*

【パタヤニュース】ソンクラーン終了/日本人旅行者がひったくりにあう

公開日: : パタヤニュース

ソンクラーン終了

4月19日にソンクラーンが終了。
当日は警察官がビーチロードを巡回して注意を呼びかけていた。
ソンクラーン歴の長いベテランによれば、高圧放水やアルコール販売の規制などの影響もあり、今年のソンクランはこれまでに比べると、かなりマシな状態だったとのこと。
喧嘩騒ぎはあったものの、重大な事件事故はなかったようだ。
(ソース:pattaya people

動画を見ていると、意外と平和そうな感じ。
警官の顔にも白い粉を塗りつけて、みんな笑顔。

そういえば、フェイスブックにもゴーゴー嬢たちが遊んでいる写真がよくアップされていたなあ。

でも、祭りの後に残されるのは、ゴミの山。

ソンクラーンの後片付け

ソンクラーン明けの月曜日。
公衆衛生局から派遣された50人の掃除人がビーチロードの清掃にとりかかった。
が、月曜日夜になっても、清掃は終了しなかったようで、一部から批判の声が上がった。
(ソース:pattaya one

あれだけのゴミの山だものねえ、掃除しきれないのも無理はなさそう。

大量の観光客のわりには、パタヤの清掃は意外と行き届いているほうだと思う。
もちろん、日本に比べればはるかに汚いし、生ごみが散乱していることも多いけれど。
毎日清掃車が巡回して、ゴミを収集している。
収集は主に夜から早朝にかけての時間帯。
まあ、昼間は暑すぎて仕事にならないだろうし、夜の店が閉まってから一気に清掃してしまう作戦なのだろう。
たまに朝方うるさいこともあるけど、町をキレイにしてくれているので、文句は言えまい。
毎日のお掃除、おつかれさまです。

ホテルの違法増築取り壊し

ソイVCにあるザ・ブティック・ホテルが当局によって、一部取り壊された。
このホテルは本来7階までしか建築許可されていなかったが、ホテルオーナーが無断で6階分を増設していた。
当局とのいさかいでホテルは閉鎖されていたが、オーナー側が勝手に営業を開始。
不法営業を発見した当局がホテルの1階部分を破壊。
工事代はホテルオーナーに請求するとのこと。
(ソース:pattaya people

ソイVCとは、セカンドロードのソイ17のこと。
マリーンレストランのあるソイからセカンドロードを渡った先だ。
ウォーキングストリートからほど近いわりには、日本人にはあまり知られていないかも。
手前側がアラブ人街で、奥に行くと、世界的に有名なゲイタウン「SUNEE PLAZA」がある。

それにしても、ホテルの不法建築はちょっと怖い。
問答無用で建物を破壊する当局も怖い。

なんでも、似たような違法建築でもめているホテルがあと10軒くらいあるそうだ。
これも怖い。

最後は、もっと身近で怖いニュース。

ウォーキングストリートで日本人旅行者がひったくりにあう

ソンクラーン期間中に、55歳の日本人旅行者がひったくり被害にあった。ウォーキングストリートを歩いていると、ショルダーバックを切りつけられ、タイ人の男がバッグを持ち去ってしまったという。
バッグの中には、有り金全部とパスポート、アイフォン、クレジットカードが入っていた。
捜査が開始されたが、同様の犯罪が5件起きており、同一人物が犯行に関与しているものと見られている。
(ソース:pattaya people

ここではあえて日本語で名前を書かないけれど、元ニュースではばっちり実名報道されているし、映像で顔も映っている。
まあ、被害者なんで別に悪いことは何一つないのだが、ウォーキングストリートを歩いていたことを世界中にさらされるのは、あまり歓迎したくない事態。
そして、持ち金全部盗まれるのはもっと歓迎したくない。

どういうバッグなのかはっきりしないけれど、おそらく、肩ひもをナイフで切断して、そのままひったくって行ったものと思われる。
ウォーキングストリートの人混みの中での一瞬の出来事だっただろう。

簡単な防犯策を講じておこう。

なるべくならカバンは持たない。
チャック付きのポケットの中に貴重品を入れる。
財布にはチェーンをつけて、簡単には盗まれないようにする。
パスポートやカード類は、ホテルのセーフティボックスに預けておく。
どうしてもパスポートを携行する際は、カバンの中ではなくて、小さなウェストポーチや旅行用の腹巻きポーチで肌身離さないようにする。

とにかく、貴重品は分散させておくのがベターだ。
持ち金もカードもすべて盗まれてしまったら、まったく身動きが取れなくなってしまう。

わたしがパスポートを持ち歩く時は必ず腹巻きの中に入れる。現金もクレジットカードも財布と腹巻きに分散させている。
こういうやつ。空港のショップでもよく売っている。

ウェストポートでもいいのだが、どうにも見た目が悪い。
それに、ずっと腰に巻いていると、外してしまいたくなって、ついついテーブルの上とかに置いてしまいがち。
盗難のリスクアップ。

やっぱり、繁華街に遊びに行くときは、極力貴重品を持ち歩かないのが大前提ですね。
前回のパタヤニュースのエントリでも取り上げたけど、ソンテウ内でのスリ事件が多発しています。
ひったくりとスリには、みなさんもお気をつけて。

 

ソンクラーンが終わり、平常運行となったパタヤ。

まあ、中国人の連続水難事故とか、ファランの相次ぐ死亡事件とか、ビーチロードの立ちんぼ一斉摘発とか、相変わらずの事件と事故が多いけれど、これがいつも通りのパタヤ。

なるべく危険を回避しつつ、パタヤを楽しみましょう。
では、また。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

newspaper-410111_640

【パタヤニュース】ジョムティエン一方通行延期/パタヤビーチに捨てられた老人/吼えるファランと飛び降りファラン

ジョムティエンの一方通行は延期に 11月12日からジョムティエンのビーチロードは一方通行へ変更され

記事を読む

costume

【パタヤニュース】ジョムティエン一方通行に/スパイシーガールズ営業停止/大雨ハロウィーン

ジョムティエンのビーチロードが一方通行に 今年2014年11月12日から変更になるとのこと。 一

記事を読む

pattaya20161013-1

【タイ・プミポン国王死去】静まり返ったパタヤの夜

タイ時間で、10月13日午後7時頃、プミポン国王死去のニュースが流れた。 わたしはちょうど

記事を読む

PATTAYA PEOPLE

【パタヤニュース】アメリカ人刺される/レセプション睡眠薬強盗/アルノタイで火事/ロシア人流れ弾に当たる/パタヤビーチ夜間パトロール

ソイブッカオでアメリカ人が刺される 喧嘩の原因は不明だが、ブッカオの路上でアメリカ人とフランス人で

記事を読む

ウォーキングストリート

【パタヤニュース】ウォーキングSt殺人事件/飲み逃げファランが殴られる/ハリウッド立ち入り調査

久々にパタヤニュースをお届け。 先週から今週にかけてパタヤを最も騒がせたニュースは間違いなくこ

記事を読む

パタヤワンスリ事件

【パタヤニュース】ソンテウ連続スリ事件に注意せよ/ロシア人の言い訳、ほか

中国人旅行者がソンテウから飛び降りて大怪我 ガールフレンドと口論をしていた25歳の中国人観光客が走

記事を読む

パタヤタイからウォーキング1 052

【パタヤニュース】日本人がオカマ抱きつきスリにあう/ブッカオのコンビニでドラッグ取引/ダークサイドのバー/ほか

・グリーンの女を探せ。日本人がレディボーイからスリにあう。 9月3日のこと。33歳の日本人旅行者が

記事を読む

pattaya20161015-1

昨晩パタヤの様子と本日禁酒日の見込み。外国人向け行動指標。

昨晩のパタヤの様子だが、特に変化なし。 レストランや商店は、通常通りの営業。一部店舗は喪に

記事を読む

スクリーンショット_120215_022558_AM

【パタヤニュース】ファラン誘拐殺人事件/イスラム国ISによるタイへのテロ計画/MP嬢切り裂き事件など

ファラン誘拐殺人事件 ジョムティエンにあるヴィラから38歳のオーストラリア人が誘拐された。銃を持っ

記事を読む

スクリーンショット_031516_011954_AM

【パタヤニュース】VIPERバーで手入れ。ノースパタヤでシーシャ摘発される。

ちょっと気になるニュースがあったので、久々のパタヤニュースをお届け。 VIPERバーやノースパタヤ

記事を読む

アドステア

アドステア

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

→もっと見る

PAGE TOP ↑