*

エアアジアでチケットを直接購入。関空発着便の時間変更はうれしいけど、カード決済手数料が値上がりしていた。

公開日: : 最終更新日:2015/03/24 プチ情報・便利帳, 空港やバス関連

エアアジア機体

次回のパタヤ旅行のために、いつも通りエアアジアで航空券を購入した。
墜落事故で騒がれているけれども、あまり気にしない。

関空とバンコク・ドンムアン空港の往復で36,364円だった。
復路が16,000円程度のプロモーション価格で手に入った。
前回よりも少し高めだけど、それでもエアアジアは安い。

特に30日以上の旅程があると、差が歴然とする。
レガシー系の安い航空券は10日フィックスといった縛りがきつく、30日以上となると急激に値段が上がってしまうからだ。
中国国際航空とか中国系は3か月有効でもそこそこ安いけど、それでも6万円近くする。
その点、LCCは日数が関係しないので、安く上げることができる。

エアアジア関空発着便の時間変更

しかも、関空発着の出発時間がいつの間にか早くなっているではないか。

変更前
関空発:深夜1時10分 バンコク着:早朝5時
バンコク発:午後4時25分 関空着23時50分

変更後
関空発:深夜0時10分 バンコク着:早朝4時
バンコク発:午後3時20分 関空着:午後10時40分

ほぼ1時間の前倒しとなっている。
特に帰りの関空到着時間が助かる。
以前は、イミグレーションを抜けたらすでに夜中の12時ころ。
もう電車やバスをつかって自宅まで帰ることができない時間帯だった。
でも、今回の変更で、じゅうぶん家まで帰ることができる。
たぶん、苦情がたくさん出たんだろうなあ。
深夜の関空にタイ人がたくさん野宿していたものだ。

参照記事:さらばパタヤ。パタヤからドンムアン空港へ、そして帰国。

これで空港で野宿せずに自宅へ帰れる。
歓迎すべき変更だ。
エアアジア、素晴らしい。

カード決済手数料の値上げ

が、歓迎できない変更点もあった。

それは、クレジットカード決済の手数料の値上げだ。
これもいつの間にやら変更になっていた。

前回の決済画面がこれ。
airasia1

手数料600円とある。

で、今回のがこれ。
airasia2

なんと、1600円となっているではないか。

どうやら一区間あたり800円の手数料を取るようになったらしい。
以前なら一回の予約につき手数料がかかっていた。つまり往復でも一回分の手数料ですんでいた。
でも、今回は、往復なので2区間扱いとなり、手数料も2倍かかってしまう設定へ変更。
よって、800円×2=1600円

せ、せこいよ、エアアジアさん。

たった1000円といえばそれまでだけど、せっかく安いプロモーションを選んでも、最後の最後で1000円プラスされるのは、やっぱりうれしくないぞ。

それでも、エアアジアは便利で安いし、乗り心地も悪くないし、これからも使い続けるつもりだ。
がんばれエアアジア。

SPONSOR LINK

関連記事

image

【一般発売開始】エアアジアのBIG SALE開催中。バンコク往復19120円など。

AIRASIA(エアアジア)が、BIG SALEを開催している。 メンバー限定で優先アクセ

記事を読む

トロピカルガーデン看板

パタヤ近郊のノンヌット・トロピカルガーデンは中国人だらけだけど、それなりに楽しい。

パタヤへ遊びに来ている友人一行が、先日、ノンヌット・トロピカルガーデンへ遊びに行ってきた。 今

記事を読む

ハーバーパタヤ (27)

ハーバーパタヤは、パタヤの新ショッピングモール。マックスバリュもあるよ。

パタヤカン沿いに新しくオープンした大型ショッピングモール、ハーバーパタヤを訪問してきた。 地下

記事を読む

スクートSCOOT TZ297搭乗記 (11)

関空発バンコク行きSCOOT(スクート)TZ297便搭乗記。飛行時間は6時間だった。

2015年より運行がはじまったSCOOTによる大阪・バンコク便、TZ297。 この便は

記事を読む

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

スルメ屋台 (1)

【まとめ】タイ屋台料理・おつまみ編。タイ語や注文の仕方も。

タイと言えば、屋台料理。 安くてうまいB級グルメの宝庫だ。 その中でも、酒のアテや肴としても

記事を読む

スクリーンショット_071916_035942_AM

アンヘレス最寄りのクラーク空港発着国際線一覧。日本から香港乗り継ぎでクラークまで行く方法。

日本からアンヘレスへ向かうには、まずマニラ空港へフライト。マニラ空港から直接タクシーで2時間ほど

記事を読む

3BBlogo

シムロックされた日本のiPhoneをタイの3BB Wi-Fiにつなげてみた

友人K氏は、現地タイの携帯電話を利用している。これはスマートフォンではなく、いわゆる

記事を読む

Centra Avenue Hotel Pattaya (5)

ソイダイアナ・ブッカオ近くの新築ホテル Centra Avenue Hotel Pattaya

Centra Avenue Hotel Pattaya セントラ・アヴェニュー・ホテル・パタヤ

記事を読む

TRUESIMカード

パタヤのコンビニでタイの携帯電話SIMカード購入にはパスポートが必要と言われる

普段はAISのSIMカード利用しているが、新しく購入したスマートフォンがデュアルSIM対応となっ

記事を読む

アドステア

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑