パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート ブレックファースト

ソイLKメトロのKilkenny(キルケニー)でブレックファースト

投稿日:2018年9月12日 更新日:


ソイLKメトロは、バー&ゲストハウス密集地帯。
1階がバー、2階以上がゲストハウスという建物が多い。

レストランを兼ねているバーでは主に欧米人向けのブレックファーストを提供している。

これまでいくつか紹介してきた。

ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ
ソイLKメトロ、i-roversのブレックファーストがうまい。スモール99B、大盛り129バーツ。

今回は、Kilkenny(キルケニー)という初めて訪れるバー&レストランへ。

SPONSOR LINK



Kilkenny Bar and Guesthouse

Kilkenny キルケニーのブレックファースト (1)

LKメトロの奥手にある。
緑の看板が目印だ。

駐輪場は裏手へ。
ハンドルロックしなければどこに止めてもオッケー。

Kilkenny キルケニーのブレックファースト (2)

裏手からも店内に入れる。

わりと広めの作り。

Kilkenny キルケニーのブレックファースト (3)

ビリヤード台も置いてあり、夜には普通のバービアとなる。

メニュー
Kilkenny キルケニーのブレックファースト (4)

キッチンが午前8時から24時。
この間なら食事も取れる。

洋食系が充実。

Kilkenny キルケニーのブレックファースト (5)

Kilkenny キルケニーのブレックファースト (6)

Kilkenny キルケニーのブレックファースト (7)

日替わりメニューも用意されていて、タイ料理が99バーツ、洋食が175バーツほどから。

今回は無難にブレックファーストをいただく。

KILKENNY BREAKFAST

ブレックファーストメニュー
Kilkenny キルケニーのブレックファースト (8)

1番がビッグブレックファーストで145バーツ。
2番のKILKENNY BREAKFASTがスモールサイズだと説明される。110バーツ。
じゃあ、この2番で。

2エッグ、1ベーコン、1ソーセージ、豆、トマト、2トースト、オレンジジュース、コーヒーor紅茶のセット。

まずはコーヒーとオレンジジュース。

Kilkenny キルケニーのブレックファースト (9)

コーヒーはインスタントではなくて、ちゃんと淹れたもの。味はまずまず。
オレンジジュースはつぶつぶ入り。

Kilkenny キルケニーのブレックファースト (10)

トーストは山切りカットのものが2枚。
コンビニで見かける安っぽい正方形のトーストよりだいぶまし。
バターは2個、オレンジとイチゴのジャムも付く。わりと豪華。

本体は実に豆々しい。

Kilkenny キルケニーのブレックファースト (12)

どっちゃりと豆だ。
トマトはぐちゃぐちゃに潰れている。
豆もトマトも酸味あり。

ソーセージは小さめながら、ヨーロッパ風でまずまずうまい。
ベーコンはカリカリ部分と肉部分がつながっていて、1枚といいながら2つの味が楽しめる。

Kilkenny キルケニーのブレックファースト (11)

セット内容としては悪くない。
ただし、豆が多すぎ。
豆好きなほうだけど、これは残してしまった。
それでも腹はしっかり膨れた。
豆とぐちゅぐちゅトマトが好きな人にはおすすめできる。

店内喫煙可能。
友人と一緒に訪れていたが、食後はゆっくりとコーヒーを飲みながら一服しつつおしゃべりできた。

客層は、年寄りファランがほとんど。
訪れたのはちょうど昼頃だったが、とてもまったりとした空気が流れていた。
このまったり感がLKメトロだよなあ。

地図

営業時間は不明。バー自体はおそらく24時間営業。
食事は前述のとおり、午前8時から24時。
この間ならブレックファーストも食べられるはず。
日替わりメニューも試してみる価値ありかと。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, ブレックファースト

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.