*

エアアジアのクレジットカード決済手数料がさらに値上げ。でも、安くする方法あり。(追記の追記)

公開日: : 最終更新日:2015/04/21 プチ情報・便利帳


日本からタイへの格安航空券として定着してきたタイ・エアアジアX。
通常のプロモーション価格でも往復で4万円ほど。
直行便なのでとても便利だ。

で、次回の訪タイのため、航空券代をチェックしているのだが、実に由々しき事実に気づく。
エアアジアのホームページから購入して、クレジットカード決済する際の手数料が大幅に値上げされていたのだ。

一区間につき1800円。
往復なら、なんと3600円。

たかっ!

去年の夏頃に購入した時は往復で600円。
去年の年末に購入した時は片道800円で往復1600円。

関連記事:エアアジアでチケットを直接購入。関空発着便の時間変更はうれしいけど、カード決済手数料が値上がりしていた。

今回は、往復で3600円まで一気に値上がり。
あっという間の値上げラッシュ。
ひどい話や。

さすがに、高すぎる。
せっかく安値でチケットをおさえても、クレカ決済手数料が3600円ではバカにならない。

回避する方法がないか探ってみた。

結論から言おう。

1 クレジットカード決済手数料を3600円から33円に下げる方法が見つかった。

2 為替の関係もあり、クレカ決済でも総支払額を2000円ほど安くすることが可能である!

クレジットカード使用なので、マイルやポイントを貯めている人でもオッケー。

以下、結論へ至ったポイントを順に解説していく。

4月21日。追記の追記
実際に予約をすすめて、最後に決済してみた。
決済前までは、確かに安い表示になっているが、決済を済ませると、最後の最後で一気に元の日本円価格に変換されてしまった。
まだ、クレジットカード会社からの明細が届いていないので、はっきり断言はできないけれど、どうやらこの方法でも手数料は安くならなさそうだ。
ご利用の際は、ご注意のほどを。
念のため、元記事は残しておきます。

SPONSOR LINK

エアアジアのホームページで航空券購入

まずは、値段を調べるところから。
エアアジアのホームページへ。

エアアジア予約

往路:5月20日、関空出発ドンムアン行き
復路:5月27日、ドンムアン発関空行き

という設定。別にいつでもいい。出発が成田でも同じこと。

結果は、41,968円の表示。

入力を進めていくと、最後に決済画面が表示される。
ここで、クレジット決済手数料がかかってしまう。

エアアジア予約 (1)

画像は文字が小さくて読みづらいけど、手数料は、一区間につき1800円で、往復ならニ区間となり3600円。
支払総額が45,568円。

うーむ、困った。
やはり、3600円のカード手数料を払うしかないのか。

ちょっと調査してみる。

AirAsia ezpayとBIG Visaなら無料だが

エアアジアのezpayを使えば無料とある。

説明は英語ページ。
エアアジア予約 (2)

あ、ダメだ。
マレーシア国籍者かマレーシア居住者のみの発行と書いてある。
却下。

もう一つ、BIG VISAも手数料が無料。
これはクレジットカードというか、デビットカードか。
説明がよくわからない。
BIGというエアアジアのマイレージポイントとデビットカード機能が一緒になったもののようだ。
事前にトップアップしておけば使えるようだが、日本国内では使いようがない。
これも却下。

 

あと、エアアジアのヘルプによれば、日本国内のATMでも支払い可能と書いてある。

エアアジア予約 (8)
http://www.airasia.com/my/en/book-with-us/wellnet.page

こちらも説明は英語のみで、手数料440円とのこと。

でも、実際の決済画面では出てこない。
どうやら、路線によっては適用可能で、日本・バンコク路線では適用外のようだ。

ためしに、関空・クアラルンプール路線で調べてみると、以下のように利用可能と出た。
その他の支払い方法。

エアアジア予約11

インターネットバンキング、コンビニ払い、ATM経由などでの支払い。
やはり手数料は440円。

 

でも、タイ路線はやっぱり使用できない。
しょうがない、タイ路線に関しては、他の方法をあたるしかない。

アメリカドルで決済

日本円以外の他の通貨で決済したら、どうなるのか?
ふと思い立ち、決済通貨をアメリカドルに変更してみた。

決済通貨をアメリカドルに変えてみる。
おっ、いけた。
航空券代が371.15ドル

さて、肝心のクレジットカード決済手数料は、おいくらドル?

エアアジア予約 (5)

0.28ドル

へっ?

まじですか。
拡大してみる。

エアアジア予約 (6)

やっぱり、0.28ドルだ。

4月18日現在、1ドル=119.01円
エアアジア予約 (9)
(ヤフーより)

つまり33.3円。

たったの33円

円建てなら手数料3600円。
ドル建てなら手数料33円。

ひどいね、この手数料の違いっぷり。

最終的な支払額が、371.43ドルとなる。
日本円になおすと、44,200円。

あれ?
意外と安くない。
円建て決済の支払総額が、45,568円。
差額、1368円。

それなりに安くなってはいるが、クレジットカードによる外貨決済には手数料がかかってしまう。
カード会社によって違うが、おおむね1.6%くらいのようだ。
その分を加えると、ドル建てだと44,907円。
差額が、660円となった。

うーん、微妙だなあ。

たぶん、エアアジア側の為替レートが、ドル建ての場合、かなり悪くなっているのだろう。

タイバーツで決済

よく考えたら、日本とタイを結ぶエアアジアは、正確にはタイ・エアアジアXによる運行だ。つまりタイの会社である。
タイバーツが一番有利なはずだ。

で、タイバーツならどうなるかと、決済をタイバーツに変更。
航空券代が11428.07バーツとの表示に変わった。

エアアジア予約 (3)

1バーツが3.67円
エアアジア予約 (7)

つまり、41,941円となる。
お、これなら、円建てでの航空券代41,968円とほぼ同じだ。

あとは、支払い方法。
項目が増えている。

銀行引き落としもできる。
手数料は、42.75バーツ。
安いね。

が、サイアム商業銀行が対応しており、わたしは口座を持っていない。無理。

GHL Thai Debitというのもある。
エアアジア予約 (4)

よくわからないが、バンコク銀行にも対応しているようだ。
どっちみち、日本国内からはインターネットバンキング可能の口座を持っていない限り利用不可だと思われる。

カウンター支払いの項目もある。
コンビニ(セブンイレブン)でも支払いができるようで、これなら無料らしい。
でも、日本にいるので、当然無理。

タイ在住者なら、このあたりの方法で決まりだろう。

 

だが、やはり普通の日本人旅行者なら、クレジットカード払いとなる。

クレジットカード払いの手数料が往復(2区間)で266.94バーツ。
約1000円だ。
うん、ドル決済に比べれば割高だけど、円建てよりかはかなり安くなる。

最終的な支払額が、11,695バーツ。

クレジットカードの外国為替手数料1.6%を加えると、11,882バーツ
つまり、43,606円となる。

円建て決済との差額が、1,962円。
まあ、ざっと2,000円ほど安くなるわけか。

うん、けっこういい感じ。

まとめ

というわけで、タイ・エアアジアXを使って、日本とバンコクを往復するチケットを購入する際は、タイバーツ決済にするのが一番お得という結論に至った。

他のエアアジアの路線では、違う方法が安いケースは充分考えられる。
もしも、他の路線を利用する人は、決済通貨をいろいろと変えてみるなり、試してみてほしい。

円建てのクレジットカード決済手数料はぼったくり間違いなし。
日本人乗客をなめているとしか思えない。

まあ、それでも、タイ・エアアジアXは直行便の中では一番安い。
特に関空利用で、1ヶ月以上の旅程があるなら、なおさら。
そんなわけで、わたしはこれからも、タイ・エアアジアXを利用するつもりです。

注意
当方、最後の最後まで実際に決済を確定させてはいませんし、最終的な請求額はクレジットカード会社からの明細書が届くまではわかりません。
よって、上記の計算より実際の請求額が高くなる可能性は考えられます。
おそらく誤差の範囲内におさまるはずですが、何の保証もありませんので、あしからず。

追記

日程を変えて、いろいろ試してみた。
すると、決済手数料にバラつきが出ている。
片道切符で購入すると一区間800円のこともあれば、往復で購入すると計2000円と表示されることもある。

 

エアアジア追記 (3)

エアアジア追記 (1)

総支払額が、19,660円

バーツ払いの場合。手数料148バーツ。
エアアジア追記 (2)

支払総額が4,958バーツ。
1バーツ=3.67で計算すると、18,195円。
これにクレジットカードの外国為替手数料1.6%を加えると、18,486円

それでも1000円以上は安くなるのか。

一区間800円手数料の場合もみてみた。

航空券代が9900円。
カード決済手数料が800円。
支払総額10,700円

バーツ建てにすると、航空券代が2,696バーツ。
カード決済手数料が59.34バーツ。
支払総額2755.5バーツ。
日本円になおすと、10112円。
クレジットカード外国為替手数料を加えると、10,274円

うーん、426円の差額か。
往復なら850円くらい得にすることになりそう。
まあ、面倒だけど、やらないよりはマシかなというレベル。

不思議なのは、どうして日程によってカード決済手数料が変わってくるのかという点。
800円だったり、1000円だったり、1800円だったりと。

謎が多いエアアジアの予約だ。
やっぱり、実際に予約の際は、あれこれ試したほうが良さそう。

4月21日追記の追記2

冒頭にも記したが、実際に決済まですすめてみた。

日本円で、航空券代が9,900円。
カード払い支払い手数料が800円。
合計10,700円。
エアアジア追記の追記 (3)

ついで、通貨をバーツに変更してみる。
航空券代2689バーツ。
手数料59バーツ。
支払総額が、2748バーツ。

エアアジア追記の追記(1)

日本円になおすと、10,086円。
まあ、ちょっとは安くなっている。

で、カード番号を打ち込み、最後に決済を確定。
すると、決済確定後に請求額が表示された。

エアアジア追記の追記 (2)
お支払総額、2908バーツ。10,700円。

さっきの画面と違うではないか。
一気に、150バーツも上がっている。

これだけ苦労して考えたのに、まったく意味がなかったのか。

タイで発行されたクレジットカードなら、タイバーツがそのまま反映されるのだろうか。
それとも日本発の便は、決済方法にかかわらず、すべて日本円がそのまま反映されるのだろうか。

今回実際に決済したのは、日本発の片道便のみ。

では、タイ発の便では、どうなるのか?
往復ならば、どうなるのか?

さらに謎が残る。
まったくよくわからないシステムだ。
表示額より決済後に高くなるのは、どうかと思うのだが?
それとも、単に便宜上、他の通貨で表示しているだけなのだろうか。
じゃあ、外国人が外国発行のクレジットカードで購入した場合は、どうなるのか。

クレジットカード会社からの明細が届かない限り、断言はできないけれど、この方法では安くならないかも。
お騒がせしました。

次は、帰国便でいろいろ試してみたいと思う。

SPONSOR LINK

関連記事

スクリーンショット_012316_030457_PM

【パタヤ近況】タイにも寒波襲来?パタヤの夜は肌寒い

ただいま、タイ時間1月25日の深夜4時ころ。 部屋の中では短パン半袖で大丈夫ですが、その格好で

記事を読む

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_111516_012239_am

Agodaのポイントマックス利用で宿泊すれば航空会社マイレージが貯まる。最大1万マイル。エアアジアでもオッケー。

いつの間にか、Agodaがポイントマックスという新しいサービスを始めている。 これは、Ag

記事を読む

かばんの中身電化製品

厳選!タイ旅行に必要な荷物

前回の投稿では、旅行かばんについて論じてみた。 わたしの場合は、 バックバック→キャ

記事を読む

thailand-motercycle

パタヤのバイクタクシー。その台数と相場

バイクタクシーの利用法 タイのみならず、東南アジア一帯で多い交通機関といえばバイクタクシー

記事を読む

エアアジアプロモーション (3)

エアアジアがプロモーション中。バンコク往復で25160円。予約は8月16日まで。

恒例のエアアジアのプロモーション。 今回は、「直前予約でお得旅」と題して、片道12

記事を読む

しゃぶし (1)

Shabushiは359バーツで寿司としゃぶしゃぶ食べ放題の店。シャブシ。

oishi系列店であるShabushi。 看板には「しゃぶしゃぶの寿司」と掲げている。

記事を読む

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_102816_124103_am_102816_022956_am

タイ国際航空(TG)がWEB限定タイムセール中。バンコク往復3万円。

タイ国際航空がタイムセールを実施している。 バンコク往復が3万円。 東南アジア往

記事を読む

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (4)

パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

食べ放題のムーカタレストラン、ニンジャへ行くことになった。 場所は、サウスパタヤ店。 ブ

記事を読む

パタヤのエアアジア窓口 (3)

エアアジアなどのLCC航空券は、直接予約よりHISのほうが安いことがある

次回のタイ訪問へ向けて航空券を探していると、エアアジアもスクートもすでに安いチケットが見当たらな

記事を読む

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

アドステア

Comment

  1. スリング より:

    素晴らしい記事ですね。クレジットカードの手数料が決済通貨によって、これぼどまでに違うとは気が付きませんでした。今まで航空券代はしばしばチェックしておりましたが、今後は決済通貨と決済方法までも考慮しないといけませんね。貴重な情報をありがとうございました。

    • pattayan night より:

      わたしも今まではずっと気付きませんでした。
      決済通貨の変更は試したことがあったのですが、実際にカード決済手数料と為替レートまで計算したのは今回が初めてです。

  2. アリー より:

    初めまして。
    う~ん、凄い手数料ですね。
    日本人舐めてますね。

    43600円だと人によるのでしょうが、私にはあまりメリット無いかな。
    TGが39000円なので総額で50500円くらいだから、荷物、食事、アルコール、エンタメ考えるとTG乗っちゃいます。

    • pattayan night より:

      手数料もそうですが、サーチャージが安くなったんで、LCCのメリットがなくなってきました。
      エアアジアも荷物預け入れすると、往復でプラス4000円ほど。通常プロモーション価格なら総額5万円近いです。ほとんどレガシーキャリアと変わらないです。
      TGは、1ヶ月以上有効のクラスにすると、高くなってしまいますが。
      プロモーションをうまく利用して、荷物預けもなしにすれば、エアアジアもまだまだ使えます。

  3. さる より:

    すごい勉強になりました。

    ありがとうございます。

    最後の注意書きの通りですが、試してみる価値はあると思います。

    • pattayan night より:

      そうですね、試し価値はあると思います。
      わたしも近々、実際に決済してみます。

  4. AOKI より:

    エアアジア命の方は大変ですね。

    いろいろ御苦労様です。

    私は基本的にLCCは使いません。

    理由は、料金が安くないことです。
    バンコク往復で3万円以下でないと妙味がありません。

    レガシーキャリアなら、欠航や遅延の場合、他社便に振り替えてくれます。
    また、運航が遅れて、公共交通機関が無くなった時間帯だと、ホテルを無料で用意してくれます。飯もタダです。

    今年の2月に米系レガシーキャリアを利用した時(往復6万円)は、前日にメールで7時間出発が遅れるとの連絡があり、成田到着が22:40だったので、日航成田ホテルを用意してくれ、夕食(2000円)朝飯とも無料でした。後日、慰謝料(?)としてマイレージ5000ポイント(8000円相当)が口座に振り込まれてきました。

    現在、愛用してるのはベトナム航空です。
    ハノイまたはホーチミン経由になりますが、時間帯が良く、飯もマアマアです。
    預け荷物も40kg(個数制限なし)まで無料です。日本から大量の日本食を持参するので、荷物制限は重要です。
    ホーチミンでは、プライオリテイパスが使えるラウンジがあるので時間潰しも楽です。

    バンコク発券が安いです。
    ●バンコク19:20発 関空 +7:20着
    ●関空 10:30発 バンコク 18:30着
    料金は日にもよりますが、早めに手配すると、12,435B 46,000円です。
    スカイチームで僅かですがマイレージも貯まります。

    バンコク⇔成田線は特に美味しいです。
    というのは、バンコク⇔ハノイまたはホーチミン線はベトナム航空ですが、ハノイ・ホーチミン⇔成田線はJALが使えるのです。共同運航で、ベトナム航空のWEBサイトで買うと安く買えるのです。
    http://www.vietnamairlines.com/ja/

    • pattayan night より:

      AOKIさま、情報提供ありがとうございます。
      ベトナム航空、いい感じですね。荷物が多い人には向いています。

      LCCもそれほど安くはなくなりましたね。
      プロモーション次第ですが。

      以前は、バンコク発券の中国国際航空を使っていました。
      総額5万円くらいで、3ヶ月有効で復路日程変更が30ドルとなかなか使い勝手がよかったです。スタアラのマイルも50%たまりました。
      が、エアアジアのプロモーションで3万円前後で手に入るようになってからは、エアアジアに乗り換えました。2万円の差はでかいんで。
      ベトナム航空も毎回チェックしてますが、やはりエアアジアのほうが一万円以上安い結果になります。
      荷物預けも一切しないし、機内食やサービスも不要なんで、割りきって一番安いエアアジアにしています。

  5. 芽きゃべつ より:

    今までは手数料を考えませんでしたが 今後は注意が必要ですね、でも片道毎に買える、BKKの発着で周辺国に行けて便数も多いとついつい使用頻度は多く成ります。
     往復で安いのが買えれば良いのですが 滞在期間が長くて 帰国が未定ですと・・・・・使ってしまいますね。
     今度は色々な通貨に変換しながら試してみます。

    • pattayan night より:

      そうですね、滞在期間が長くて帰国日未定だとTGや日系キャリアは料金が高くなるのでまず無理ですね。
      タイ国内でエアアジア予約するなら、手数料はほぼ考えなくていいみたいです。セブンイレブンで払えるようなんで。
      あと、そこらへんの旅行代理店でも簡単に買えますよね。ただ、タイのお店はクレカ払いにすると、コミッション3%や4%くらい取るところが多いですが。

  6. dockingmaster より:

    とても興味深い内容ですね。
    次にエアアジアを利用する機会があれば試してみたいと思います。

  7. 饅頭 より:

    今日試しましたけど一区間800円でしたよ。

    • pattayan night より:

      いろいろ試してみましたが、一区間800円のところもあれば、1000円とか1800円の場合もありますね。
      搭乗日によって違うんでしょうかね? 謎です。

      http://www.airasia.com/my/en/our-fares/fees-and-charges.page
      この説明では、一応800円とは書いていますが。
      ひょっとして、搭乗日が近ければ、ブッキングフィー1000円が別途かかるかもしれません
      とすると、800×2と1000×2の合計3600円で計算が合います。
      でも、今度は往復2000円が謎です。

      どっちにしろ、いろいろと決済通貨と方法を変えてみて、総額をチェックするほうが良さそうですね。
      ちょっと不明確な部分が多いですね。

アドステア

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

→もっと見る

PAGE TOP ↑