*

パタヤにある日本式焼きそば屋台


読者さんから質問をいただきました。

「日本の焼きそばのバイク屋台を見かけたのですが、何かご存じですか?」

というもの。

はい、知っております。
これですね。

移動式日本式やきそば屋台

セカンドロードでもブッカオでも、ちょこちょこ見かけますよ。主にバービア密集地に現れます。
実際に食べたこともあります。

かなり年季の入った屋台。
垂れ幕のはしっこが破けているし、文字もかすれている。
でも、日本語で「焼きそば」と書いてあるのがわかる。
ローマ字でも「YAKISOBA」と表記。
タイ語は読めないけれど、「パッタイイープン」とでも書いてあるのかな。

バイクのサイドカー部分に調理屋台をくっつけた移動屋台スタイル。
大きな鉄板が目を引く。
食材ケースには、大量の中華麺と野菜。

注文は、もちろん「ヤキソバ」と言うだけでオッケー。
ファランも「ヤキソバー」と注文していた。

注文すると、食材を取り出して鉄板でじゅうじゅうと調理してくれる。
ちゃんとコテを使っているところも日本風。
最後にソースをかけて味付け。

まさに日本の焼きそばだ。

たしか一皿40バーツ。いや50バーツだったかな。
実際に食べたのは一年以上前の話なので失念。

さて、お味。
うん、確かに日本の焼きそばの味。
豚肉と野菜もたっぷり入っている。
野菜なんて、キャベツの他に人参なんかも混じっているほど。
立派な焼きそばだ。
けっして悪い味ではない。
そこそこ食べられる。

が、なんというかパンチがないのだ。
粉もん文化隆盛の地である大阪育ちのわたしには、かなり物足りなかった。

たぶん、すべての食材がちょっと安っぽいのだろう。
麺は腰がないし、野菜はパサパサで鮮度が悪い上に量も多め。
ソースも薄味。
がっつり麺が食べたいのに、どうにも中途半端な食感と味になってしまっている。

あと、青のりかカツオブシがほしいなあ。
できれば、紅しょうもついでに。
マヨネーズがあればもっとよし。

まあ、基本的にタイ人向けの味付けなんで、本場の人間からすれば、どうしても物足りなく感じてしまうもの。
それに、せいぜい40バーツ程度の安さなんで、文句を言うのも野暮な話。

バービアでのおつまみにするくらいなら、ちょうどいいかも。

 

この焼きそば屋台、たぶん、一台きりというわけではなさそう。
別の人が屋台をやっているのを見かけたことがある。
たぶん、チェーン店というか、一式セットを購入して屋台業をはじめているのだと思う。
どれも同じように「YAKISOBA」と書かれた垂れ幕をつけているので、すぐにわかる。
(屋台は同じもので、たまたま別の人が担当だっただけの可能性もあるけど。)

見つけたら、一度食べてみてほしい。
なんちゃって寿司屋台よりかは、よっぽど日本食っぽいんで。

わたしも、次回見かけることがあったら、もう一度食べてみようと思う。
ついでに調理方法もちょっと注文してみようかな。
野菜の量を減らして、麺には多めに水をかけて、蒸し焼き風にすればもっとおいしくなるはずなんで。
その際は、写真付きできちんとレポートしてみたい。

SPONSOR LINK

関連記事

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

スクリーンショット_050517_065451_PM

タイ国際航空就航57周年記念運賃が安い。バンコク往復4万円。でも二人同時予約必要。

夏の終わりにタイ旅行を検討している友人から教えてもらった情報。 タイ国際航空のプロモーショ

記事を読む

Terminal 21 Pier 21 (5)

バンコクターミナル21のフードコードでナムトックコームーヤーンを食べる

バンコク・スクンビットにある巨大ショッピングモール・ターミナル21。 都会のど真ん

記事を読む

i-rovers-pattaya-breakfast-3

ソイLKメトロ、i-roversのブレックファーストがうまい。スモール99B、大盛り129バーツ。

ソイLKメトロは、ファラン向けのゲストハウスが何軒も並んでいる。 1階部分はバー&レストランに

記事を読む

ハーバーパタヤKFC (1)

ハーバーパタヤのKFCはお得。セット90バーツ、BOX99バーツ。あと十勝豚丼のチョコカレー。

タイの外資系ファストフードといえば、KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)かマクドナルドだろう

記事を読む

RAINBOW24 Pattaya (15)

RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。 といっても見つけたのは2軒だ

記事を読む

パタヤタイのクイジャップユアン (2)

パタヤタイにあるクイジャップユアン。巨大骨付きあばら肉入りスープがうまい。

ウドンターニー、ビエンチャンにつづいて、パタヤで食べられるクイジャップ(クイチャップ)を紹介した

記事を読む

khonkaen-superrich-2

コンケーンにも両替所SUPER RICHがあった。タイ地方都市の両替事情。

タイのバンコク、パタヤ、プーケット、チェンマイといった外国人観光客が多く集まる観光地には、私設両

記事を読む

カオピヤック (1)

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

アジアといえば麺料理である。 日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることがで

記事を読む

jumbo-sushi-7

JUMBO SUSHIは、定食50バーツの日本料理食堂@サードロードソイ15

晩飯を求めて、サードロードをふらふら歩いていると、小さな食堂を見つけた。 近づいて

記事を読む

アドステア

Comment

  1. サライ より:

    この焼きそば屋台はパタヤ和食屋『泰一』の元板前が一人でやっています。去年から50Bに値上げされましたが、ボリュームがあるので割高感はありませんね。個人的には最近はブアカオのソイナムケンにあるナッチ(日曜カレーのある店)で紅ショウガが添えられた本格的な日本焼きそばが60Bで食べれるので買わなくなりました。因みにタイ語でもやきそばと書いてます。

    カレーで思い出しましたが、以前記事になったカツカレー屋台、バイクで走っては気にして探していますが、未だ遭遇せず。です。

    • pattayan night より:

      なるほど、元板前さんだったわけですか。
      でも、以前、おばちゃんが同じような焼きそばバイク屋台に乗っているのを見た覚えがあります。単に移動していただけかもしれませんね。
      ソイナムケンのナッチは、まだ入ったことがありません。日本焼きそば60バーツなら、アリですね。
      ローカル食堂や屋台のパットママーが40バーツなんで、ちょっと高いくらいですか。

      あのカツカレー屋台、いったいどこに出没しているんでしょうかねえ。ほんと、幻のカレー屋台です。

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑