて、ひたすらニアップを連呼。

それくらい客がいない。
たまに常連ファランがやってくる程度かな。
でも、金持ちファランなのか、すぐにリングベル。
ありがたくビールをいただく。

だらだらと更けていくソイブッカオの夜である。

もう新規開拓はあきらめて、なじみのバービアへ移動。
ここも客はゼロ。
ママさんは、「ニアップ ニアップ」を繰り返す。
いや、ほんとひどい客足だ。

買い手市場間違いなし。
選び放題だ。
この時期にパタヤへ訪れる人は、ぜひバービアにも足をのばしてほしい。

結局、バービアが閉店する深夜2時過ぎまで、客はわたし一人だった。
おまけに閉店準備まで手伝わされた。
飲んだビールのグラスも自分で洗う。
わたしがシャッターを降ろして、閉店がらがら。
だめだ、こりゃ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ガイトート屋台 (1)

コヨーテ嬢のアパートへ遊びに行ってブンブン。最後はファランと遊ぶ。

4日目 昼食はガイトート ガイトート。発音は、ガイトーッ(ト)みたいな感じで。 鶏のか

記事を読む

夜のパタヤビーチ (1)

イサーン姉弟たちと夜のパタヤビーチでプチ宴会。最後はクイジャップ屋台でしめる。

25日目 肉欲とサロン コヨーテさんの起床は例によって午後3時ころ。 昼過ぎにメーバーン(家政

記事を読む

雨のウォーキングストリート1

コヨーテ嬢の嫉妬爆発とウォーキングストリート爆発事件。パタヤ最終夜のゆくえ。

29日目 パタヤ滞在の実質的最終日。 明日の午前中にはパタヤを発つ。 今夜はバーファイ

記事を読む

ボーイズタウンの看板

ボーイズタウンで男の砲列を浴びてからのゴーゴーバーめぐり

10日目 昼飯はママー 本日の昼飯は、カップラーメンである。 タイでは、「ママー」とも

記事を読む

KFCセントラル店 (4)

セントラルのKFCとFUJIレストラン。日本から友人がやって来る。

9日目 コヨーテ嬢と昼12時過ぎまで熟睡。 夜の女性に合わせていると、どうしても生活サイクル

記事を読む

ジョムティエンのバービア (3)

ジョムティエンの巨大バービア群でまったり遊ぶ。イングランドとイサーンの融合を見よ。

18日目 起床後。 コヨーテさんがフルーツを食べたいと言う。 昨晩、マンゴスチンとマンゴー

記事を読む

スパーガール1

ウォーキングウォーキング、スーパーガールを見学してきた。最後はLKメトロへ。

2日目つづき。夜の部。 パタヤの夜といえば、ウォーキングストリート。 価格上昇と緊縮財政事情

記事を読む

ぶっかけ飯レッドカレー

バービアでケンカはやめて。酔っ払いファランとタイ人男たち。

6日目つづき夜の部 散髪 コヨーテ嬢を見送ってから、一人で散髪へ。 いつもの散髪屋。 もう顔

記事を読む

ソイチャイヤプーン入り口のカオカームー屋台2

本日の食費は70バーツ。ブッカオ市場のぶっかけ飯と屋台のカオカームー。

10日目 最後までパタヤに残っていた友人も無事に帰国への途についた。 これで、またパ

記事を読む

たこ焼きお好み焼き

ノースパタヤの日本人向けラーメン屋とたこ焼き屋とサラリーマン

(17日目つづき) ソイ3のバービアを出てから、ノースパタヤをセカンドロード沿いにさらに北上。

記事を読む

アドステア

アドステア

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

→もっと見る

PAGE TOP ↑